Java クライアントを使用して Neptune DB インスタンスに接続する - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Java クライアントを使用して Neptune DB インスタンスに接続する

次のセクションでは、Neptune DB インスタンスに接続し、Apache を使用して Gremlin トラバーサルを実行する完全な Java サンプルを実行する方法について説明します。 TinkerPopGremlin クライアント。

Neptune DB インスタンスと同じ仮想プライベートクラウド (VPC) の Amazon EC2 インスタンスからこれらの手順を実行してください。

Java を使用して Neptune に接続するには

  1. Apache Maven を EC2 インスタンスにインストールします。最初に、Maven パッケージを使用してリポジトリを追加するには、次のように入力します。

    sudo wget https://repos.fedorapeople.org/repos/dchen/apache-maven/epel-apache-maven.repo -O /etc/yum.repos.d/epel-apache-maven.repo

    パッケージのバージョン番号を設定するには、次のように入力します。

    sudo sed -i s/\$releasever/6/g /etc/yum.repos.d/epel-apache-maven.repo

    続いて、yum を使用して Maven をインストールします。

    sudo yum install -y apache-maven
  2. Install Java Gremlin ライブラリには、Java 8 または 11 が必要です。Java 11 は次のようにインストールできます。

    • 使用している OSAmazon Linux 2 (AL2):

      sudo amazon-linux-extras install java-openjdk11
    • 他のディストリビューションでは、次のいずれかが適切であるものを使用します。

      sudo yum install java-11-openjdk-devel

      または

      sudo apt-get install openjdk-11-jdk
  3. EC2 インスタンスで Java 11 をデフォルトランタイムとして設定してください。EC2 インスタンスで Java 8 をデフォルトランタイムとして設定するには、次のように入力します。

    sudo /usr/sbin/alternatives --config java

    プロンプトが表示されたら、Java 11 の数を入力します。

  4. という名前のディレクトリを作成します。gremlinjava:

    mkdir gremlinjava cd gremlinjava
  5. gremlinjava ディレクトリで pom.xml ファイルを作成してから、テキストエディタで開きます。

    nano pom.xml
  6. 以下の内容を pom.xml ファイルにコピーして保存します。

    <project xmlns="https://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="https://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="https://maven.apache.org/POM/4.0.0 https://maven.apache.org/maven-v4_0_0.xsd"> <properties> <project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding> </properties> <modelVersion>4.0.0</modelVersion> <groupId>com.amazonaws</groupId> <artifactId>GremlinExample</artifactId> <packaging>jar</packaging> <version>1.0-SNAPSHOT</version> <name>GremlinExample</name> <url>https://maven.apache.org</url> <dependencies> <dependency> <groupId>org.apache.tinkerpop</groupId> <artifactId>gremlin-driver</artifactId> <version>3.5.2</version> </dependency> <!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.apache.tinkerpop/gremlin-groovy (Not needed for TinkerPop version 3.5.2 and up) <dependency> <groupId>org.apache.tinkerpop</groupId> <artifactId>gremlin-groovy</artifactId> <version>3.5.2</version> </dependency> --> <dependency> <groupId>org.slf4j</groupId> <artifactId>slf4j-jdk14</artifactId> <version>1.7.25</version> </dependency> </dependencies> <build> <plugins> <plugin> <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId> <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId> <version>2.5.1</version> <configuration> <source>11</source> <target>11</target> </configuration> </plugin> <plugin> <groupId>org.codehaus.mojo</groupId> <artifactId>exec-maven-plugin</artifactId> <version>1.3</version> <configuration> <executable>java</executable> <arguments> <argument>-classpath</argument> <classpath/> <argument>com.amazonaws.App</argument> </arguments> <mainClass>com.amazonaws.App</mainClass> <complianceLevel>1.11</complianceLevel> <killAfter>-1</killAfter> </configuration> </plugin> </plugins> </build> </project>
    注記

    既存の Maven プロジェクトを変更する場合、必要な依存関係が前述のコードにおいて強調表示されます。

  7. コマンドラインで次のように入力して、ソースコード例 (src/main/java/com/amazonaws/) のサブディレクトリを作成します。

    mkdir -p src/main/java/com/amazonaws/
  8. src/main/java/com/amazonaws/ ディレクトリで App.java という名前のファイルを作成してから、テキストエディタで開きます。

    nano src/main/java/com/amazonaws/App.java
  9. App.java ファイルに次の内容をコピーします。置換your-neptune-endpointを Neptune DB インスタンスのアドレスで表示します。addContactPoint メソッドに https:// プレフィックスを含めることはできません

    注記

    Neptune DB インスタンスのホスト名を見つける方法については、Amazon Neptune エンドポイントに接続する を参照してください。

    package com.amazonaws; import org.apache.tinkerpop.gremlin.driver.Cluster; import org.apache.tinkerpop.gremlin.driver.Client; import org.apache.tinkerpop.gremlin.process.traversal.dsl.graph.GraphTraversalSource; import org.apache.tinkerpop.gremlin.process.traversal.dsl.graph.GraphTraversal; import static org.apache.tinkerpop.gremlin.process.traversal.AnonymousTraversalSource.traversal; import org.apache.tinkerpop.gremlin.driver.remote.DriverRemoteConnection; import org.apache.tinkerpop.gremlin.structure.T; public class App { public static void main( String[] args ) { Cluster.Builder builder = Cluster.build(); builder.addContactPoint("your-neptune-endpoint"); builder.port(8182); builder.enableSsl(true); Cluster cluster = builder.create(); GraphTraversalSource g = traversal().withRemote(DriverRemoteConnection.using(cluster)); // Add a vertex. // Note that a Gremlin terminal step, e.g. iterate(), is required to make a request to the remote server. // The full list of Gremlin terminal steps is at https://tinkerpop.apache.org/docs/current/reference/#terminal-steps g.addV("Person").property("Name", "Justin").iterate(); // Add a vertex with a user-supplied ID. g.addV("Custom Label").property(T.id, "CustomId1").property("name", "Custom id vertex 1").iterate(); g.addV("Custom Label").property(T.id, "CustomId2").property("name", "Custom id vertex 2").iterate(); g.addE("Edge Label").from(__.V("CustomId1")).to(__.V("CustomId2")).iterate(); // This gets the vertices, only. GraphTraversal t = g.V().limit(3).elementMap(); t.forEachRemaining( e -> System.out.println(t.toList()) ); cluster.close(); } }

    SSL/TLS (必須) で Neptune に接続するヘルプについては、SSL/TLS の設定

  10. 次の Maven コマンドを使用してサンプルをコンパイルおよび実行します。

    mvn compile exec:exec

前述の例では、g.V().limit(3).elementMap() トラバーサルを使用して最初の 2 つの頂点の各プロパティのキーと値のマップを返します。その他の対象にクエリを実行するには、いずれかの適切な終了メソッドを持つ Gremlin トラバーサルで置き換えます。

注記

Gremlin クエリの最後の部分、.toList() では、評価のためにトラバーサルをサーバーに送信する必要があります。そのメソッドまたは別の同等のメソッドを含めない場合、クエリは Neptune DB インスタンスに送信されません。

addV( ) ステップの使用時などの頂点またはエッジを追加するときに、適切な終点を追加する必要もあります。

以下のメソッドは Neptune DB インスタンスにクエリを送信します。

  • toList()

  • toSet()

  • next()

  • nextTraverser()

  • iterate()

グレムリン Java クライアントの SSL/TLS 設定

Neptune では、SSL/TLS がデフォルトで有効になっている必要があります。通常、Java ドライバがenableSsl(true)、セットアップしなくてもNeptune に接続できますtrustStore()またはkeyStore()証明書のローカルコピーを使用します。の以前のバージョン TinkerPop の使用を奨励keyCertChainFile()ローカルに保管されているを構成するには.pemファイルですが、これは非推奨であり、3.5.x以降は使用できなくなりました。パブリック証明書でそのセットアップを使用していた場合は、SFSRootCAG2.pemで、ローカルコピーを削除できます。

ただし、接続しているインスタンスに、パブリック証明書を検証するためのインターネット接続がない場合、または使用している証明書がパブリックでない場合は、次の手順を実行してローカル証明書コピーを設定できます。

SSL/TLS を有効にするためのローカル証明書コピーの設定

  1. をダウンロードしてインストールするkeytoolオラクルから。これにより、ローカルキーストアの設定がずっと簡単になります。

  2. のダウンロードSFSRootCAG2.pemCA 証明書 (Gremlin Java SDK には、リモート証明書を検証する証明書が必要です)

    wget https://www.amazontrust.com/repository/SFSRootCAG2.pem
  3. キーストアを JKS または PKCS12 形式で作成します。この例では JKS を使用します。プロンプトに続く質問に答えます。ここで作成するパスワードは後で必要になります。

    keytool -genkey -alias (host name) -keyalg RSA -keystore server.jks
  4. をインポートしますSFSRootCAG2.pem新しく作成したキーストアにダウンロードしたファイル

    keytool -import -keystore server.jks -file .pem
  5. を設定するClusterプログラムによるオブジェクト:

    Cluster cluster = Cluster.build("(your neptune endpoint)") .port(8182) .enableSSL(true) .keyStore(‘server.jks’) .keyStorePassword("(the password from step 2)") .create();

    Gremlin コンソールの場合と同様に、必要に応じて設定ファイルでも同じことができます。

    hosts: [(your neptune endpoint)] port: 8182 connectionPool: { enableSsl: true, keyStore: server.jks, keyStorePassword: (the password from step 2) } serializer: { className: org.apache.tinkerpop.gremlin.driver.ser.GraphBinaryMessageSerializerV1, config: { serializeResultToString: true }}