Amazon Neptune Engine バージョン 1.0.4.1 (2020-12-08) - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Neptune Engine バージョン 1.0.4.1 (2020-12-08)

2020-12-08現在、エンジンバージョン1.0.4.1が一般的に配備されている。新しいリリースがすべてのリージョンで利用可能になるまでに数日かかります。

このリリースの後続のパッチリリース

  • リリース: 1.0.4.1.R1.1 (2021-03-22)

  • リリース: 1.0.4.1.R2 (2021-02-24)

    重要

    リリース: 1.0.4.0 (2020-10-12)Amazon Neptune へのすべての接続で TLS 1.2 と HTTPS を必須にしました。ただし、そのリリースのバグにより、HTTPS 接続の強制を防ぐために以前に DB クラスターパラメーターを設定したお客様に対して、HTTP 接続や古くなった TLS 接続が機能し続けることができました。

    このバグはパッチリリースで修正されました1.0.4.0.R2そして1.0.4.1.R2が修正され、パッチが自動的にインストールされるときに、予期しない接続が失敗しました。このため、両方のパッチは元に戻され、TLS 1.2 のセットアップを更新できるよう、手動でのみインストールできます。

    Neptune へのすべての接続に SSL/TLS を使用しなければならないことは、Gremlin コンソール、Gremlin ドライバー、Gremlin Python、.NET、NodeJS、REST API、およびロードバランサー接続との接続に影響します。これまで HTTP または古い TLS バージョンをこれらの一部またはすべてに使用していた場合は、システムを最新のパッチに更新する前に、関連するクライアントとドライバを更新し、HTTPS のみを使用するようにコードを変更する必要があります。

このエンジンリリースの新機能

このエンジンリリースの改良点

  • 同時変更例外を回避するために、Gremlin 条件付き挿入パターンをいくつか最適化しました。

このエンジンリリースで修正された不具合

  • Gremlin のバグを修正し、as()ステップ。

  • Gremlin のバグを修正しました。project()ステップは別のステップ内にネストされています。union()

  • Gremlin のバグを修正しました。project()ステップ。

  • 文字列ベースのトラバーサルのGremlin のバグを修正しました。none()ステップはうまくいかなかった。

  • 空のマップが引数としてサポートされていない文字列ベースのトラバーサルのグレムリンのバグを修正しました。inject()ステップ。

  • DFE エンジンでの文字列ベースのトラバーサル実行における Gremlin のバグを修正しました。toList()正常に動作しませんでした。

  • トランザクションを閉じることができなかったGremlin のバグを修正しました。iterate()文字列クエリでステップインします。

  • Gremlin のバグを修正しました。is(P.gte(0))状況によっては例外をスローするパターン。

  • Gremlin のバグを修正しました。order().by(T.id)状況によっては例外をスローするパターン。

  • Gremlin のバグを修正しました。addV().aggregate()状況によっては間違った結果を与えるパターン。

  • Gremlin のバグを修正しました。path()ステップの後にproject()状況によっては例外をスローするステップパターン。

  • SPARQL のバグを修正しました。SUBSTR関数は、空の文字列を返す代わりにエラーを通知します。

  • DFE エンジンのバグを修正し、非ブロッキングクエリプランでの結合操作が、バインドされていない変数の存在下で誤った結果を生成する可能性がありました。

このリリースでサポートされるクエリ言語バージョン

DB クラスターをバージョン 1.0.4.1 にアップグレードする前に、プロジェクトが次のクエリ言語バージョンと互換性があることを確認してください。

  • Gremlin バージョン: 3.4.8

  • SPARQL バージョン: 1.1

エンジンリリース 1.0.4.1 へのアップグレードパス

エンジンバージョン 1.0.4.1 を実行している場合、クラスターは次のメンテナンス期間中に自動的にこのパッチリリースにアップグレードされます。

以前のNeptune エンジンリリースを、このリリースに手動でアップグレードできます。

このリリースへのアップグレード

Amazon Neptune 1.0.4.1 が公開されました。

DB クラスターで、このリリースへのアップグレードパスがあるエンジンバージョンを実行している場合は、今すぐアップグレードできます。コンソールの DB クラスターオペレーションまたは SDK を使用して、適格クラスターをアップグレードできます。次の CLI コマンドは、適格なクラスターをただちにアップグレードします。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws neptune modify-db-cluster \ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) \ --engine-version 1.0.4.1 \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws neptune modify-db-cluster ^ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) ^ --engine-version 1.0.4.1 ^ --apply-immediately

更新は、DB クラスター内のすべてのインスタンスに同時に適用されます。更新では、これらのインスタンスでデータベースを再起動する必要があるため、20~30 秒から数分間のダウンタイムが発生します。その後、DB クラスターの使用を再開できます。

エンジンバージョンのアップグレードの詳細については、「」を参照してください。Neptune エンジンの更新。ご質問やご不明点がございましたら、AWSコミュニティフォーラムやコミュニティフォーラムから Support Team を利用できます。AWSPremium Support