Amazon Neptune エンジンバージョン 1.0.5.1 (2021-10-01) - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Neptune エンジンバージョン 1.0.5.1 (2021-10-01)

2021 年 10 月 1 日現在、エンジンバージョン1.0.5.1. は一般にご利用いただけます。新しいリリースがすべてのリージョンで利用可能になるまでに数日かかります。

このリリースの後続のパッチリリース

このエンジンリリースの新機能

  • 指定したクエリの結果をキャッシュするための結果キャッシュが追加されました。

  • Neptune openCypher で日付/時刻のサポートが追加されました。

  • Neptune openCypher の要素への List および Map アクセスのサポートを追加しました。

このエンジンリリースの改良点

  • Neptune openCypher エンドポイント名では大文字と小文字は区別されません。

  • openCypher の説明が改善されました。

  • Gremlin シングルアップサートクエリパターンが iterate() および profile() ステップで終了する問題が改善されました。

  • Gremlin keys() および property() 関数のパフォーマンスが向上しました。

  • Gremlin dedup() ステップは DFE でグローバルスコープとともに使用されるときに実行されます。

  • 次の Gremlin HAS 述語は、DFE エンジンが有効な場合、DFE エンジンで実行されます。

    • EQ

    • NEQ

    • LT

    • LTE

    • GT

    • GTE

    • BETWEEN

    • INSIDE

    • OUTSIDE

    • WITHIN

    • AND (connectives)

    • OR (connectives)

  • LIMIT クエリのパフォーマンスが向上しました。

  • openCypher の一般的な集計クエリのパフォーマンスが向上しました。

このエンジンリリースで修正された不具合

  • エッジを別のエッジに接続できる Gremlin のバグを修正しました。

  • 最適でない結合戦略が選択される Gremlin のバグを修正しました。

  • 100 を超えるプロパティが存在するとノードとリレーションシップのシリアル化が停止する Gremlin のバグを修正しました。

  • グラフパターンが大きいクエリのクエリ実行計画が遅くなるバグを修正しました。

このリリースでサポートされるクエリ言語バージョン

DB クラスターをバージョン 1.0.5.1 にアップグレードする前に、プロジェクトが次のクエリ言語バージョンと互換性があることを確認してください。

  • Gremlin バージョン: 3.4.11

  • SPARQL バージョン: 1.1

エンジンリリース 1.0.5.1 へのアップグレードパス

以前の Neptune エンジンリリースを、このリリースに手動でアップグレードできます。

このリリースに自動的にアップグレードされることはありません。

このリリースへのアップグレード

Amazon Neptune 1.0.5.1 が利用可能になりました。

DB クラスターで、このリリースへのアップグレードパスがあるエンジンバージョンを実行している場合は、今すぐアップグレードできます。対象となるクラスターをアップグレードするには、コンソールの DB クラスターオペレーションまたは SDK を使用します。次の CLI コマンドは、適格なクラスターをただちにアップグレードします。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws neptune modify-db-cluster \ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) \ --engine-version 1.0.5.1 \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws neptune modify-db-cluster ^ --db-cluster-identifier (your-neptune-cluster) ^ --engine-version 1.0.5.1 ^ --apply-immediately

更新は、DB クラスター内のすべてのインスタンスに同時に適用されます。更新では、DB クラスター内のすべてのインスタンスでデータベースを再起動する必要があるため、20 〜 30 秒から数分のダウンタイムが発生します。その後、DB クラスターの使用を再開できます。

お使いのエンジンバージョンのアップグレードの詳細については、Neptune エンジンの更新 を参照してください。ご質問やご不明点がございましたら、コミュニティフォーラムや AWS プレミアムサポートから AWS サポートチームにお問い合わせください。