Gremlin クエリヒント - Amazon Neptune

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Gremlin クエリヒント

クエリヒントを使用して Amazon Neptune の特定の Gremlin クエリの最適化と評価戦略を指定することができます。

クエリヒントは、次の構文を使用して withSideEffect ステップをクエリに追加することによって指定されます。

g.withSideEffect(hint, value)
  • hint – 適用するヒントのタイプを指定します。

  • value – 検討中のシステムアスペクトの動作を決めます。

たとえば、以下は Gremlin トラバーサルに repeatMode ヒントを含める方法を示します。

注記

すべての Gremlin クエリヒントの副作用にはプレフィックス Neptune# が付けられます。

g.withSideEffect('Neptune#repeatMode', 'DFS').V("3").repeat(out()).times(10).limit(1).path()

前述のクエリは、デフォルトのNeptune幅優先 () ではなく、グラフのDFS深さ優先 Neptune () をトラバースするようにエンジンに指示します。BFS

以下のセクションでは、使用可能なクエリヒントとその使用方法に関する詳しい情報が記載されています。