Gremlin 推論クエリで使用される Neptune ML 述語 - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Gremlin 推論クエリで使用される Neptune ML 述語

Neptune#ml.endpoint

Neptune#ml.endpoint 述語は、必要に応じて、with() 手順に従い推論エンドポイントを指定するために使用します。

.with("Neptune#ml.endpoint", "the model's SageMaker inference endpoint")

エンドポイントは、id またはその URL のいずれかで識別できます。例:

.with( "Neptune#ml.endpoint", "node-classification-movie-lens-endpoint" )

または:

.with( "Neptune#ml.endpoint", "https://runtime.sagemaker.us-east-1.amazonaws.com/endpoints/node-classification-movie-lens-endpoint/invocations" )
注記

Neptune DB クラスターのパラメータグループでneptune_ml_endpoint パラメータをエンドポイント id または URL に設定すれば、各クエリの Neptune#ml.endpoint 述語を含む必要はありません。

Neptune#ml.iamRoleArn

Neptune#ml.iamRoleArnで使われているwith() step to specify the ARN of the SageMaker 実行 IAM ロール (必要な場合):

.with("Neptune#ml.iamRoleArn", "the ARN for the SageMaker execution IAM role")

を作成 SageMaker execution IAM role, see カスタムを作成するNeptuneSageMakerIAMRole役割

注記

例えばset the neptune_ml_iam_roleパラメータNeptune DB クラスターパラメータグループ SageMaker execution IAM role, you don't need to include the Neptune#ml.iamRoleArn各クエリの述語。

Neptune#ml.limit

Neptune#ml.limit 述語は、必要に応じてエンティティごとに返される結果の数を制限します。

.with( "Neptune#ml.limit", 2 )

既定では、制限は 1 で、設定できる最大数は 100 です。

Neptune#ml.threshold

Neptune#ml.threshold 述語はオプションで、結果スコアの切り捨てしきい値を設定します。

.with( "Neptune#ml.threshold", 0.5D )

これにより、指定したしきい値を下回るスコアを持つすべての結果を破棄できます。

Neptune#ml.classification

-Neptune#ml.classification述語はproperties()ステップを実行して、プロパティをフェッチする必要があることを確立します SageMaker ノード分類モデルのエンドポイント:

.properties( "property key of the node classification model" ).with( "Neptune#ml.classification" )

Neptune#ml.regression

-Neptune#ml.regression述語はproperties()ステップを実行して、プロパティをフェッチする必要があることを確立します SageMaker ノード回帰モデルの終点:

.properties( "property key of the node regression model" ).with( "Neptune#ml.regression" )

Neptune#ml.prediction

Neptune#ml.prediction 述語は、これがリンク予測クエリであることを確立するために in() および out() ステップに添付されています。

.in("edge label of the link prediction model").with("Neptune#ml.prediction").hasLabel("target node label")

Neptune#ml.score

Neptune#ml.score 述語は Gremlin ノードまたはエッジ分類クエリで、機械学習の信頼スコアを取得するために使用されます。Neptune#ml.score 述語は、ノードまたはエッジ分類クエリの ML 信頼度スコアを取得するために、properties() ステップでクエリ述語とともに渡されます。

ノード分類の例については、その他のノード分類の例で、また、エッジ分類セクションのエッジ分類の例でご確認いただけます。