Amazon Neptune のアップデート - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Neptune のアップデート

Amazon Neptune は、データベースエンジンの更新を定期的にリリースします。お客様は、更新プログラムの種類に応じて、これらの更新プログラムを手動で適用するか、自動的に適用するかを選択できます。更新が適用されるメンテナンスウィンドウ中に、クラスタライターインスタンスとリーダーインスタンスは、ユーザークエリを処理できません。ほとんどのメンテナンスイベントは完了までに最大で 30 分かかります。クラスターのメンテナンスウィンドウを設定するには、Neptune メンテナンスウィンドウ を参照してください。

過去のエンジンリリースについては、「Amazon Neptune のエンジンリリース」に一覧があります。

Neptune による更新プログラムの番号付けと処理の方法は 2019 年 11 月に変更されたことに注意してください (エンジンのバージョン番号 を参照)。

コンソールを使用してエンジンのバージョンを手動で更新するか、AutoMinorVersionUpgrade フィールドを true に設定することで、可能なかぎり、Neptune で自動的にエンジンを最新バージョンに更新することができます。

コンソールを使用してエンジンを最新バージョンにアップグレードする

次のように、AWS Management Console を使用して Neptune DB クラスターのマイナーバージョンアップグレードを実行できます。

コンソールを使用して DB クラスターのエンジンバージョンをアップグレードするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして Amazon Neptune コンソール (https://console.aws.amazon.com/neptune/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Clusters (クラスター)] を選択して、変更する DB クラスターを選択します。

  3. [Actions]、[Modify cluster] の順に選択します。[DB クラスターの変更] ページが表示されます。

  4. [DB engine version] で、新しいバージョンを選択します。

  5. [Continue] を選択して、変更の概要を確認します。

  6. 変更をすぐに反映させるには、[Apply immediately] を選択します。

  7. 確認ページで、変更内容を確認します。正しい場合は、[クラスターの変更] を選択して変更を保存します。

    または、[Back] を選択して変更を編集するか、[Cancel] を選択して変更をキャンセルします。

エンジンのバージョンを自動的にアップグレードするように Neptune を設定する

DB クラスターのライター DB インスタンスで AutoMinorVersionUpgrade フィールドを true に設定すると、以後 Neptune は、可能な限り、クラスターのエンジンを最新バージョンに自動的に更新します。

AWS Management Console を使用して、このフィールドを設定できます。

DB クラスターの AutoMinorVersionUpgrade フィールドを設定するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして Amazon Neptune コンソール (https://console.aws.amazon.com/neptune/home) を開きます。

  2. DB インスタンスのリストで、DB クラスターのプライマリインスタンス (ライターインスタンス) を選択します。

  3. [Instance actions] を選択してから、[Modify] を選択します。[Modify DB Instance] (DBインスタンスの変更) ページが表示されます。

  4. [Actions (アクション)]、[Modify Snapshot (スナップショットの変更)] の順に選択します。Modify DB instance ページが表示されます。

  5. マイナーバージョンの自動更新フィールドを設定します。

詳細については、「 インスタンスを変更する」を参照してください。