Amazon OpenSearch Service の設定 API リファレンス - Amazon OpenSearch Service

Amazon OpenSearch Service の設定 API リファレンス

このリファレンスでは、Amazon OpenSearch Service 設定 API のアクション、データタイプ、エラーについて説明します。設定 API は、HTTP 経由で OpenSearch Service ドメインを作成および設定するのに使用できる REST API です。AWS CLI とコンソールを使用して OpenSearch Service ドメインを設定することもできます。詳細については、「Amazon OpenSearch Service ドメインの作成と管理」を参照してください。

API の新バージョンと非推奨アクション

重要

以下のアクションは、Amazon OpenSearch Service API のバージョン 2021-01-01 で廃止され、より簡潔でエンジンに依存しないエンドポイントに置き換えられました。ただし、AWS CLI と設定 API は引き続きそれらを受け入れます。

非推奨アクション 置換
AcceptInboundCrossClusterSearchConnection AcceptInboundConnection
CreateElasticsearchDomain CreateDomain
CreateOutboundCrossClusterSearchConnection CreateOutboundConnection
CreateElasticsearchServiceRole 置き換えはありません。IAM API を使用して、サービスにリンクされたロールを作成します。
DeleteElasticsearchDomain DeleteDomain
DeleteElasticsearchServiceRole 置き換えはありません。IAM API を使用して、サービスにリンクされたロールを削除します。
DeleteInboundCrossClusterSearchConnection DeleteInboundConnection
DescribeElasticsearchDomain DescribeDomain
DescribeElasticsearchDomainConfig DescribeDomainConfig
DescribeElasticsearchInstanceTypeLimits DescribeInstanceTypeLimits
DescribeInboundCrossClusterSearchConnections DescribeInboundConnections
DescribeOutboundCrossClusterSearchConnections DescribeOutboundConnections
DescribeReservedElasticsearchInstanceOfferings DescribeReservedInstanceOfferings
DescribeReservedElasticsearchInstances DescribeReservedInstances
GetCompatibleElasticsearchVersions GetCompatibleVersions
ListElasticsearchInstanceTypeDetails ListInstanceTypeDetails
ListElasticsearchVersions ListVersions
PurchaseReservedElasticsearchInstanceOffering PurchaseReservedInstanceOffering
RejectInboundCrossClusterSearchConnection RejectInboundConnection
StartElasticsearchServiceSoftwareUpdate StartServiceSoftwareUpdate
StopElasticsearchServiceSoftwareUpdate StopServiceSoftwareUpdate
UpdateElasticsearchDomainConfig UpdateDomainConfig
UpgradeElasticsearchDomain UpgradeDomain

アクション

次の表では、Amazon OpenSearch Service 設定 API に対して REST インターフェイスがとる各オペレーションに必要な、HTTP メソッドへのクイックリファレンスをご覧いただけます。各オペレーションの説明には、必要な HTTP メソッドも記載されています。

注記

すべての設定サービスリクエストに、必ず署名してください。詳細は、このガイドの「Amazon OpenSearch Service リクエストへの署名」と AWS 全般のリファレンスの「署名バージョン 4 の署名プロセス」を参照してください。

AcceptInboundConnection

ターゲットドメインの所有者に、インバウンドのクラスター間検索接続リクエストの受け入れを許可します。

[Syntax] (構文)

PUT https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/cc/inboundConnection/connection-id/accept

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
CrossClusterSearchConnection オブジェクト インバウンド接続の詳細。

AddTags

OpenSearch Service ドメインにリソースタグをアタッチします。詳細については、「Amazon OpenSearch Service ドメインのタグ付け」を参照してください。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/tags { "ARN": "domain-arn", "TagList": [{ "Key": "tag-key", "Value": "tag-value" }] }

パラメータのリクエスト

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
TagList TagList はい リソースタグの一覧。
ARN ARN はい リソースタグをアタッチする OpenSearch Service ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。

レスポンス要素

AddTags オペレーションはデータ構造を返しません。

AssociatePackage

パッケージを OpenSearch Service ドメインに関連付けます。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages/associate/package-id/domain-name

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
PackageID 文字列 はい ドメインに関連付けるパッケージの内部 ID。DescribePackages を使用して、この値を検索します。
DomainName DomainName はい パッケージを関連付けるドメインの名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainPackageDetails DomainPackageDetails

CreateDomain

OpenSearch Service ドメインを作成します。詳細については、「 OpenSearch Service ドメインの作成」を参照してください。

注記

OpenSearch Service ドメインを作成する際に、同じ名前のドメインが既に存在しても、API からエラーは報告されません。その代わりに、既存ドメインの詳細が返されます。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain { "ClusterConfig": { "ZoneAwarenessConfig": { "AvailabilityZoneCount": 3 }, "ZoneAwarenessEnabled": true|false, "InstanceCount": 3, "DedicatedMasterEnabled": true|false, "DedicatedMasterType": "c5.large.search", "DedicatedMasterCount": 3, "InstanceType": "r5.large.search", "WarmCount": 3, "WarmEnabled": true|false, "WarmType": "ultrawarm1.large.search", "ColdStorageOptions": { "Enabled": true|false }, "EBSOptions": { "EBSEnabled": true|false, "VolumeType": "io1|gp2|standard", "Iops": 1000, "VolumeSize": 35 }, "EncryptionAtRestOptions": { "Enabled": true|false, "KmsKeyId":"arn:aws:kms:us-east-1:123456789012:alias/my-key" }, "VPCOptions": { "VPCId": "vpc-12345678", "SubnetIds": ["subnet-abcdefg1", "subnet-abcdefg2", "subnet-abcdefg3"], "SecurityGroupIds": ["sg-12345678"] }, "AdvancedOptions": { "rest.action.multi.allow_explicit_index": "true|false", "indices.fielddata.cache.size": "40", "indices.query.bool.max_clause_count": "1024", "override_main_response_version": "true|false" }, "CognitoOptions": { "Enabled": true|false, "UserPoolId": "us-east-1_121234567", "IdentityPoolId": "us-east-1:12345678-1234-1234-1234-123456789012", "RoleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/CognitoAccessForAmazonOpenSearch" }, "NodeToNodeEncryptionOptions": { "Enabled": true|false }, "DomainEndpointOptions": { "EnforceHTTPS": true|false, "TLSSecurityPolicy": "Policy-Min-TLS-1-2-2019-07|Policy-Min-TLS-1-0-2019-07", "CustomEndpointEnabled": "true|false", "CustomEndpoint": "www.my-custom-endpoint.com", "CustomEndpointCertificateArn": "arn:aws:iam::123456789012:certificate/my-certificate" }, "LogPublishingOptions": { "SEARCH_SLOW_LOGS": { "CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group1:sample-domain", "Enabled":true|false }, "INDEX_SLOW_LOGS": { "CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group2:sample-domain", "Enabled":true|false }, "ES_APPLICATION_LOGS": { "CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group3:sample-domain", "Enabled":true|false } }, "AdvancedSecurityOptions": { "Enabled": true|false, "InternalUserDatabaseEnabled": true|false, "MasterUserOptions": { "MasterUserARN": "arn:aws:iam::123456789012:role/my-master-user-role" "MasterUserName": "my-master-username", "MasterUserPassword": "my-master-password" } }, "AutoTuneOptions": { "DesiredState": "ENABLED|DISABLED", "MaintenanceSchedules": [{ "StartAt": 1234567890, "Duration": { "Value": 2, "Unit": "HOURS" }, "CronExpressionForRecurrence": "cron(0 0 ? * 3 *)" }] }, "TagList": [ { "Key": "stack", "Value": "prod" } ], "EngineVersion": "OpenSearch_1.0", "DomainName": "my-domain", "AccessPolicies": "{\"Version\":\"2012-10-17\",\"Statement\":[{\"Effect\":\"Allow\",\"Principal\":{\"AWS\":[\"123456789012\"]},\"Action\":[\"esListDomainNames:ESHttp*\"],\"Resource\":\"arn:aws:es:us-east-1:123456789012:domain/my-domain/*\"}]}" }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 作成する OpenSearch Service ドメインの名前。
EngineVersion 文字列 いいえ OpenSearch または Elasticsearch のバージョン (Elasticsearch_X.Y または OpenSearch_X.Y の形式)。デフォルトはOpenSearchの最新バージョン。サポートされているバージョンの詳細なリストについては、「サポートされているバージョンの OpenSearch および Elasticsearch」を参照してください。
ClusterConfig ClusterConfig いいえ OpenSearch Service ドメインのクラスター設定のコンテナ。
EBSOptions EBSOptions いいえ OpenSearch Service ドメインの EBS ベースのストレージを有効にするために必要な、パラメータのコンテナ。
VPCOptions VPCOptions いいえ VPC アクセスドメインを設定するために必要な値のコンテナ。これらの値を指定しない場合、OpenSearch Service はパブリックエンドポイントでドメインを作成します。詳細については、「VPC 内で Amazon OpenSearch Service ドメインを起動する」を参照してください。
CognitoOptions CognitoOptions いいえ OpenSearch Dashboards の Amazon Cognito 認証を使用するように OpenSearch Service を設定するキーと値のペア。
AccessPolicies 文字列 いいえ 新しい OpenSearch Service ドメインのアクセスポリシーを指定する IAM ポリシードキュメント。詳細については、「Amazon OpenSearch Service での Identity and Access Management」を参照してください。
SnapshotOptions SnapshotOptions いいえ

DEPRECATED. ドメインインデックスの自動スナップショットを設定するために必要なパラメータのコンテナ。

AdvancedOptions AdvancedOptions いいえ 詳細な設定オプションを指定するためのキーと値のペア。詳細については、「高度なクラスター設定」を参照してください。
LogPublishingOptions LogPublishingOptions いいえ スローログの発行を設定するためのキーと値のペア。
EncryptionAtRestOptions EncryptionAtRestOptions いいえ 保管時に暗号化するためのキーと値のペア。
NodeToNodeEncryptionOptions NodeToNodeEncryptionOptions いいえ ノード間の暗号化を有効にします。
DomainEndpointOptions DomainEndpointOptions いいえ ドメインエンドポイントの追加オプション (すべてのトラフィックで HTTPS を必須にするかどうかなど)。
AdvancedSecurityOptions AdvancedSecurityOptions いいえ きめ細かなアクセスコントロールのオプション。
AutoTuneOptions AutoTuneOptions いいえ Auto-Tune のオプション。
TagList TagList いいえ 作成時にドメインに追加するタグのリスト。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainStatus DomainStatus

CreateOutboundConnection

ソースドメインからターゲットドメインへの新しいクラスター検索接続を作成します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/cc/outboundConnection { "ConnectionAlias":"connection-name", "LocalDomainInfo":{ "AWSDomainInformation":{ "DomainName":"domain-name", "Region":"us-east-1" } }, "RemoteDomainInfo":{ "AWSDomainInformation":{ "OwnerId":"account-id", "DomainName":"domain-name", "Region":"us-east-1" } } }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? 説明
ConnectionAlias 文字列 はい コレクションの名前。
LocalDomainInfo オブジェクト はい ソースドメインの名前とリージョン。
RemoteDomainInfo オブジェクト はい ターゲットドメインの名前とリージョン。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
SourceDomainInfo オブジェクト ソースドメインの名前とリージョン。
DestinationDomainInfo オブジェクト ターゲットドメインの名前とリージョン。
ConnectionAlias 文字列 コレクションの名前。
ConnectionStatus 文字列 接続のステータス。
ConnectionId 文字列 アウトバウンド接続の ID。

CreatePackage

OpenSearch Service ドメインで使用するパッケージを追加します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages { "PackageName": "my-package-name", "PackageType": "TXT-DICTIONARY", "PackageDescription": "My synonym file.", "PackageSource": { "S3BucketName": "my-s3-bucket", "S3Key": "synonyms.txt" } }

パラメータのリクエスト

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? 説明
PackageName 文字列 はい パッケージの一意の名前。
PackageType 文字列 はい パッケージのタイプ。現在のところ、TXT-DICTIONARY のみサポートされます。
PackageDescription 文字列 いいえ パッケージの説明。
PackageSource PackageSource はい パッケージの S3 バケットとキー。

レスポンス要素

フィールド データ型
PackageDetails PackageDetails

CreateElasticsearchServiceRole (非推奨)

OpenSearch Service と Amazon EC2 の間のサービスにリンクされたロールを作成します。このアクションは廃止されました。OpenSearch Service は、サービスにリンクされたロールの作成と削除を自動的に処理します。

このロールは、VPC 内に VPC エンドポイントを配置する許可を OpenSearch Service に付与します。サービスにリンクされたロールは、正常に機能するように VPC エンドポイントが作成されるドメインに配置する必要があります。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/role

パラメータのリクエスト

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

CreateServiceRole オペレーションはデータ構造を返しません。

DeleteDomain

OpenSearch Service ドメインと、ドメインにあるすべてのデータを削除します。ドメインは削除後に回復することはできません。

[Syntax] (構文)

DELETE https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain/domain-name

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 削除する OpenSearch Service ドメインの名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainStatus DomainStatus

DeleteElasticsearchServiceRole (非推奨)

OpenSearch Service と Amazon EC2 の間のサービスにリンクされたロールを削除します。このアクションは廃止されました。OpenSearch Service は、ロールの作成と削除を自動的に処理します。

このロールは、VPC 内に VPC エンドポイントを配置する許可を OpenSearch Service に付与します。サービスにリンクされたロールは、正常に機能するように VPC エンドポイントが作成されるドメインに配置する必要があります。

注記

このアクションは、ドメインがサービスにリンクされたロールを使用していない場合のみ成功します。

[Syntax] (構文)

DELETE https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/role

パラメータのリクエスト

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

DeleteElasticsearchServiceRole オペレーションはデータ構造を返しません。

DeleteInboundConnection

ターゲットドメインの所有者に、既存のインバウンドクラスター間検索接続の削除を許可します。

[Syntax] (構文)

DELETE https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/cc/inboundConnection/connection-id

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
CrossClusterSearchConnection オブジェクト インバウンド接続の詳細。

DeleteOutboundConnection

ソースドメインの所有者に、既存のアウトバウンドクラスター間検索接続の削除を許可します。

[Syntax] (構文)

DELETE https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/cc/outboundConnection/connection-id

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
CrossClusterSearchConnection オブジェクト アウトバウンド接続の詳細。

DeletePackage

OpenSearch Service からパッケージを削除します。パッケージは、どの OpenSearch Service ドメインにも関連付けることができません。

[Syntax] (構文)

DELETE https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages/package-id

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
PackageID 文字列 はい 削除するパッケージの内部 ID。DescribePackages を使用して、この値を検索します。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型
PackageDetails PackageDetails

DescribeDomainAutoTunes

Auto-Tune がドメインに対して行った最適化のリストを返します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain/domain-name/autoTunes

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい Auto-Tune の詳細を設定する OpenSearch Service ドメインの名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
AutoTunes [List] (リスト) 最適化のリスト。
NextToken 文字列 ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

DescribeDomain

ドメイン ID、ドメインサービスエンドポイント、ドメイン ARN など、指定された OpenSearch Service ドメインの設定を説明します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain/domain-name

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 説明する必要がある OpenSearch Service ドメインの名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainStatus DomainStatus

DescribeDomainChangeProgress

ドメインの設定変更のステータス情報を表示します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain/domain-name/progress

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい OpenSearch Service ドメインの名前。

リクエストボディ

フィールド データ型 必須? 説明
ChangeId 文字列 いいえ 設定変更の ID。UpdateDomainConfig リクエストから取得。含まれていない場合、OpenSearch Service は最新の設定変更の詳細を返します。

レスポンス要素

フィールド データ型
ChangeProgressStatus ChangeProgressStatus

DescribeDomainConfig

OpenSearch Service ドメインの設定を表示します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain/domain-name/config

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 説明する必要がある OpenSearch Service ドメイン設定の名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainConfig DomainConfig

DescribeDomains

最大 5 つの指定された OpenSearch Service ドメインの、ドメイン設定を説明します。情報には、ドメイン ID、ドメインのサービスエンドポイント、ドメイン ARN が含まれます。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain-info { "DomainNames": [ "domain-name1", "domain-name2", ] }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

フィールド データ型 必須? [Description] (説明)
DomainNames DomainNameList はい OpenSearch Service ドメイン名の配列。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainStatusList DomainStatusList

DescribeInstanceTypeLimits

特定の OpenSearch または Elasticsearch バージョンとインスタンスタイプのインスタンス数、ストレージ、およびマスターノードの制限について説明します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/instanceTypeLimits/engine-version/instance-type?domainName=domain-name

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
EngineVersion 文字列 はい OpenSearch または Elasticsearch のバージョン (Elasticsearch_X.Y または OpenSearch_X.Y の形式)。デフォルトはOpenSearchの最新バージョン。サポートされているバージョンの詳細なリストについては、「サポートされているバージョンの OpenSearch および Elasticsearch. バージョン」を参照してください。サポートされているバージョンのリストについては、「サポートされているバージョンの OpenSearch および Elasticsearch」を参照してください。
InstanceType 文字列 はい インスタンスタイプ。リージョン別のインスタンスタイプを表示するには、「Amazon OpenSearch Service の料金」を参照してください。
DomainName DomainName いいえ 既存のドメインの名前。既存のドメインの制限が必要な場合にのみ指定します。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
LimitsByRole マップ 該当するすべてのインスタンスタイプの制限を含むマップです。"data"​ はデータノードを指します。"master"​ は専用マスターノードを指します。

DescribeInboundConnections

ターゲットドメインのすべてのインバウンドクラスター間検索接続を一覧表示します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/cc/inboundConnection/search { "Filters": [ { "Name": filter-name (str), "Values" : [val1, val2, ..] (list of strings) }, .... "MaxResults": int (Optional, default value - 100), "NextToken": "next-token-string (optional)" ] }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? 説明
Filters オブジェクト いいえ 「Describe」リクエストに使用できるフィルター名と値のリスト。サポートされるフィールドは、connection-idlocal-domain-info.domain-namelocal-domain-info.owner-idlocal-domain-info.region、および remote-domain-info.domain-name です。
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。デフォルトは 100 です。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
CrossClusterSearchConnections オブジェクト インバウンド接続のリスト。
NextToken 文字列 ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

DescribeOutboundConnections

ソースドメインのすべてのアウトバウンドクラスター間検索接続を一覧表示します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/cc/outboundConnection/search { "Filters": [ { "Name": filter-name (str), "Values" : [val1, val2, ..] (list of strings) }, .... "MaxResults": int (Optional, default value - 100), "NextToken": "next-token-string (optional)" ] }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? 説明
Filters オブジェクト いいえ 「Describe」リクエストに使用できるフィルター名と値のリスト。サポートされるフィールドは、connection-idremote-domain-info.domain-nameremote-domain-info.owner-idremote-domain-info.region、および local-domain-info.domain-name です。
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。デフォルトは 100 です。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
CrossClusterSearchConnections オブジェクト アウトバウンド接続のリスト。
NextToken 文字列 ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

DescribePackages

OpenSearch Service で利用可能なすべてのパッケージについて説明します。フィルタリング、結果数の制限、ページ分割のオプションが含まれます。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages/describe { "Filters": [{ "Name": "PackageStatus", "Value": [ "DELETING", "AVAILABLE" ] }], "MaxResults": 5, "NextToken": "next-token", }

パラメータのリクエスト

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? 説明
Filters フィルター いいえ 指定された値に一致するパッケージのみを返します。
MaxResults 整数 いいえ 結果をパッケージの最大数に制限します。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API コールに null 以外の NextToken 値が含まれている場合にのみ必要です。指定されている場合は、次のページの結果を返します。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
PackageDetailsList [List] (リスト) PackageDetails オブジェクトのリスト

DescribeReservedInstanceOfferings

指定されたリージョンで利用できるリザーブドインスタンスの提供タイプについて説明します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/reservedInstanceOfferings?offeringId=offering-id&maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
OfferingId 文字列 いいえ 提供 ID。
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。30~100 を指定する必要があります。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
ReservedInstanceOfferings ReservedInstanceOfferings リザーブドインスタンスの提供タイプに関するすべての情報のコンテナ。詳細については、「リザーブドインスタンスを購入する (AWS CLI)」を参照してください。

DescribeReservedInstances

指定されたリージョンで予約しているインスタンスについて説明します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/reservedInstances?reservationId=reservation-id&maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
ReservationId 文字列 いいえ 予約 ID。予約を購入した後に割り当てられます。
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。30~100 を指定する必要があります。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
ReservedInstances

ReservedInstances

予約したインスタンスに関するすべての情報のコンテナ。詳細については、「リザーブドインスタンスを購入する (AWS CLI)」を参照してください。

DissociatePackage

指定された OpenSearch Service ドメインからパッケージを削除します。解離を成功させるためには、パッケージを OpenSearch インデックスとともに使用することはできません。このパッケージは、後で関連付けのために OpenSearch サービスで引き続き利用可能です。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages/dissociate/package-id/domain-name

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
PackageID 文字列 はい ドメインとの関連付けを解除するパッケージの内部 ID。ListPackagesForDomain を使用して、この値を検索します。
DomainName DomainName はい パッケージの関連付けを解除するドメインの名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainPackageDetails DomainPackageDetails

GetCompatibleVersions

OpenSearch または Elasticsearch バージョンのマップ、およびアップグレード可能なバージョンを返します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/compatibleVersions?domainName=domain-name

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
DomainName DomainName いいえ 既存のドメインの名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
CompatibleVersions マップ OpenSearch または Elasticsearch バージョンのマップ、およびアップグレード可能なバージョン。
{ "CompatibleVersions": [{ "SourceVersion": "Elasticsearch_7.10", "TargetVersions": ["OpenSearch_1.0"] }] }

GetPackageVersionHistory

OpenSearch バージョンのマップ、およびアップグレード可能なバージョンを返します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages/package-id/history?maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
PackageID 文字列 はい 既存のドメインの名前。
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。30~100 を指定する必要があります。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
PackageVersionHistoryList マップ 指定されたパッケージのコミットメッセージ、更新時間、およびバージョンのリスト:
"PackageVersionHistoryList": [ { CommitMessage": "Add new synonyms", "CreatedAt": 1.605225005466E9, "PackageVersion": "v4" } ]

GetUpgradeHistory

ドメインの最新の 10 個のアップグレードオペレーションのリストを返します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/upgradeDomain/domain-name/history?maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。30~100 を指定する必要があります。
DomainName DomainName はい 既存のドメインの名前。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
UpgradeHistoryList UpgradeHistoryList 過去 10 のアップグレードオペレーションの結果のログのコンテナ。

GetUpgradeStatus

ドメインの OpenSearch または Elasticsearch バージョンアップグレードの最新のステータスを返します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/upgradeDomain/domain-name/status

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 既存のドメインの名前。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
UpgradeStepItem UpgradeStepItem ドメインのバージョンアップグレードの最新のステータスのコンテナ。

ListDomainNames

アクティブリージョン内で現在のユーザーが所有するすべての OpenSearch Service ドメイン名を表示します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/domain

パラメータのリクエスト

フィールド データ型 必須? 説明
EngineType 文字列 いいえ 出力をドメインエンジンタイプでフィルタリングします。許容値は、Elasticsearch および OpenSearch です。

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
DomainNameList DomainNameList 現在のユーザーが所有するすべての OpenSearch Service ドメイン名。

ListDomainsForPackage

パッケージが関連付けられているすべての OpenSearch Service ドメインを一覧表示します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages/package-id/domains?maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
PackageID 文字列 はい ドメインを一覧表示するパッケージ。
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
DomainPackageDetailsList [List] (リスト) DomainPackageDetails オブジェクトのリスト
NextToken 文字列 ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

ListVersions

OpenSearch Service でサポートされているすべての OpenSearch バージョンとElasticsearch を一覧表示します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/versions?maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。30~100 を指定する必要があります。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

ListInstanceTypeDetails

特定の OpenSearch もしくは Elasticsearch バージョンの、すべてのインスタンスタイプと使用可能な機能を一覧表示する。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/instanceTypeDetails/engine-version?domainName=domain-name?maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
EngineVersion 文字列 はい OpenSearch または Elasticsearch のバージョン (Elasticsearch_X.Y または OpenSearch_X.Y の形式)。デフォルトはOpenSearchの最新バージョン。サポートされているバージョンの詳細なリストについては、「サポートされているバージョンの OpenSearch および Elasticsearch」を参照してください。
DomainName DomainName はい インスタンスタイプの詳細に関してリストしなければならないドメインの名前。

MaxResults

整数

いいえ

結果の数を制限します。30~100 を指定する必要があります。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
InstanceTypeDetails [List] (リスト) 特定の OpenSearch もしくは Elasticsearch バージョンの、すべてのサポートされたインスタンスタイプと機能を一覧表示します。
NextToken 文字列 ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

ListPackagesForDomain

OpenSearch Service ドメインに関連付けられているすべてのパッケージを一覧表示します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/domain/domain-name/packages?maxResults=max-results&nextToken=next-token

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? 説明
DomainName 文字列 はい 関連するパッケージを一覧表示するドメインの名前。
MaxResults 整数 いいえ 結果の数を制限します。
NextToken 文字列 いいえ ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
DomainPackageDetailsList List DomainPackageDetails オブジェクトのリスト
NextToken String ページ分割に使用されます。以前の API 呼び出しで NextToken を含む結果が生成された場合のみ必要です。次のトークンの入力を受け入れて次のページの結果を返し、応答として次のトークンの出力を提供します。クライアントは、このトークンを使用してさらに結果を取得できます。

ListTags

OpenSearch Service ドメインのすべてのリソースタグを表示します。

[Syntax] (構文)

GET https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/tags?arn=domain-arn

パラメータのリクエスト

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
ARN ARN はい OpenSearch Service ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
TagList TagList リソースタグの一覧。詳細については、「Amazon OpenSearch Service ドメインのタグ付け」を参照してください。

PurchaseReservedInstanceOffering

リザーブドインスタンスを購入します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/purchaseReservedInstanceOffering { "ReservationName" : "my-reservation", "ReservedInstanceOfferingId" : "1a2a3a4a5-1a2a-3a4a-5a6a-1a2a3a4a5a6a", "InstanceCount" : 3 }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

Name (名前) データ型 必須? 説明
ReservationName 文字列 はい 予約のわかりやすい名前。5~64 文字の長さにする
ReservedInstanceOfferingId 文字列 はい 提供 ID。
InstanceCount 整数 はい 予約する必要があるインスタンスの数。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
ReservationName 文字列 予約の名前。
ReservedInstanceId 文字列 予約 ID。

RejectInboundConnection

ターゲットドメインの所有者に、インバウンドのクラスター間検索接続リクエストの拒否を許可します。

[Syntax] (構文)

PUT https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/cc/inboundConnection/connection-id/reject

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

このオペレーションでは HTTP リクエストボディを使用しません。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
CrossClusterSearchConnection オブジェクト インバウンド接続の詳細。

RemoveTags

OpenSearch Service ドメインから指定したリソースタグを削除します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/tags-removal { "ARN": "arn:aws:es:us-east-1:123456789012:domain/my-domain", "TagKeys": [ "tag-key1", "tag-key2" ] }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
ARN ARN はい OpenSearch Service ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。詳細については、AWS Identity and Access Management ユーザーガイドの「IAM ID」を参照してください。
TagKeys TagKey はい OpenSearch Service ドメインから削除するリソースタグのタグキーのリスト。

レスポンス要素

RemoveTags オペレーションでは、レスポンス要素は返しません。

StartServiceSoftwareUpdate

OpenSearch Service ドメインのサービスソフトウェア更新をスケジュール設定します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/serviceSoftwareUpdate/start { "DomainName": "domain-name" }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 最新のサービスソフトウェアに更新する OpenSearch Service ドメインの名前。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
ServiceSoftwareOptions ServiceSoftwareOptions 最新のサービスソフトウェアに対するドメインの状態を表すコンテナ。

CancelServiceSoftwareUpdate

OpenSearch Service ドメイン用にスケジュール設定されたサービスソフトウェア更新を停止します。ドメインの UpdateStatusPENDING_UPDATE の場合にのみ機能します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/serviceSoftwareUpdate/stop { "DomainName": "domain-name" }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 最新のサービスソフトウェアに更新する OpenSearch Service ドメインの名前。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
ServiceSoftwareOptions ServiceSoftwareOptions 最新のサービスソフトウェアに対するドメインの状態を表すコンテナ。

UpdateDomainConfig

インスタンスタイプやインスタンス数など、OpenSearch Service ドメインの設定を調整します。更新する値の指定のみ必要です。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/domain/domain-name/config { "ClusterConfig": { "ZoneAwarenessConfig": { "AvailabilityZoneCount": 3 }, "ZoneAwarenessEnabled": true|false, "InstanceCount": 3, "DedicatedMasterEnabled": true|false, "DedicatedMasterType": "c5.large.search", "DedicatedMasterCount": 3, "InstanceType": "r5.large.search", "WarmCount": 6, "WarmType": "ultrawarm1.medium.search", "ColdStorageOptions": { "Enabled": true|false }, "EBSOptions": { "EBSEnabled": true|false, "VolumeType": "io1|gp2|standard", "Iops": 1000, "VolumeSize": 35 }, "SnapshotOptions": { "AutomatedSnapshotStartHour": 3 }, "EncryptionAtRestOptions": { "Enabled": true|false, "KmsKeyId":"arn:aws:kms:us-east-1:123456789012:alias/my-key" }, "NodeToNodeEncryptionOptions": { "Enabled": true|false }, "VPCOptions": { "SubnetIds": ["subnet-abcdefg1", "subnet-abcdefg2", "subnet-abcdefg3"], "SecurityGroupIds": ["sg-12345678"] }, "AdvancedOptions": { "rest.action.multi.allow_explicit_index": "true|false", "indices.fielddata.cache.size": "40", "indices.query.bool.max_clause_count": "1024", "override_main_response_version": "true|false" }, "CognitoOptions": { "Enabled": true|false, "UserPoolId": "us-east-1_121234567", "IdentityPoolId": "us-east-1:12345678-1234-1234-1234-123456789012", "RoleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/service-role/CognitoAccessForAmazonOpenSearch" }, "DomainEndpointOptions": { "EnforceHTTPS": true|false, "TLSSecurityPolicy": "Policy-Min-TLS-1-2-2019-07|Policy-Min-TLS-1-0-2019-07", "CustomEndpointEnabled": "true|false", "CustomEndpoint": "www.my-custom-endpoint.com", "CustomEndpointCertificateArn": "arn:aws:iam::123456789012:certificate/my-certificate" }, "LogPublishingOptions": { "SEARCH_SLOW_LOGS": { "CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group1:sample-domain", "Enabled":true|false }, "INDEX_SLOW_LOGS": { "CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group2:sample-domain", "Enabled":true|false }, "ES_APPLICATION_LOGS": { "CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group3:sample-domain", "Enabled":true|false } }, "AdvancedSecurityOptions": { "Enabled": true|false, "InternalUserDatabaseEnabled": true|false, "AnonymousAuthEnabled": true|false, "AnonymousAuthDisableDate": 1234567890, "MasterUserOptions": { "MasterUserARN": "arn:aws:iam::123456789012:role/my-master-user-role" "MasterUserName": "my-master-username", "MasterUserPassword": "my-master-password" }, "SAMLOptions": { "Enabled": true, "Idp": { "EntityId": "entity-id", "MetadataContent": "metadata-content-with-quotes-escaped" }, "RolesKey": "optional-roles-key", "SessionTimeoutMinutes": 180, "SubjectKey": "optional-subject-key" } }, "AutoTuneOptions": { "DesiredState": "ENABLED|DISABLED", "MaintenanceSchedules": [{ "StartAt": 1234567890, "Duration": { "Value": 2, "Unit": "HOURS" }, "CronExpressionForRecurrence": "cron(0 0 ? * 3 *)" }], "RollbackOnDisable": "NO_ROLLBACK|DEFAULT_ROLLBACK" }, "DomainName": "my-domain", "AccessPolicies": "{\"Version\":\"2012-10-17\",\"Statement\":[{\"Effect\":\"Allow\",\"Principal\":{\"AWS\":[\"*\"]},\"Action\":[\"es:*\"],\"Resource\":\"arn:aws:es:us-east-1:123456789012:domain/my-domain/*\"}]}", "DryRun": true|false }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? [Description] (説明)
DomainName DomainName はい 設定を更新する OpenSearch Service ドメインの名前。
ClusterConfig ClusterConfig いいえ EC2 インスタンスのインスタンスタイプや数など、クラスター設定に対して行う変更。
EBSOptions EBSOptions いいえ データノードにアタッチされた EBS ボリュームのサイズ。
VPCOptions VPCOptions いいえ VPC で動作するように OpenSearch Service を設定するために必要な値のコンテナ。詳細については、「VPC 内で Amazon OpenSearch Service ドメインを起動する」を参照してください。
SnapshotOptions SnapshotOptions いいえ DEPRECATED. OpenSearch Service ドメインでサービスがインデックスの自動スナップショットを毎日作成する時間。
AdvancedOptions AdvancedOptions いいえ 詳細な設定オプションを指定するためのキーと値のペア。詳細については、「高度なクラスター設定」を参照してください。
AccessPolicies 文字列 いいえ OpenSearch Service ドメインのアクセスポリシーを指定します。詳細については、「アクセスポリシーの設定」を参照してください。
LogPublishingOptions LogPublishingOptions いいえ スローログの発行を設定するためのキーと値の文字列のペア。
CognitoOptions CognitoOptions いいえ OpenSearch Dashboards の Amazon Cognito 認証を使用するように OpenSearch Service を設定するキーと値のペア。
DomainEndpointOptions DomainEndpointOptions いいえ ドメインエンドポイントの追加オプション (すべてのトラフィックで HTTPS を必須にするかどうかなど)。
AdvancedSecurityOptions AdvancedSecurityOptions いいえ きめ細かなアクセスコントロールのオプション。
AutoTuneOptions AutoTuneOptions いいえ Auto-Tune のオプション。
NodeToNodeEncryptionOptions NodeToNodeEncryptionOptions いいえ ノード間の暗号化を有効にします。
EncryptionAtRestOptions EncryptionAtRestOptions いいえ 保管時に暗号化するためのキーと値のペア。
DryRun ブール値 いいえ デフォルトは false です。trueの場合、OpenSearch Service は、設定変更によってblue/greenデプロイが発生するかどうかをチェックしますが、更新は実行しません。

レスポンス要素

フィールド データ型
DomainConfig DomainConfig
DryRunResults DryRunResults

UpdatePackage

OpenSearch Service ドメインで使用するパッケージを更新します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/packages/update { "PackageID": "F11111111", "PackageDescription": "My synonym file.", "CommitMessage": "Added some synonyms.", "PackageSource": { "S3BucketName": "my-s3-bucket", "S3Key": "synonyms.txt" } }

パラメータのリクエスト

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? 説明
PackageID 文字列 はい パッケージの一意の ID。
PackageDescription 文字列 いいえ パッケージの説明。
CommitMessage 文字列 いいえ 更新されたファイルのコミットメッセージ。
PackageSource PackageSource はい パッケージの S3 バケットとキー。

レスポンス要素

フィールド データ型
PackageDetails PackageDetails

UpgradeDomain

OpenSearch Service ドメインを OpenSearch または Elasticsearch の新しいバージョンにアップグレードします。または、アップグレードの適格性を確認します。

[Syntax] (構文)

POST https://es.us-east-1.amazonaws.com/2021-01-01/opensearch/upgradeDomain { "DomainName": "domain-name", "TargetVersion": "OpenSearch_1.0", "PerformCheckOnly": true|false }

パラメータのリクエスト

このオペレーションでは HTTP リクエストパラメータを使用しません。

リクエストボディ

パラメータ データ型 必須? 説明
DomainName 文字列 はい アップグレードする OpenSearch Service ドメインの名前。
TargetVersion 文字列 はい OpenSearch_X.Y または Elasticsearch_X.Y の形式でアップグレードする OpenSearch または Elasticsearch のバージョン。「GetCompatibleVersions」を参照してください。
PerformCheckOnly ブール値 いいえ デフォルトは false です。true の場合、OpenSearch Service はドメインの適格性を確認しますが、アップグレードは実行しません。

AdvancedOptions

AdvancedOptions いいえ override_main_response_version パラメータのみをサポートし、その他のアドバンストオプションはサポートしません。このオプションは、OpenSearch バージョンへのアップグレードのときにのみ含めることができます。Elasticsearch OSS クライアントとプラグインで引き続き動作するように、ドメインがそのバージョンを 7.10 とレポートするかどうかを指定します。

レスポンス要素

フィールド データ型 説明
UpgradeDomainResponse マップ オペレーションの詳細を確認する基本レスポンス。

データタイプ

このセクションでは、設定 APIで使用されるデータタイプについて説明します。

AdvancedOptions

アドバンスト OpenSearch 設定オプションを指定するキーと値のペア。

フィールド データ型 説明
rest.action.multi.allow_explicit_index キーと値のペア:

"rest.action.multi.allow_explicit_index":"true"

ブール値ではなく文字列の使用に注意してください。HTTP リクエストボディ中で、インデックスへの明示参照を許可するかどうかを指定します。特定のインデックスやドメイン API など、ドメインのサブリソースのアクセスポリシーを設定する場合、このプロパティを無効にする必要があります。サブリソースのためのアクセスポリシーについては、「アクセスポリシーの設定」を参照してください。
indices.fielddata.cache.size キーと値のペア:

"indices.fielddata.cache.size":"80"

整数ではなく文字列の使用に注意してください。フィールドデータに割り当てられる Java ヒープスペースの割合を指定します。デフォルトでは、この設定は unbounded です。
indices.query.bool.max_clause_count キーと値のペア:

"indices.query.bool.max_clause_count":"1024"

整数ではなく文字列の使用に注意してください。Lucene のブールクエリで許可される句の最大数を指定します。1,024 がデフォルトです。クエリに含まれる句の数が最大数を超えていると、TooManyClauses エラーが発生します。詳細については、Lucene のドキュメントを参照してください。
override_main_response_version キーと値のペア:

"override_main_response_version":"true"

ブール値ではなく文字列の使用に注意してください。Elasticsearch OSS クライアントとプラグインが引き続き動作できるように、ドメインがそのバージョンを 7.10 とレポートするかどうかを指定します。OpenSearch ドメインを作成する場合や、Elasticsearch OSS バージョンから OpenSearch にアップグレードする場合のみ関連します。デフォルトは、ドメインを作成するときは false で、ドメインをアップグレードするときは true です。

AdvancedSecurityOptions

フィールド データ型 説明
Enabled ブール値 きめ細かなアクセスコントロールを有効にするには True。
AnonymousAuthEnabled ブール値 True を設定すると、管理者がロールマッピングを作成できる 30 日間の移行期間が有効になります。既存のドメインでのきめ細かなアクセスコントロールの有効化だけが必要。
AnonymousAuthDisableDate タイムスタンプ 移行期間が無効になる日時。
InternalUserDatabaseEnabled ブール値 内部ユーザーデータベースを有効にするには true。
MasterUserOptions MasterUserOptions マスターユーザーに関する情報のコンテナ。
SAMLOptions SAMLOptions OpenSearch Dashboards の SAML 設定に関する情報のためのコンテナ。

ARN

フィールド データ型 説明
ARN 文字列 OpenSearch Service ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。詳細については、AWS Identity and Access Management ユーザーガイドの「IAM ARN」を参照してください。

AutoTuneOptions

フィールド データ型 説明
DesiredState 文字列 ENABLED または DISABLED です。
MaintenanceSchedules リスト

その間に Auto-Tune が変更をデプロイできるメンテナンススケジュールのリスト。

{ "StartAt": 1234567890, "Duration": { "Value": 2, "Unit": "HOURS" }, "CronExpressionForRecurrence": "cron(* * ? * * *)" }

メンテナンススケジュールは上書きされ、追加されません。リクエストにスケジュールが含まれていない場合、リクエストは既存のスケジュールをすべて削除します。既存のスケジュールを保持するには、まず DescribeDomainConfig の呼び出しを行い、このセクションの基礎としてレスポンスの MaintenanceSchedules の部分を使用します。

StartAt はエポック時間で、Value は長整数です。

RollbackOnDisable 文字列 Auto-Tune を無効にする際は、NO_ROLLBACK を指定して以前のすべての Auto-Tune 設定を保持するか、DEFAULT_ROLLBACK を指定して OpenSearch Service のデフォルトに戻します。

DEFAULT_ROLLBACK を指定する場合は、リクエストに MaintenanceSchedule を含める必要があります。それ以外の場合、OpenSearch Service はロールバックを実行できません。

ChangeProgressDetails

ドメインで発生した設定変更に関する情報のためのコンテナ。

フィールド データ型 説明
ChangeId 文字列 設定変更の ID。
Message 文字列 設定変更の状態に対応するメッセージ。

ChangeProgressStatus

ドメインで発生した設定変更に関する情報のためのコンテナ。

フィールド データ型 説明
ChangeId 文字列 設定変更の ID。
ChangeProgressStages オブジェクト 更新プロセスの各ステージの進行状況の詳細。各ステージには、DescriptionLastUpdatedName,、および Status フィールドが含まれます。
CompletedProperties StringList すでに更新されているドメインプロパティのリスト。
PendingProperties StringList まだ更新する必要があるドメインプロパティのリスト。
StartTime タイムスタンプ 設定変更が開始された日時。
Status 文字列 設定変更の現在のステータス。
TotalNumberOfStages 整数 設定変更が完了するのに必要なステージの総数。

ClusterConfig

OpenSearch Service ドメインのクラスター設定のコンテナ。

フィールド データ型 説明
InstanceType 文字列 クラスターのデータノードのインスタンスタイプ。
InstanceCount 整数 クラスターのインスタンスの数。
DedicatedMasterEnabled ブール値 専用マスターノードがクラスターに対して有効かどうかを表します。クラスターが専用マスターノードを使用する場合は、True。クラスターが専用マスターノードを使用しない場合は、False。詳細については、「Amazon OpenSearch Service の専用マスターノード」を参照してください。
DedicatedMasterType 文字列 クラスターの専用マスターノードの OpenSearch Service インスタンスタイプ。
DedicatedMasterCount 整数 クラスター内の専用マスターノードの数。この数値は 1 より大きくする必要があります。そうでない場合は、検証例外が発生します。
ZoneAwarenessEnabled ブール値 複数のアベイラビリティーゾーンが有効になっているかどうかを示します。詳細については、「Amazon OpenSearch Service でのマルチ AZ ドメインの設定」を参照してください。
ZoneAwarenessConfig ZoneAwarenessConfig ゾーン対応設定オプションのコンテナ。ZoneAwarenessEnabledtrue の場合のみ必須です。
WarmEnabled ブール値 クラスターのウォームストレージを有効にするかどうか。
WarmCount 整数 クラスターのウォームノード数。
WarmType 文字列 クラスターのウォームノードのインスタンスタイプ。
WarmStorage 整数 プロビジョニングされたウォームストレージの総量 (GiB)。
ColdStorageOptions ColdStorageOptions コールドストレージ設定オプションのコンテナ。

CognitoOptions

フィールド データ型 説明
Enabled ブール値 OpenSearch Dashboards の Amazon Cognito 認証を有効または無効にするかどうか。「OpenSearch Dashboards の Amazon Cognito 認証の設定」を参照してください。
UserPoolId 文字列 OpenSearch Dashboards 認証で OpenSearch Service に使用してもらいたい Amazon Cognito ユーザープール ID。
IdentityPoolId 文字列 OpenSearch Dashboards 認証で OpenSearch Service に使用してもらいたい Amazon Cognito ID プール ID。
RoleArn 文字列 OpenSearch Service がユーザープールと ID プールを設定することを許可する AmazonOpenSearchServiceCognitoAccess ロール。

ColdStorageOptions

OpenSearch Service ドメインのコールドストレージを有効にするために必要な、パラメータのコンテナ。

フィールド データ型 説明
Enabled ブール値 ドメインでコールドストレージを有効または無効にするかどうか。「Amazon OpenSearch Service 用コールドストレージ」を参照してください。

CreateDomainRequest

CreateDomain サービス運用に必要なパラメータのコンテナ。

フィールド データ型 説明
DomainName DomainName 作成する OpenSearch Service ドメインの名前。
ClusterConfig ClusterConfig OpenSearch Service ドメインのクラスター設定のコンテナ。
EBSOptions EBSOptions OpenSearch Service ドメインの EBS ベースのストレージを有効にするために必要な、パラメータのコンテナ。
AccessPolicies 文字列 新しい OpenSearch Service ドメインのアクセスポリシーを指定する IAM ポリシードキュメント。詳細については、「アクセスポリシーの設定」を参照してください。
DomainEndpointOptions DomainEndpointOptions ドメインエンドポイントの追加オプション (すべてのトラフィックで HTTPS を必須にするかどうかなど)。
SnapshotOptions SnapshotOptions DEPRECATED. ドメインインデックスの自動スナップショットを設定するために必要なパラメータのコンテナ。
VPCOptions VPCOptions VPC で動作するように OpenSearch Service を設定するために必要な値のコンテナ。
LogPublishingOptions LogPublishingOptions スローログの発行を設定するためのキーと値の文字列のペア。
AdvancedOptions AdvancedOptions 詳細な設定オプションを指定するためのキーと値のペア。
CognitoOptions CognitoOptions OpenSearch Dashboards の Amazon Cognito 認証を使用するように OpenSearch Service を設定するキーと値のペア。
NodeToNodeEncryptionOptions NodeToNodeEncryptionOptions ノード間の暗号化を有効にするには true を指定します。

DomainEndpointOptions

フィールド データ型 説明
EnforceHTTPS ブール値 ドメインへのすべてのトラフィックが HTTPS 経由で到着することを要求する場合は true
TLSSecurityPolicy 文字列 ドメインへのトラフィックに必要な最小 TLS バージョン。有効な値は TLS 1.0 (デフォルト) または 1.2 です。
  • Policy-Min-TLS-1-0-2019-07

  • Policy-Min-TLS-1-2-2019-07

CustomEndpointEnabled ブール値 ドメインのカスタムエンドポイントを有効にするかどうか。
CustomEndpoint 文字列 カスタムエンドポイントの完全修飾 URL。
CustomEndpointCertificateArn 文字列 ACM で管理されるセキュリティ証明書の ARN。

DomainID

データ型 説明
文字列 OpenSearch Service ドメインの一意の識別子。

DomainName

OpenSearch Service ドメインの名前。

データ型 説明
文字列 OpenSearch Service ドメインの名前。ドメイン名は、AWS リージョン 内の同じアカウントによって所有されるドメイン間でただ一つです。ドメイン名は小文字で始まり、3~28 文字で構成される必要があります。有効な文字は、a ~ z (小文字のみ)、0 ~ 9、– (ハイフン) です。

DomainNameList

OpenSearch Service ドメイン名の文字列。

データ型 説明
文字列配列 次の形式の OpenSearch Service ドメインの配列:

["<Domain_Name>","<Domain_Name>"...]

DomainPackageDetails

ドメインに関連付けられているパッケージに関する情報。

フィールド データ型 説明
DomainName 文字列 パッケージを関連付けたドメインの名前。
DomainPackageStatus 文字列 関連付けの状態。値は、ASSOCIATINGASSOCIATION_FAILEDACTIVEDISSOCIATING、および DISSOCIATION_FAILED です。
ErrorDetails 文字列 パッケージがエラー状態にある場合の追加情報。それ以外の場合は Null です。
LastUpdated タイムスタンプ 関連付けのステータスに対する最新の更新のタイムスタンプ。
PackageID 文字列 パッケージの内部 ID。
PackageName 文字列 ユーザーが指定したパッケージの名前。
PackageType 文字列 現在のところ、TXT-DICTIONARY のみサポートされます。
ReferencePath 文字列 OpenSearch Service クラスターノードのパッケージの場所を示します。辞書ファイルの synonym_path と同じです 。

DomainConfig

OpenSearch Service ドメイン設定のコンテナ。

フィールド データ型 説明
EngineVersion 文字列 OpenSearch または Elasticsear バージョン
ClusterConfig ClusterConfig OpenSearch Service ドメインのクラスター設定のコンテナ。
EBSOptions EBSOptions OpenSearch Service ドメイン用に設定された EBS オプションのコンテナ。
AccessPolicies 文字列 OpenSearch Service ドメインのアクセスポリシーを指定します。詳細については、「アクセスポリシーの設定」を参照してください。
SnapshotOptions SnapshotOptions DEPRECATED. ドメインインデックスの自動スナップショットを設定するために必要なパラメータのコンテナ。
DomainEndpointOptions DomainEndpointOptions ドメインエンドポイントの追加オプション (すべてのトラフィックで HTTPS を必須にするかどうかなど)。
VPCOptions VPCDerivedInfo ドメインの現在の VPCOptions と設定におけるすべての更新状態。
LogPublishingOptions LogPublishingOptions スローログの発行を設定するためのキーと値のペア。
AdvancedOptions AdvancedOptions 詳細な設定オプションを指定するためのキーと値のペア。
EncryptionAtRestOptions EncryptionAtRestOptions 保管時に暗号化するためのキーと値のペア。
NodeToNodeEncryptionOptions NodeToNodeEncryptionOptions ノード間の暗号化が有効か無効か。
ChangeProgressDetails ChangeProgressDetails 設定変更の進行状況に関する情報のためのコンテナ。

DomainStatus

DomainStatus データ構造のコンテンツのコンテナ。

フィールド データ型 説明
DomainID DomainID OpenSearch Service ドメインの一意の識別子。
DomainName DomainName OpenSearch Service ドメインの名前。ドメイン名は、AWS リージョン 内の同じアカウントによって所有されるドメイン間でただ一つです。ドメイン名は小文字で始まり、3~28 文字で構成される必要があります。有効な文字は、a ~ z (小文字のみ)、0 ~ 9、– (ハイフン) です。
ARN ARN OpenSearch Service ドメインの Amazon リソースネーム (ARN)。詳細については、AWS Identity and Access Management ユーザーガイドの「IAM ID」を参照してください。
Created ブール値 OpenSearch Service​ ドメインの作成のステータス。ドメイン作成が完了している場合、True。ドメイン作成が進行中の場合、False
Deleted ブール値 OpenSearch Service​ ドメインの削除のステータス。ドメイン削除が完了している場合、True。ドメイン削除が進行中の場合、False
Endpoint ServiceUrl インデックス、検索、データアップロードのリクエストを OpenSearch Service ドメインに送信するために使用されるドメイン固有のエンドポイント。
Endpoints EndpointsMap OpenSearch Service ドメインが VPC エンドポイントを使用する場合に存在するキーと値のペア。
Processing ブール値 OpenSearch Service​ ドメインの設定変更のステータス。サービスが、まだ設定変更を処理している場合、True。設定変更がアクティブである場合、False。ドメインのステータスがアクティブになるのを待ってから、インデックス、検索、データアップロードのリクエストを送信する必要があります。
EngineVersion 文字列 OpenSearch または Elasticsear バージョン
ClusterConfig ClusterConfig OpenSearch Service ドメインのクラスター設定のコンテナ。
EBSOptions EBSOptions OpenSearch Service ドメインの EBS ベースのストレージを有効にするために必要な、パラメータのコンテナ。
AccessPolicies 文字列 新しい OpenSearch Service ドメインのアクセスポリシーを指定する IAM ポリシードキュメント。詳細については、「アクセスポリシーの設定」を参照してください。
SnapshotOptions SnapshotOptions DEPRECATED. 毎日実行される、OpenSearch Service ドメインのインデックスの自動スナップショットの時刻を設定するために必要なパラメータのコンテナ。
VPCOptions VPCDerivedInfo ドメインの VPCOptions に基づいて OpenSearch Service が取得する情報。
LogPublishingOptions LogPublishingOptions スローログの発行を設定するためのキーと値のペア。
AdvancedOptions AdvancedOptions 詳細な設定オプションを指定するためのキーと値のペア。
EncryptionAtRestOptions EncryptionAtRestOptions 保管時に暗号化するためのキーと値のペア。
CognitoOptions CognitoOptions OpenSearch Dashboards の Amazon Cognito 認証を使用するように OpenSearch Service を設定するキーと値のペア。
NodeToNodeEncryptionOptions NodeToNodeEncryptionOptions ノード間の暗号化が有効か無効か。
UpgradeProcessing ブール値 新しい OpenSearch または Elasticsearch バージョンへのアップグレードが進行中の場合は True。
ServiceSoftwareOptions ServiceSoftwareOptions ドメインのサービスソフトウェアのステータス。

DomainStatusList

指定された各 OpenSearch Service ドメインのステータスを格納するリスト。

フィールド データ型 説明
DomainStatusList DomainStatus 指定された各 OpenSearch Service ドメインのステータスを格納するリスト。

DryRunResults

ドメイン更新リクエストで実行されたドライランの結果。

フィールド データ型 説明
DeploymentType 文字列 UpdateDomainConfig オペレーションで実行されたドライランの結果。更新によって発生するデプロイのタイプの説明。4 つの値のいずれかです。
  • Blue/Green

  • DynamicUpdate

  • 未定

  • なし

Message 文字列

デプロイのタイプに対応するメッセージ。

EBSOptions

OpenSearch Service ドメインの EBS ベースのストレージを有効にするために必要な、パラメータのコンテナ。

フィールド データ型 説明
EBSEnabled ブール値 EBS ボリュームを OpenSearch Service ドメインのデータノードにアタッチするかどうかを表します。
VolumeType 文字列 データノードにアタッチされた EBS ボリュームのタイプを指定します。
VolumeSize 文字列 データノードにアタッチされた EBS ボリュームのサイズ (GiB) を指定します。
Iops 文字列 データノードにアタッチされた EBS ボリュームのベースライン入出力 (I/O) パフォーマンスを指定します。プロビジョンド IOPS EBS ボリュームタイプに対してのみ適用できます。

EncryptionAtRestOptions

ドメインで保管時のデータを暗号化するかどうかと、暗号化する場合は使用する AWS Key Management Service (KMS) キーを指定します。新しいドメインの作成にのみ使用でき、既存のドメインの更新には使用できません。詳細については、「保管中のデータの暗号化の有効化」を参照してください。

フィールド データ型 説明
Enabled ブール値 保管時に暗号化するには true を指定します。
KmsKeyId 文字列 KMS キー ID。形式は 1a2a3a4-1a2a-3a4a-5a6a-1a2a3a4a5a6a です。

EndpointsMap

VPC エンドポイントを含むキー値ペア。OpenSearch Service ドメインが VPC 内にある場合にのみ存在します。

フィールド データ型 説明
Endpoints キー値文字列のペア: "vpc": "<VPC_ENDPOINT>" ドメインの VPC エンドポイント。

フィルター

DescribePackages レスポンスに含まれるパッケージをフィルタリングします。

フィールド データ型 説明
Name 文字列 PackageDetails の任意のフィールド。
Value リスト 指定されたフィールドの値のリスト。

LogPublishingOptions

OpenSearch Service ドメインが OpenSearch アプリケーションとスローログを Amazon CloudWatch に発行するかどうかを指定します。さらに、OpenSearch REST API を使用してスローログのコレクションを有効にする必要があります。詳細については、「スローログの OpenSearch ログしきい値を設定する」を参照してください。

フィールド データ型 説明
INDEX_SLOW_LOGS Key-value

CloudWatch ロググループや、そのロググループに OpenSearch インデックススローログを発行するかどうかを定義するキーと値のペア。

"CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group:sample-domain", "Enabled":true
SEARCH_SLOW_LOGS Key-value

CloudWatch ロググループや、そのロググループに OpenSearch 検索スローログを発行するかどうかを定義するキーと値のペア。

"CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group:sample-domain", "Enabled":true
ES_APPLICATION_LOGS Key-value CloudWatch ロググループや、そのロググループに OpenSearch エラーログを発行するかどうかを定義するキーと値のペア。
"CloudWatchLogsLogGroupArn":"arn:aws:logs:us-east-1:264071961897:log-group:sample-domain", "Enabled":true

MasterUserOptions

フィールド データ型 説明
MasterUserARN 文字列 マスターユーザーの ARN。AdvancedSecurityOptionsInternalUserDatabaseEnabledfalse である場合にのみ指定します。
MasterUserName 文字列 マスターユーザーのユーザー名。AdvancedSecurityOptionsInternalUserDatabaseEnabledtrue である場合にのみ指定します。
MasterUserPassword 文字列 マスターユーザーのパスワード。AdvancedSecurityOptionsInternalUserDatabaseEnabledtrue である場合にのみ指定します。

NodeToNodeEncryptionOptions

ノード間の暗号化を有効または無効にします。

フィールド データ型 説明
Enabled ブール値 true で有効化します。​

OptionState

OpenSearch Service ドメインのアドバンストオプションの更新の状態。

フィールド データ型 説明
OptionStatus 文字列 3 つの有効な値のうちの 1 つ:
  • RequiresIndexDocuments

  • Processing

  • [Active] (アクティブ)

OptionStatus

OpenSearch Service ドメイン用設定オプションの更新のステータス。

フィールド データ型 説明
CreationDate タイムスタンプ OpenSearch Service ドメインが作成された日時。
UpdateDate タイムスタンプ OpenSearch Service ドメインが更新された日時。
UpdateVersion 整数 エンティティの最新バージョンを指定する整数
State OptionState OpenSearch Service ドメイン用設定オプションの更新の状態。
PendingDeletion ブール値 OpenSearch Service ドメインとそのリソースすべてを完全に削除するリクエストを、サービスが処理しているかどうかを表します。

PackageDetails

パッケージに関する基本情報。

フィールド データ型 説明
CreatedAt タイムスタンプ パッケージの作成時間。
ErrorDetails 文字列 パッケージがエラー状態にある場合の追加情報。それ以外の場合は Null です。
PackageDescription 文字列 ユーザーが指定したパッケージの説明。
PackageID 文字列 パッケージの内部 ID。
PackageName 文字列 ユーザーが指定したパッケージの名前。
PackageStatus 文字列 値は、COPYINGCOPY_FAILEDAVAILABLEDELETINGDELETE_FAILED です。
PackageType 文字列 現在のところ、TXT-DICTIONARY のみサポートされます。

PackageSource

OpenSearch Service に追加するパッケージのバケットとキー。

フィールド データ型 説明
S3BucketName 文字列 パッケージを含むバケットの名前。
S3Key 文字列 パッケージのキー (ファイル名)。

SAMLOptions

フィールド データ型 説明
Enabled ブール値 OpenSearch ダッシュボードの SAML 認証を有効にするかどうか。
MasterUserName 文字列 SAML IdP からのこのユーザーネームは、新しいマスターユーザーと同等の、クラスターに対する完全な許可を受け取ります。
MasterBackendRole 文字列 SAML IdP からのこのバックエンドロールは、新しいマスターユーザーと同等の、クラスターに対する完全な許可を受け取ります。
Idp オブジェクト

ID プロバイダーからの情報のコンテナ。次の 2 つの要素が含まれます。

"Idp": { "EntityId": "entity-id", "MetadataContent": "metadata-content-with-quotes-escaped" }
RolesKey 文字列 バックエンドロールに使用する SAML アサーションの要素。デフォルトは roles です。
SubjectKey 文字列 ユーザーネームに使用する SAML アサーションの要素。デフォルトは NameID です。
SessionTimeoutMinutes 整数 ユーザーがログインしてからセッションまでの時間 (分単位)。デフォルトは 60 です。最大値は 1,440 (24 時間) です。

ServiceSoftwareOptions

最新のサービスソフトウェアに対するドメインの状態を表すコンテナ。

フィールド データ型 説明
UpdateAvailable ブール値 ドメインでサービスソフトウェア更新が利用可能かどうか。
Cancellable ブール値 ドメインの更新をリクエストしている場合は、更新をキャンセルできるかどうか。
AutomatedUpdateDate タイムスタンプ 必要な更新のためにデプロイのウィンドウが閉じるエポック時刻。この時間を過ぎると、OpenSearch Service は自動的にソフトウェアアップグレードのスケジュールを設定します。
UpdateStatus 文字列 更新のステータス。値は、ELIGIBLEPENDING_UPDATEIN_PROGRESSCOMPLETED、および NOT_ELIGIBLE です。
Description 文字列 ステータスに関する詳細な説明。
CurrentVersion 文字列 現在のサービスソフトウェアバージョン。
NewVersion 文字列 最新のサービスソフトウェアバージョン。
OptionalDeployment ブール値 サービスソフトウェアの更新がオプションであるかどうか。

ServiceURL

インデックス、検索、データアップロードのリクエストを OpenSearch Service ドメインに送信するために使用されるドメイン固有のエンドポイント。

フィールド データ型 説明
ServiceURL 文字列 インデックス、検索、データアップロードのリクエストを OpenSearch Service ドメインに送信するために使用されるドメイン固有のエンドポイント。

SnapshotOptions

DEPRECATED. 「Amazon OpenSearch Service でのインデックススナップショットの作成」を参照してください。OpenSearch Service ドメインで、毎日実行されるインデックスの自動スナップショットの時刻を設定するために必要なパラメータのコンテナ。

フィールド データ型 説明
AutomatedSnapshotStartHour 整数 DEPRECATED. OpenSearch Service ドメインでサービスがインデックスの自動スナップショットを毎日作成する時間。

Tag

フィールド データ型 説明
Key TagKey タグに必要な名前。タグキーは添付される OpenSearch Service ドメインで一意にする必要があります。詳細については、「Amazon OpenSearch Service ドメインのタグ付け」を参照してください。
Value TagValue タグの文字列値 (オプション)。タグ値は null を指定できます。また、タグセット内で一意である必要はありません。例えば、project/Trinity と cost-center/Trinity のタグセット内に 1 つのキーと値のペアを使用できます。

TagKey

フィールド データ型 説明
Key 文字列 タグの名前。文字列は 128 文字まで設定できます。

TagList

フィールド データ型 説明
Tag Tag OpenSearch Service ドメインにアタッチされたリソースタグ。

TagValue

フィールド データ型 説明
Value 文字列 TagKey に対し、値を保持します。文字列は 256 文字まで設定できます。

VPCDerivedInfo

フィールド データ型 説明
VPCId 文字列 VPC の ID。VPC を作成する場合に Amazon VPC はこの値を生成します。
SubnetIds StringList ドメインの VPC エンドポイントに関連付けられるサブネット ID のリスト。詳細については、「Amazon VPC ユーザーガイド」の「VPC とサブネット」を参照してください。
AvailabilityZones StringList VPC サブネットに関連付けられるアベイラビリティーゾーンのリスト。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「VPC とサブネットの基本を参照してください。
SecurityGroupIds StringList ドメインの VPC エンドポイントに関連付けられるセキュリティグループ ID のリスト。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「VPC のセキュリティグループ」を参照してください。

VPCOptions

フィールド データ型 説明
SubnetIds StringList ドメインの VPC エンドポイントに関連付けられるサブネット ID のリスト。ドメインで複数のアベイラビリティーゾーンが使用されている場合は、ゾーンごとに 1 つずつ、2 つのサブネット ID を提供する必要があります。それ以外の場合は、1 つのみを指定します。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「VPC とサブネット」を参照してください。
SecurityGroupIds StringList ドメインの VPC エンドポイントに関連付けられるセキュリティグループ ID のリスト。セキュリティグループ ID を提供しない場合、OpenSearch Service は VPC にデフォルトのセキュリティグループを使用します。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「VPC のセキュリティグループ」を参照してください。
VPCId 文字列 VPC の ID。

ZoneAwarenessConfig

フィールド データ型 説明
AvailabilityZoneCount 整数 複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) を有効にした場合、このフィールドはドメインで使用するゾーンの数です。有効な値は、2 および 3 です。

エラー

OpenSearch Service は次のエラーをスローします。

Exception 説明
BaseException すべてのサービスエラーにスローされます。エラーの HTTP ステータスコードを格納します。
ValidationException HTTP リクエストに無効な入力が含まれているか、必要な入力が欠けていると、スローされます。HTTP ステータスコード 400 を返します。
DisabledOperationException クライアントがサポート対象外のオペレーションを実行しようとするとスローされます。HTTP ステータスコード 409 を返します。
InternalException リクエストの処理中にサービスの内部エラーが発生するとスローされます。HTTP ステータスコード 500 を返します。
InvalidTypeException OpenSearch Service ドメインの、無効、またはサポートされていないサブリソースを作成、またはアクセスしようとするとスローされます。HTTP ステータスコード 409 を返します。
LimitExceededException OpenSearch Service ドメインのリソースとサブリソースを、許可された数以上作成しようとしたり、許可されていないタイプを作成しようとすると、スローされます。HTTP ステータスコード 409 を返します。
ResourceNotFoundException 存在しないリソースにアクセスしたり、削除すると、スローされます。HTTP ステータスコード 400 を返します。
ResourceAlreadyExistsException クライアントが、OpenSearch Service ドメイン内にすでに存在するリソースを作成しようとすると、スローされます。HTTP ステータスコード 400 を返します。