Amazon OpenSearch Serverless でのキャパシティ制限の管理 - Amazon OpenSearch サービス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon OpenSearch Serverless でのキャパシティ制限の管理

Amazon OpenSearch Serverless では、キャパシティを自分で管理する必要はありません。OpenSearch Serverless は、現在のワークロードに基づいて、アカウントのコンピューティング性能を自動的にスケーリングします。Serverless のコンピューティング性能は、OpenSearch Compute Units (OCU) で測定されます。各 OCU は、6 GiB のメモリと対応する仮想 CPU (vCPU)、および Amazon S3 へのデータ転送を組み合わせたものです。OpenSearch Serverless の分離アーキテクチャの詳細については、「仕組み」を参照してください。

最初のコレクションを作成すると、OpenSearch Serverless は合計 4 OCU (2 OCU はインデックス作成用、2 OCU は検索用) をインスタンス化します。これらの OCU は、インデックス作成や検索が行われていない場合でも常に存在します。後続のコレクションはすべてこれらの OCU を共有できます (ただし、固有の AWS KMS キーを持つコレクションを除く。これらのコレクションは、4 OCU を独自でインスタンス化します)。必要に応じて、OpenSearch Serverless はインデックス作成および検索での使用量の増加に合わせて自動的にスケールアウトし、OCU を追加します。コレクションエンドポイントのトラフィックが減少すると、キャパシティはデータサイズに必要な最小限の OCU 数まで縮小されます。最大で、インデックス作成には 2 OCU、検索には 2 OCU までスケールダウンします。

検索およびベクトル検索コレクションでは、迅速なクエリ応答時間を確保するために、すべてのデータがホットインデックスに保存されます。時系列コレクションでは、ホットストレージとウォームストレージを組み合わせて使用し、より頻繁にアクセスされるデータのクエリ応答時間を最適化するために、最新のデータがホットストレージに保存されます。詳細については、「コレクションタイプを選択する」を参照してください。

コレクションのキャパシティを管理してコストを制御するため、現在のアカウントおよびリージョン用にインデックス作成と検索の全体的な最大キャパシティを指定できます。OpenSearch Serverless は、これらの仕様に基づいて、コレクションリソースを自動的にスケールアウトします。

インデックス作成と検索のキャパシティは個別にスケーリングされるため、それぞれにアカウントレベルの制限を指定します。

  • インデックス作成の最大キャパシティ — OpenSearch Serverless は、この数の OCU までインデックス作成のキャパシティを増やすことができます。

  • 検索の最大キャパシティ — OpenSearch Serverless は、この数の OCU まで検索のキャパシティを増やすことができます。

注記

現時点では、キャパシティの設定はアカウントレベルでのみ適用されます。コレクションごとにキャパシティの制限を設定することはできません。

目標は、最大キャパシティがワークロードの急増を処理するために十分な量であるのを確実にすることです。OpenSearch Serverless は、ユーザーの設定に基づいてコレクションの OCU 数を自動的にスケールアウトして、インデックス作成と検索のワークロードを処理します。

キャパシティの設定

OpenSearch Serverless コンソールでキャパシティの設定を行うには、左側のナビゲーションペインで [Serverless] を展開し、[Dashboard] (ダッシュボード) を選択します。[Capacity management] (キャパシティ管理) で、インデックス作成と検索の最大キャパシティを指定します。

AWS CLI を使用してキャパシティを設定するには、UpdateAccountSettings リクエストを送信します。

aws opensearchserverless update-account-settings \ --capacity-limits '{ "maxIndexingCapacityInOCU": 8,"maxSearchCapacityInOCU": 9 }'

最大キャパシティの制限

3 種類のコレクションすべてにおいて、デフォルトの最大キャパシティは、インデックス作成用に 10 OCU、検索用に 10 OCU です。アカウントで利用可能な最小キャパシティは、インデックス作成、検索ともに 2 OCU です。すべてのコレクションで、許可される最大キャパシティは、インデックス作成用に 200 OCU、検索用に 200 OCU です。OCU の数は、2 から、最大許容キャパシティ (2 の倍数) までの任意の数に設定できます。

各 OCU には、120 GiB のインデックスデータを保存するのに十分なホットエフェメラルストレージが含まれています。OpenSearch Serverless は、検索およびベクトル検索コレクションのインデックスあたり最大 1 TiB のデータと、時系列コレクションのインデックスあたり最大 10 TiB のホットデータをサポートします。時系列コレクションの場合は、さらに多くのデータを取り込むことができ、S3 にウォームデータとして保存できます。

すべてのクォータのリストについては、「OpenSearch Serverless のクォータ」を参照してください。

キャパシティ使用量のモニタリング

SearchOCU および IndexingOCU におけるアカウントレベルの CloudWatch メトリクスをモニタリングして、コレクションでどのようにスケーリングされているかを把握できます。アカウントがキャパシティに関するメトリクスのしきい値に近づいた際に通知を行うアラームを設定することをお勧めします。そうすることで、状況に応じてキャパシティの設定を調整できます。

最大キャパシティの設定が適切か、または調整が必要どうかを判断するために、これらのメトリクスを使用することもできます。これらのメトリクスを分析することで、コレクションの効率を最適化することに集中できます。OpenSearch Serverless が CloudWatch に送信するメトリクスの詳細については、「Amazon OpenSearch Serverless のモニタリング」を参照してください。