サポートされているオペレーション - Amazon OpenSearch Service (Amazon Elasticsearch Service の後継サービス)

サポートされているオペレーション

OpenSearch Service は多くのバージョンの OpenSearch とレガシー Elasticsearch OSS をサポートしています。以下のセクションでは、各バージョンで OpenSearch Service がサポートするオペレーションを示します。

API の重要な相違点

設定と統計

OpenSearch Service は、「フラットな」設定フォームを使用する _cluster/settings API への PUT リクエストのみを受け入れます。拡張設定フォームを使用するリクエストは拒否します。

// Accepted PUT _cluster/settings { "persistent" : { "action.auto_create_index" : false } } // Rejected PUT _cluster/settings { "persistent": { "action": { "auto_create_index": false } } }

高レベル Java REST クライアントは拡張フォームを使用するため、設定リクエストを送信する必要がある場合は、低レベルクライアントを使用します。

Elasticsearch 5.3 まで、OpenSearch Service ドメインに対する _cluster/settings API では、HTTP PUT メソッドのみがサポートされており、GET メソッドはサポートされていませんでした。OpenSearch およびより新しいバージョンの Elasticsearch では、以下の例に示すように、GET メソッドもサポートされるようになっています。

GET https://domain-name.region.es.amazonaws.com/_cluster/settings?pretty

戻り値の例を次に示します。

{ "persistent": { "cluster": { "routing": { "allocation": { "cluster_concurrent_rebalance": "2", "node_concurrent_recoveries": "2", "disk": { "watermark": { "low": "1.35gb", "flood_stage": "0.45gb", "high": "0.9gb" } }, "node_initial_primarirecoveries": "4" } } }, "indices": { "recovery": { "max_bytper_sec": "40mb" } } } }

オープンソース OpenSearch クラスターと OpenSearch Service からの応答を特定の設定および統計 API の応答について比較した場合、不足しているフィールドに気付くかもしれません。OpenSearch Service は、サービス内部を公開する特定の情報 (_nodes/stats からのファイルシステムデータパスや、_nodes からのオペレーティングシステム名およびバージョンなど) を編集します。

Shrink

_shrink API により、アップグレード、設定変更、ドメインの削除が失敗する場合があります。Elasticsearch バージョン 5.3 または 5.1 を実行するドメインでは、使用しないことをお勧めします。これらのバージョンは収縮させたインデックススナップショットの復元の失敗を引き起こす可能性があるバグがあります。

他の Elasticsearch または OpenSearch バージョンの _shrink API を使用している場合は、縮小操作を開始する前に次のリクエストを作成します。

PUT https://domain-name.region.es.amazonaws.com/source-index/_settings { "settings": { "index.routing.allocation.require._name": "name-of-the-node-to-shrink-to", "index.blocks.read_only": true } }

縮小操作の完了後に次のリクエストを作成します。

PUT https://domain-name.region.es.amazonaws.com/source-index/_settings { "settings": { "index.routing.allocation.require._name": null, "index.blocks.read_only": false } } PUT https://domain-name.region.es.amazonaws.com/shrunken-index/_settings { "settings": { "index.routing.allocation.require._name": null, "index.blocks.read_only": false } }

OpenSearch バージョン 1.0

OpenSearch 1.0 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートしています。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge/index-name/update/id、および /index-name/_close など)

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_ltr

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_plugins/_asynchronous_search

  • /_plugins/_alerting

  • /_plugins/_anomaly_detection

  • /_plugins/_ism

  • /_plugins/_ppl

  • /_plugins/_security

  • /_plugins/_sql

  • /_percolate

  • /_dashboards

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_resolve/index

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 OpenSearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 7.10

Elasticsearch 7.10 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge/index-name/update/id、および /index-name/_close など)

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_index_template6

  • /_ingest/pipeline

  • /_index_template

  • /_ltr

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_asynchronous_search

  • /_opendistro/_anomaly_detection

  • /_opendistro/_ism

  • /_opendistro/_ppl

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_resolve/index

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template6

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

  6. レガシーインデックステンプレート (_template) は、Elasticsearch 7.8 で開始する組み合わせ可能なテンプレート (_index_template) によって置き換えられました。組み合わせ可能なテンプレートは、レガシーのテンプレートよりも優先されます。指定されたインデックスに一致する組み合わせ可能なテンプレートがない場合、レガシーテンプレートは引き続き一致して、適用できます。_template オペレーションは OpenSearch および以降のバージョンの Elasticsearch OSS でも動作しますが、2 つのテンプレートタイプに対する GET 呼び出しは異なる結果を返します。

Elasticsearch バージョン 7.9

Elasticsearch 7.9 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge/index-name/update/id、および /index-name/_close など)

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_index_template6

  • /_ingest/pipeline

  • /_ltr

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_anomaly_detection

  • /_opendistro/_ism

  • /_opendistro/_ppl

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_resolve/index

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template6

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 OpenSearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

  6. レガシーインデックステンプレート (_template) は、OpenSearch 7.8 で開始する組み合わせ可能なテンプレート (_index_template) によって置き換えられました。組み合わせ可能なテンプレートは、レガシーのテンプレートよりも優先されます。指定されたインデックスに一致する組み合わせ可能なテンプレートがない場合、レガシーテンプレートは引き続き一致して、適用できます。_template オペレーションは OpenSearch および以降のバージョンの Elasticsearch OSS でも動作しますが、2 つのテンプレートタイプに対する GET 呼び出しは異なる結果を返します。

Elasticsearch バージョン 7.8

Elasticsearch 7.8 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge/index-name/update/id、および /index-name/_close など)

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_index_template6

  • /_ingest/pipeline

  • /_ltr

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_anomaly_detection

  • /_opendistro/_ism

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template6

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

  6. レガシーインデックステンプレート (_template) は、OpenSearch 7.8 で開始する組み合わせ可能なテンプレート (_index_template) によって置き換えられました。組み合わせ可能なテンプレートは、レガシーのテンプレートよりも優先されます。指定されたインデックスに一致する組み合わせ可能なテンプレートがない場合、レガシーテンプレートは引き続き一致して、適用できます。_template オペレーションは OpenSearch および以降のバージョンの Elasticsearch OSS でも動作しますが、2 つのテンプレートタイプに対する GET 呼び出しは異なる結果を返します。

Elasticsearch バージョン 7.7

Elasticsearch 7.7 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge/index-name/update/id、および /index-name/_close など)

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_ltr

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_anomaly_detection

  • /_opendistro/_ism

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 7.4

Elasticsearch 7.4 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge/index-name/update/id、および /index-name/_close など)

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_anomaly_detection

  • /_opendistro/_ism

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 7.1

Elasticsearch 7.1 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_ism

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 6.8

Elasticsearch 6.8 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

    • cluster.blocks.read_only

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_ism

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 6.7

Elasticsearch 6.7 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • cluster.max_shards_per_node

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_security

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 6.5

Elasticsearch 6.5 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_opendistro/_sql

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 6.4

Elasticsearch 6.4 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 6.3

Elasticsearch 6.3 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 6.2

Elasticsearch 6.2 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_opendistro/_alerting

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_rank_eval

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_split

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 6.0

Elasticsearch 6.0 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 5.6

Elasticsearch 5.6 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 5.5

Elasticsearch 5.5 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 4:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_scripts3

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink5

  • /_snapshot

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. スクリプトの使用に関する考慮事項については、「Amazon OpenSearch サービスでサポートされている他のリソース」を参照してください。

  4. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  5. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 5.3

Elasticsearch 5.3 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ 3:

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink4

  • /_snapshot

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. PUT メソッドを参照してください。GET メソッドの詳細については、「API の重要な相違点」を参照してください。このリストは、OpenSearch Service がサポートする汎用 Elasticsearch オペレーションのみを参照し、異常検出や ISM などのプラグイン固有のサポートされているオペレーションは含まれません。

  4. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 5.1

Elasticsearch 5.1 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/update/id など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/allocation/explain

  • /_cluster/health

  • /_cluster/pending_tasks

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ (PUT のみ):

    • action.auto_create_index

    • action.search.shard_count.limit

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

  • /_cluster/state

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_delete_by_query1

  • /_explain

  • /_field_caps

  • /_field_stats

  • /_flush

  • /_ingest/pipeline

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_mtermvectors

  • /_nodes

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_refresh

  • /_reindex1

  • /_render

  • /_rollover

  • /_search2

  • /_search profile

  • /_shard_stores

  • /_shrink3

  • /_snapshot

  • /_stats

  • /_status

  • /_tasks

  • /_template

  • /_update_by_query1

  • /_validate

  1. クラスター設定を変更すると、これらの操作が完了する前に中断される可能性があります。リクエストが正常に完了したことを確認するには、これらの操作とともに /_tasks 操作を使用することをお勧めします。

  2. メッセージ本文の /_search/scroll に対する DELETE リクエストでは、"Content-Length" を HTTP ヘッダーに指定する必要があります。ほとんどのクライアントでは、このヘッダーがデフォルトで追加されます。scroll_id 値で = 文字に関する問題を回避するには、クエリ文字列ではなくリクエストボディを使用して、scroll_id 値を OpenSearch Service に渡します。

  3. Shrink」を参照してください。

Elasticsearch バージョン 2.3

Elasticsearch 2.3 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション (/index-name/_forcemerge および /index-name/_recovery など)、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cache/clear (インデックスのみ)

  • /_cat (/_cat/nodeattrs を除く)

  • /_cluster/health

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ (PUT のみ):

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • threadpool.get.queue_size

    • threadpool.bulk.queue_size

    • threadpool.index.queue_size

    • threadpool.percolate.queue_size

    • threadpool.search.queue_size

    • threadpool.suggest.queue_size

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_flush

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_nodes

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_refresh

  • /_render

  • /_search

  • /_snapshot

  • /_stats

  • /_status

  • /_template

Elasticsearch バージョン 1.5

Elasticsearch 1.5 では、OpenSearch Service は次のオペレーションをサポートします。

  • インデックスパス内のすべてのオペレーション、/index-name/_optimize および /index-name/_warmer など、/index-name/_close除く

  • /_alias

  • /_aliases

  • /_all

  • /_analyze

  • /_bulk

  • /_cat

  • /_cluster/health

  • /_cluster/settings を使用する複数のプロパティ (PUT のみ):

    • indices.breaker.fielddata.limit

    • indices.breaker.request.limit

    • indices.breaker.total.limit

    • threadpool.get.queue_size

    • threadpool.bulk.queue_size

    • threadpool.index.queue_size

    • threadpool.percolate.queue_size

    • threadpool.search.queue_size

    • threadpool.suggest.queue_size

  • /_cluster/stats

  • /_count

  • /_flush

  • /_mapping

  • /_mget

  • /_msearch

  • /_nodes

  • /_percolate

  • /_plugin/kibana

  • /_plugin/kibana3

  • /_plugin/migration

  • /_refresh

  • /_search

  • /_snapshot

  • /_stats

  • /_status

  • /_template