pcluster update を使用する - AWS ParallelCluster

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

pcluster update を使用する

で始まる AWS ParallelCluster バージョン2.8.0、 pcluster update は、現在のクラスタの作成に使用する設定と、問題に関する構成ファイルの設定を分析します。問題が検出されると、レポートされ、問題を修正するための手順が表示されます。たとえば、 compute_instance_type 設定を異なるインスタンスタイプに変更すると、アップデートを続行する前に、コンピュートフリートを停止する必要があります。この問題は、検出されたときに報告されます。ブロックの問題が報告されない場合は、変更を適用するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

各設定のドキュメントは、その設定の更新ポリシーを定義します。

更新ポリシー: これらの設定は、更新中に変更できます。
更新ポリシー: この設定は、更新中に変更できます。

これらの設定は変更でき、クラスタは pcluster update.

更新ポリシー: この設定が変更されると、更新は許可されません。

既存のクラスタが削除されていない場合、これらの設定を変更することはできません。変更を元に戻すか、クラスタを削除する必要があります( pcluster delete)、その後、新しいクラスタを作成します( pcluster create) を古いクラスタの場所に配置します。

更新ポリシー: この設定は、更新中は分析されません。

これらの設定は変更でき、クラスタは pcluster update.

更新ポリシー: アップデートのためにこの設定を変更するには、コンピュートフリートを停止する必要があります。

コンピューティングフリートが存在する間は、これらの設定は変更できません。変更を取り消すか、またはコンピュートフリートを停止する必要があります( pcluster stop)、更新済み( を使用) pcluster update)、次に新しいコンピュートフリートを作成します( pcluster start)。

更新ポリシー: この設定は、更新中に減らすことはできません。

これらの設定は変更できますが、減らすことはできません。これらの設定を減らす必要がある場合は、クラスタを削除する必要があります( pcluster delete)、新しいクラスタを作成します( pcluster create)。

この例では、 pcluster update 更新をブロックするいくつかの変更が含まれます。

$ pcluster update Validating configuration file /home/username/.parallelcluster/config... Retrieving configuration from CloudFormation for cluster test-1... Found Changes: # section/parameter old value new value -- ------------------------ ------------------------ ------------------------ [cluster default] 01* compute_instance_type t2.micro c4.xlarge 02* ebs_settings ebs2 - [vpc default] 03 additional_sg sg-0cd61884c4ad16341 sg-0cd61884c4ad11234 [ebs ebs2] 04* shared_dir shared my/very/very/long/sha... Validating configuration update... The requested update cannot be performed. Line numbers with an asterisk indicate updates requiring additional actions. Please look at the details below: #01 Compute fleet must be empty to update "compute_instance_type" How to fix: Make sure that there are no jobs running, then run the following command: pcluster stop -c $CONFIG_FILE $CLUSTER_NAME #02 Cannot add/remove EBS Sections How to fix: Revert "ebs_settings" value to "ebs2" #04 Cannot change the mount dir of an existing EBS volume How to fix: Revert "my/very/very/long/shared/dir" to "shared" In case you want to override these checks and proceed with the update please use the --force flag. Note that the cluster could end up in an unrecoverable state. Update aborted.