リソースのクリーンアップ - Amazon Personalize

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

リソースのクリーンアップ

不要な料金が発生しないようにするには、使用開始実習の終了後に作成したリソースを削除します。リソースを削除するには、Amazon Personalize または Delete (APIs) から SDKs コンソールまたは AWS Command Line Interface AWS CLI を使用します。たとえば、DeleteCampaign API を使用してキャンペーンを削除します。

ステータスが CREATE PENDING または IN PROGRESS のリソースを削除することはできません。リソースのステータスは ACTIVE または CREATE FAILED である必要があります。Describe を使用してステータスを確認します。例: APIs。DescribeCampaign

次の表に示すように、一部のリソースは他のものよりも前に削除する必要があります。このプロセスには時間がかかる場合があります。

アップロードしたトレーニングデータ (ratings.csv) を削除するには、「S3 バケットからオブジェクトを削除する方法」を参照してください。

削除するリソース 最初にこちらを削除します 注意
Campaign
DatasetImportJob 削除できません。
EventTracker イベントトラッカーに関連付けられたイベントインタラクションデータセットは削除されず、引き続きソリューションバージョンによって使用されます。
Dataset

関連付け済み DatasetImportJob は、CREATE PENDING または IN PROGRESS のステータスを持つことはできません。

関連付け済み SolutionVersion は、CREATE PENDING または IN PROGRESS のステータスを持つことはできません。

DatasetSchema スキーマを参照するすべてのデータセット。
Solution ソリューションバージョンに基づくすべてのキャンペーン。 関連付け済み SolutionVersion は、CREATE PENDING または IN PROGRESS のステータスを持つことはできません。
SolutionVersion 関連付けられた Solution が削除されたときに削除されます。
DatasetGroup

すべての関連付けられたイベントトラッカー。

すべての関連付けられたソリューション。

データセットグループのすべてのデータセット。