バッチレコメンデーションとユーザーセグメントの取得 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バッチレコメンデーションとユーザーセグメントの取得

リアルタイムの更新を必要としないデータセットのレコメンデーションとユーザーセグメントを取得するには、履歴データのみで非同期バッチワークフローを使用できます。例えば、メーリングリストに含まれるすべてのユーザー向けの製品のレコメンデーションを取得する場合があります。item-to-item類似点インベントリ全体における または、USER_SEGMENTATION レシピを使用して、インベントリ内のアイテムとユーザーのインタラクションに基づいて、データ駆動型の広告用にユーザーセグメントを作成します。バッチレコメンデーションを取得したり、ユーザーセグメントを作成したりするために、Amazon Personalize のキャンペーンを作成する必要はありません。

  • バッチレコメンデーションを取得するには、バッチ推論ジョブを使用します。バッチ推論ジョブは、Amazon S3 バケットからバッチ入力データをインポートし、ソリューションバージョンを使用してアイテムのレコメンデーションを生成してから、そのレコメンデーションを Amazon S3 バケットにエクスポートするツールです。

    入力データは、ユーザーもしくはアイテムのリスト、またはそれぞれが JSON 形式のアイテムのコレクションを持つユーザーのリストにすることができます。ユーザー向けにバッチアイテムのレコメンデーションを取得したり、インベントリ全体で類似アイテムを検索したりする場合は、バッチ推論ジョブを使用します。

  • ユーザーセグメントを取得するには、バッチセグメントジョブを使用します。バッチセグメントジョブは、Amazon S3 バケットからバッチ入力データをインポートし、USER_SEGMENTATION レシピでトレーニングされたソリューションバージョンを使用して、入力データの各行のユーザーセグメントを生成し、セグメントを Amazon S3 バケットにエクスポートするツールです。各ユーザーセグメントは、各ユーザーがインベントリ内のアイテムを操作する蓋然性に基づいて、降順にソートされます。

    レシピに応じて、入力データはアイテムまたはアイテムメタデータ属性のリスト (JSON 形式) です。アイテム属性については、入力データに、複数のメタデータ属性に基づいてユーザーセグメントを作成するための式を含めることができます。USER_SEGMENTATION レシピを使用してソリューションを作成する場合は、バッチセグメントジョブを使用して、インベントリ内の各アイテムを操作する可能性が最も高いユーザーのセグメントを取得します。

どちらのバッチワークフローでも、出力データに別の場所 (フォルダまたは別の Amazon S3 バケット) を使用することをお勧めします。リアルタイムで記録したデータを PutEvents API 操作では、バッチ推論ジョブまたはバッチセグメントジョブを作成する前に、ソリューションバージョンを再トレーニングする必要があります。

バッチワークフローは次のとおりです。

  1. 入力データを JSON 形式で準備して Amazon S3 バケットにアップロードします。入力データの形式は、使用するレシピと作成するジョブによって異なります。「バッチ入力データの準備とインポート」を参照してください。

  2. フォルダまたは別の Amazon S3 バケットのいずれかで、出力データ用に個別の場所を作成します。

  3. バッチ推論ジョブまたはバッチセグメントジョブを作成します。「バッチ推論ジョブの作成 (コンソール)」、「バッチ推論ジョブの作成 (AWS CLI)」、または「バッチ推論ジョブの作成 (AWS SDK)」を参照してください。

  4. バッチ推論ジョブまたはバッチセグメントジョブが完了したら、Amazon S3 の出力場所からレコメンデーションまたはユーザーセグメントを取得します。

バッチワークフローの許可の要件

バッチワークフローについては、Amazon Personalize の IAM サービスロールには、Amazon S3 バケットにアクセスしてファイルを追加するための許可が必要です。許可の付与については、「バッチワークフロー用のサービスにリンクされたロールのポリシー」を参照してください。バケットの許可の詳細については、Amazon Simple Storage Service デベロッパーガイドの「ユーザーポリシーの例」を参照してください。

Amazon S3 のバケットとオブジェクトは、暗号化を使用していないか、AWS Key Management Service(AWS KMS) を暗号化するには、キーを使用するための許可を、Amazon Personalize と Amazon Personalize の IAM サービスロールに付与する必要があります。詳細については、「を使用するためのアクセス許可を Amazon Personalize に付与するAWS KMSキー」を参照してください。

バッチワークフローのスコアリング

ユーザーパーソナライゼーションおよび Personalize-Ranking のレシピを使用して、「」で説明されているように、Amazon Personalize は、バッチ推論ジョブの推奨スコアユーザーパーソナライゼーションの推奨スコアリングの仕組みそしてパーソナライズされたランキングスコアリングの仕組み。バッチ推論ジョブの出力 JSON ファイルでスコアを表示できます。スコアは、ユーザーパーソナライゼーションおよび Personalized-Ranking のレシピでトレーニングされたモデルによってのみ返されます。