Amazon Pinpoint の標準的な分析メトリクス - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Pinpoint の標準的な分析メトリクス

Amazon Pinpoint Analytics API を使用して、Amazon Pinpoint プロジェクト、キャンペーン、およびジャーニーに適用される標準メトリクスのサブセットの分析データをクエリできます。これらのメトリクスは、主要業績評価指標 (KPI) とも呼ばれ、プロジェクト、キャンペーン、およびジャーニーの成果を監視および評価するのに役立つ測定可能な値です。

Amazon Pinpoint では、次の数種類の標準メトリクスの分析データに、プログラムによりアクセスすることができます。

  • アプリケーションメトリクス – これらのメトリクスは、アプリケーションとも呼ばれる、プロジェクトと関連付けられているすべてのキャンペーンおよびトランザクションメッセージの傾向についてのインサイトを提供します。例えば、アプリケーションメトリクスを使用して、プロジェクトに関連付けられている各キャンペーンについて受信者によって開かれたメッセージの数の内訳を入手できます。

  • キャンペーンメトリクス – これらのメトリクスは、個々のキャンペーンのパフォーマンスについてのインサイトを提供します。例えば、キャンペーンメトリクスを使用して、キャンペーンメッセージが送信されたエンドポイントの数、またはエンドポイントに配信されたメッセージの数を特定できます。

  • ジャーニーエンゲージメントメトリクス – これらのメトリクスは、個々のジャーニーのパフォーマンスに関するインサイトを提供します。例えば、ジャーニーのエンゲージメントメトリクスを使用して、ジャーニーの各アクティビティで参加者が開封したメッセージ数の内訳を取得できます。

  • ジャーニー実行メトリクス – これらのメトリクスは、個々のジャーニーの参加傾向に関するインサイトを提供します。例えば、ジャーニー実行メトリクスを使用して、ジャーニーを開始した参加者の数を判断できます。

  • ジャーニーアクティビティ実行メトリクス – これらのメトリクスは、ジャーニーにおける個々のアクティビティの参加傾向についてのインサイトを提供します。例えば、ジャーニーアクティビティ実行メトリクスを使用して、アクティビティを開始した参加者数と、アクティビティの各パスを完了した参加者数を判断できます。

このセクションのトピックでは、メトリクスのタイプごとにクエリを実行できる個々のメトリクスをリストし、説明します。

キャンペーンのアプリケーションメトリクス

次の表に、Amazon Pinpoint プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンのパフォーマンスを評価するためにクエリできる標準アプリケーションメトリクスのリストと説明を示します。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のアプリケーションメトリクスリソースを使用します。表の kpi-name 列は、クエリの kpi-name パラメータに使用する値を示しています。

メトリクス Kpi-name 説明

配信率

successful-delivery-rate

プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンで、受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、プロジェクトのすべてのキャンペーンによって送信され、受信者に配信されたメッセージ数を、それらすべてのキャンペーンによって送信されたメッセージ数で割ったものとして計算されます。

日付別にグループ化された配信率

successful-delivery-rate-grouped-by-date

プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンについて、指定された日付範囲内で毎日、受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、プロジェクトのすべてのキャンペーンによって送信され、受信者に配信されたメッセージの数を、指定された日付範囲内の日ごとのそれらのすべてのキャンペーンによって送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

E メールのオープン率

email-open-rate

プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンについて、受信者によって開かれた E メールメッセージの割合。

このメトリクスは、プロジェクトのすべてのキャンペーンによって送信され、受信者に配信された E メールメッセージの数を、それらすべてのキャンペーンによって送信された E メールメッセージの数で割ったものとして計算されます。

キャンペーンでグループ化された E メールのオープン率

email-open-rate-grouped-by-campaign

プロジェクトに関連付けられている各キャンペーンについて、受信者によって開かれた E メールメッセージの割合。

このメトリクスは、プロジェクトのすべてのキャンペーンによって送信され、受信者によって開かれた E メールメッセージの数を、キャンペーンによって送信され、受信者に配信された E メールメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン ID (CampaignId) でグループ化されますが、これはキャンペーンを一意に識別する文字列です。

エンドポイントの配信

unique-deliveries

プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンについて、メッセージが配信された一意のエンドポイントの数。

キャンペーンでグループ化された配信エンドポイント

unique-deliveries-grouped-by-campaign

プロジェクトに関連付けられている各キャンペーンについて、メッセージが配信された一意のエンドポイントの数

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン ID (CampaignId) でグループ化されますが、これはキャンペーンを一意に識別する文字列です。

日付別にグループ化されたされた配信エンドポイント

unique-deliveries-grouped-by-date

プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンについて、指定された日付範囲の各日にメッセージが配信された一意のエンドポイントの数。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

キャンペーンでグループ化された配信されたメッセージ

successful-deliveries-grouped-by-campaign

プロジェクトに関連付けられている各キャンペーンについて、受信者受信者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスは、キャンペーンによって送信されたメッセージの数から、キャンペーンによって送信され、ハードバウンスのために受信者に配信できなかったメッセージの数を引いたものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン ID (CampaignId) でグループ化されますが、これはキャンペーンを一意に識別する文字列です。

プッシュオープン率

push-open-rate

プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンについて、受信者によって開かれたプッシュ通知の割合です。

このメトリクスは、プロジェクトのすべてのキャンペーンによって送信され、受信者によって開かれたプッシュ通知の数を、それらすべてのキャンペーンによって送信され、受信者に配信されたプッシュ通知の数で割ったものとして計算されます。

キャンペーンでグループ化されたプッシュオープン率

push-open-rate-grouped-by-campaign

プロジェクトに関連付けられている各キャンペーンについて、受信者によって開かれたプッシュ通知の割合です。

このメトリクスは、キャンペーンによって送信され、受信者によって開かれたプッシュ通知の数を、キャンペーンによって送信され、受信者に配信されたプッシュ通知の数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン ID (CampaignId) でグループ化されますが、これはキャンペーンを一意に識別する文字列です。

トランザクション E メールメッセージのアプリケーションメトリクス

次の表に、Amazon Pinpoint プロジェクトに関連付けられているすべてのトランザクション E メールメッセージの傾向をモニタリングするためにクエリできる標準アプリケーションメトリクスのリストと説明を示します。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のアプリケーションメトリクスリソースを使用します。表の kpi-name 列は、クエリの kpi-name パラメータに使用する値を示しています。

これらのメトリクスは、キャンペーンによって送信された E メールメッセージに関するデータを提供しないことに注意してください。トランザクション E メールメッセージに関するデータのみを提供します。1 つ以上のキャンペーンによって送信されたメッセージのデータをクエリするには、キャンペーンのキャンペーンメトリクスまたはアプリケーションメトリクスを使用します。

メトリクス Kpi-name 説明

クリック数

txn-emails-clicked

受信者がメッセージのリンクをクリックした回数。1 人の受信者がメッセージ内の複数のリンクをクリックするか、同じリンクを複数回クリックした場合は、それぞれのクリックはカウントされます。

日付別にグループ化されたクリック数

txn-emails-clicked-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に受信者がメッセージのリンクをクリックした回数。1 人の受信者がメッセージ内の複数のリンクをクリックするか、同じリンクを複数回クリックした場合は、それぞれのクリックはカウントされます。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

Complaint rate

txn-emails-complaint-rate

受信者によって未承諾または不要な E メールとして報告されたメッセージの割合。

このメトリクスは、受信者によって未承諾または不要な E メールとして報告されたメッセージの数を、送信されたメッセージ数で除算して計算されます。

日付別にグループ化された苦情率

txn-emails-complaint-rate-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に受信者によって未承諾または不要な E メールとして報告されたメッセージの割合。

このメトリクスは、指定された日付範囲の各日に受信者によって未承諾または不要な E メールとして報告されたメッセージの数を、送信されたメッセージ数で除算して計算されます。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

苦情

txn-emails-with-complaints

受信者によって未承諾または不要な E メールとして報告されたメッセージの数。

日付別にグループ化された苦情

txn-emails-with-complaints-grouped-by-date

受信者によって未承諾または不要な E メールとして報告されたメッセージのうち、指定した日付範囲の各日の数。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

配信数

txn-emails-delivered

受信者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスは、送信されたメッセージ数から、ソフトバウンス、ハードバウンス、または拒否されたために配信できなかったメッセージの数を引いた数として計算されます。Amazon Pinpoint がメッセージにマルウェアが含まれていると判断した場合、メッセージは拒否されます。Amazon Pinpoint は、拒否されたメッセージを送信しません。

日付別にグループ化された配信数

txn-emails-delivered-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に受信者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスは、指定された日付範囲の各日に、送信されたメッセージの数から、ソフトバウンス、ハードバウンス、または拒否されたために配信できなかったメッセージの数を引いた数として計算されます。Amazon Pinpoint がメッセージにマルウェアが含まれていると判断した場合、メッセージは拒否されます。Amazon Pinpoint は、拒否されたメッセージを送信しません。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

配信率

txn-emails-delivery-rate

受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、受信者に配信されたメッセージの数を、送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

日付別にグループ化された配信率

txn-emails-delivery-rate-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、受信者に配信されたメッセージの数を、送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

ハードバウンス

txn-emails-hard-bounced

ハードバウンスのために受信者に配信できなかったメッセージの数。ハードバウンスは、永続的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、受信者の E メールアドレスが存在しない場合などに発生します。

日付別にグループ化されたハードバウンス

txn-emails-hard-bounced-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に、ハードバウンスのために受信者に配信できなかったメッセージの数。ハードバウンスは、永続的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、受信者の E メールアドレスが存在しない場合などに発生します。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

開封数

txn-emails-opened

受信者によって開封されたメッセージの数。

日付別にグループ化された開封数

txn-emails-opened-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に、受信者によって開封されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

送信数

txn-emails-sent

送信されたメッセージの数。

日付別にグループ化された送信数

txn-emails-sent-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に送信されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

ソフトバウンス

txn-emails-soft-bounced

ソフトバウンスのために受信者に配信できなかったメッセージの数。ソフトバウンスは、一時的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、受信者の受信トレイが満杯である場合や受信サーバーが一時的に使用できない場合などに発生します。

日付別にグループ化されたソフトバウンス

txn-emails-soft-bounced-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に、ソフトバウンスのために受信者に配信できなかったメッセージの数。ソフトバウンスは、一時的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、受信者の受信トレイが満杯である場合や受信サーバーが一時的に使用できない場合などに発生します。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

一意のユーザークリックイベント

txn-emails-unique-clicks

メッセージ内のリンクをクリックした一意の受信者 (エンドポイント) の数。

[クリック数] メトリクスとは異なり、このメトリクスは発生したクリックイベントの数ではなく、リンクをクリックした一意の受信者の数を報告します。例えば、1 人の受信者が同じメッセージ内の複数のリンクをクリックした場合や、同じリンクを複数回クリックした場合、このメトリクスはその受信者に対して 1 つのクリックイベントのみを報告します。

日付別にグループ化された一意のユーザークリックイベント

txn-emails-unique-clicks-grouped-by-date

指定した日付範囲の各日にメッセージ内のリンクをクリックした一意の受信者 (エンドポイント) の数。

[日付別にグループ化されたクリック数] とは異なり、このメトリクスは、発生したクリックイベントの数ではなく、リンクをクリックした一意の受信者の数を報告します。例えば、1 人の受信者が同じメッセージ内の複数のリンクをクリックした場合や、同じリンクを複数回クリックした場合、このメトリクスはその受信者に対して 1 つのクリックイベントのみを報告します。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

一意のユーザー開封イベント

txn-emails-unique-opens

メッセージを開いた一意の受信者 (エンドポイント) の数。

[開封] メトリクスとは異なり、このメトリクスは発生した開封イベントの数ではなく、メッセージを開封した一意の受信者の数を報告します。例えば、1 人の受信者が同じメッセージを複数回開封した場合、このメトリクスはその受信者の開封イベントを 1 つだけ報告します。

日付別にグループ化された一意のユーザー開封イベント

txn-emails-unique-opens-grouped-by-date

指定した日付範囲の各日にメッセージを開封した一意の受信者 (エンドポイント) の数。

[日付別にグループ化された開封] メトリクスとは異なり、このメトリクスは発生した開封イベントの数ではなく、メッセージを開封した一意の受信者の数を報告します。例えば、1 人の受信者が同じメッセージを複数回開封した場合、このメトリクスはその受信者の開封イベントを 1 つだけ報告します。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

トランザクション SMS メッセージのアプリケーションメトリクス

次の表に、Amazon Pinpoint プロジェクトに関連付けられているすべてのトランザクション SMS メッセージの傾向をモニタリングするためにクエリできる標準アプリケーションメトリクスのリストと説明を示します。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のアプリケーションメトリクスリソースを使用します。表の kpi-name 列は、クエリの kpi-name パラメータに使用する値を示しています。

これらのメトリクスは、キャンペーンによって送信された SMS メッセージに関するデータは提供しないことに注意してください。トランザクション SMS メッセージに関するデータのみを提供します。1 つ以上のキャンペーンによって送信されたメッセージのデータをクエリするには、キャンペーンのキャンペーンメトリクスまたはアプリケーションメトリクスを使用します。

メトリクス Kpi-name 説明

国別にグループ化された平均価格

txn-sms-average-price-grouped-by-country

各メッセージの送信先の国または地域ごとのメッセージ送信の平均コスト。価格は、米国セントの 1000 分の 1 で示されます。例えば、この属性の値が 645 の場合、メッセージの送信に 0.645¢ が課金されます (645 / 1000 = 0.645¢ = 0.00645 USD)。

このメトリクスは、各国または地域の受信者に送信されたすべてのメッセージの合計コストを、それぞれの国および地域の受信者に送信されたメッセージ数で割って計算されます。

このメトリクスのクエリ結果は、国または地域ごとに ISO 3166-1 alpha-2 形式でグループ化されます。

国別にグループ化されたメッセージパートあたりの平均価格

txn-sms-average-price-by-parts-grouped-by-country

各メッセージの送信先の国または地域ごとのメッセージパート送信の平均コスト。メッセージ部分は SMS メッセージの一部です。価格は、米国セントの 1000 分の 1 で示されます。例えば、この属性の値が 645 の場合、メッセージの送信に 0.645¢ が課金されます (645 / 1000 = 0.645¢ = 0.00645 USD)。

このメトリクスは、各国または地域の受信者に送信されたすべてのメッセージパートの合計コストを、それぞれの国および地域の受信者に送信されたメッセージ数で割って計算されます。

このメトリクスのクエリ結果は、国または地域ごとに ISO 3166-1 alpha-2 形式でグループ化されます。

配信数

txn-sms-delivered

受信者に配信されたメッセージの数。

国別にグループ化された配信数

txn-sms-delivered-grouped-by-country

メッセージの送信先の国または地域ごとに、受信者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリ結果は、国または地域ごとに ISO 3166-1 alpha-2 形式でグループ化されます。

日付別にグループ化された配信数

txn-sms-delivered-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に受信者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

配信エラー数

txn-sms-error-distribution

発生したエラーのタイプごとに、メッセージの配信中にエラーが発生した回数。

このメトリクスのクエリ結果は、発生したエラーのタイプごとにエラーコードごとにグループ化されます。

配信率

txn-sms-delivery-rate

受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、受信者に配信されたメッセージの数を、送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

日付別にグループ化された配信率

txn-sms-delivery-rate-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、受信者に配信されたメッセージの数を、送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

配信されたメッセージパート

txn-sms-delivered-by-parts

参加者に配信されたメッセージパートの数。メッセージパートは、SMS メッセージの一部です。SMS のメッセージに使われている文字数が SMS プロトコルで許可されている文字数を超える場合、Amazon Pinpoint は送信可能な文字数でメッセージを分割し、受信者にメッセージを送信します。

国別にグループ化された配信されたメッセージパート

txn-sms-delivered-by-parts-grouped-by-country

メッセージの送信先の国または地域ごとに、受信者に配信されたメッセージパートの数。メッセージパートは、SMS メッセージの一部です。

このメトリクスのクエリ結果は、国または地域ごとに ISO 3166-1 alpha-2 形式でグループ化されます。

送信されたメッセージパート

txn-sms-sent-by-parts

送信されたメッセージパートの数。メッセージパートは、SMS メッセージの一部です。SMS のメッセージに使われている文字数が SMS プロトコルで許可されている文字数を超える場合、Amazon Pinpoint は送信可能な文字数でメッセージを分割し、受信者にメッセージを送信します。

国別にグループ化された送信済みメッセージパート

txn-sms-sent-by-parts-grouped-by-country

メッセージの送信先の国または地域ごとに、送信されたメッセージパートの数。メッセージパートは、SMS メッセージの一部です。

このメトリクスのクエリ結果は、国または地域ごとに ISO 3166-1 alpha-2 形式でグループ化されます。

送信されたメッセージ

txn-sms-sent

送信されたメッセージの数。

国別にグループ化された送信済みメッセージ

txn-sms-sent-grouped-by-country

メッセージの送信先の国または地域ごとに、送信されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリ結果は、国または地域ごとに ISO 3166-1 alpha-2 形式でグループ化されます。

日付別にグループ化された送信済みメッセージ

txn-sms-sent-grouped-by-date

指定された日付範囲の各日に送信されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

国別にグループ化された合計価格

txn-sms-total-price-grouped-by-country

メッセージの送信先の国または地域ごとのメッセージ送信の合計コスト。価格は、米国セントの 1000 分の 1 で示されます。例えば、この属性の値が 645 の場合、メッセージの送信に 0.645¢ が課金されます (645 / 1000 = 0.645¢ = 0.00645 USD)。

このメトリクスのクエリ結果は、国または地域ごとに ISO 3166-1 alpha-2 形式でグループ化されます。

キャンペーンに関するメトリクス

次の表に、個々のキャンペーンのパフォーマンスを評価するためにクエリできる標準的なキャンペーンメトリクスのリストと説明を示します。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のキャンペーンメトリクスのリソースを使用います。表の kpi-name 列は、クエリの kpi-name パラメータに使用する値を示しています。

メトリクス Kpi-name 説明

バウンス率

hard-bounce-rate

すべてのキャンペーンの実行において、受信者に配信できなかった E メールメッセージの割合。このメトリクスでは、ハードバウンスのみ計測されます。つまり、受信者の E メールアドレスに、メッセージを配信できない永続的な問題があるメッセージを指します。

このメトリクスは、すべてのキャンペーンの実行によって送信され、バウンスされた E メールメッセージの数を、それらすべてのキャンペーンの実行によって送信された E メールメッセージの数で割ったものとして計算されます。

キャンペーンの実行によってグループ化されたバウンス率

hard-bounce-rate-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者に配信できなかった E メールメッセージの割合。このメトリクスでは、ハードバウンスのみ計測されます。つまり、受信者の E メールアドレスに、メッセージを配信できない永続的な問題があるメッセージを指します。

このメトリクスは、キャンペーンの実行によって送信され、バウンスされた E メールメッセージの数を、キャンペーンの実行によって送信された E メールメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

配信率

successful-delivery-rate

すべてのキャンペーンの実行において、受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、すべてのキャンペーンの実行によって送信され、受信者に配信されたメッセージの数を、それらすべてのキャンペーンの実行によって送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

キャンペーンの実行によってグループ化された配信率

successful-delivery-rate-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、キャンペーンの実行によって送信され、受信者に配信されたメッセージの数を、それらすべてのキャンペーンの実行によって送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

日付別にグループ化された配信率

successful-delivery-rate-grouped-by-date

すべてのキャンペーンの実行について、指定された日付範囲の各日中に受信者に配信されたメッセージの割合。

このメトリクスは、すべてのキャンペーンの実行によって送信され、受信者に配信されたメッセージの数を、指定された日付範囲の日ごとのそれらのすべてのキャンペーンによって送信されたメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

E メールのオープン率

email-open-rate

すべてのキャンペーンの実行において、受信者によって開かれた E メールメッセージの割合。

このメトリクスは、すべてのキャンペーンの実行によって送信され、受信者によって開かれた E メールメッセージの数を、それらすべてのキャンペーンの実行によって送信され、受信者に配信された E メールメッセージの数で割ったものとして計算されます。

キャンペーンの実行によってグループ化された E メールのオープン率

email-open-rate-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者によって開かれた E メールメッセージの割合。

このメトリクスは、キャンペーンの実行によって送信され、受信者によって開かれた E メールメッセージの数を、キャンペーンの実行によって送信され、受信者に配信された E メールメッセージの数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

キャンペーンの実行によってグループ化され、開かれた E メール

direct-email-opens-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者によって開かれた E メールメッセージの数

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

エンドポイントの配信

unique-deliveries

すべてのキャンペーンの実行において、メッセージが配信された一意のエンドポイントの数。

キャンペーンの実行によってグループ化されたエンドポイント配信

unique-deliveries-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、メッセージが配信された一意のエンドポイントの数。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

日付別にグループ化されたされた配信エンドポイント

unique-deliveries-grouped-by-date

すべてのキャンペーンの実行について、指定された日付範囲の各日にメッセージが配信された一意のエンドポイントの数。

このメトリクスのクエリの結果は、拡張 ISO 8601 形式で、暦日ごとにグループ化されています。

キャンペーンの実行によってグループ化され、クリックされたリンク

clicks-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者がE メールメッセージ内のリンクをクリックした回数。1 人の受信者がメッセージ内の複数のリンクをクリックするか、同じリンクを複数回クリックした場合は、それぞれのクリックはカウントされます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

キャンペーンの実行によってグループ化され、配信されたメッセージ

successful-deliveries-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスは、キャンペーンによって送信されたメッセージの数を、キャンペーンの実行によって送信されたメッセージの数から、キャンペーンによって送信され、ハードバウンスのために実行の受信者に配信できなかったメッセージの数を引いたものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

キャンペーンの実行によってグループ化され、送信されたメッセージ

attempted-deliveries-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、送信されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

プッシュオープン率

push-open-rate

すべてのキャンペーンの実行において、受信者によって開かれたプッシュ通知の割合。

このメトリクスは、すべてのキャンペーンの実行によって送信され、受信者によって開かれたプッシュ通知の数を、それらすべてのキャンペーンの実行によって送信され、受信者に配信されたプッシュ通知の数で割ったものとして計算されます。

キャンペーンの実行によってグループ化されたプッシュオープン率

push-open-rate-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者によって開かれたプッシュ通知の割合。

このメトリクスは、キャンペーンの実行によって送信され、受信者によって開かれたプッシュ通知の数を、キャンペーンの実行によって送信され、受信者に配信されたプッシュ通知の数で割ったものとして計算されます。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

キャンペーンの実行によってグループ化され、開かれたプッシュの合計

direct-push-opens-grouped-by-campaign-activity

各キャンペーンの実行において、受信者によって開かれたプッシュ通知の数。

このメトリクスのクエリ結果はキャンペーン アクティビティ ID (CampaignActivityId) でグループ化されますが、これはキャンペーンの実行を一意に識別する文字列です。

SMS 使用量の合計 sms-spend すべてのキャンペーンで送信された SMS の合計金額 (ミリセント)。

ジャーニーエンゲージメントメトリクス

次の表は、ジャーニーによって送信されたすべての E メールメッセージの傾向を監視するためにクエリを実行できる標準的な Amazon Pinpoint ジャーニーのエンゲージメントメトリクスの一覧と説明です。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のジャーニーエンゲージメントメトリクスのリソースを使用います。表の kpi-name 列は、クエリの kpi-name パラメータに使用する値を示しています。

メトリクス Kpi-name 説明

クリック数

journey-emails-clicked

参加者がメッセージのリンクをクリックした回数。1 人の参加者がメッセージ内の複数のリンクをクリックするか、同じリンクを複数回クリックした場合は、それぞれのクリックはカウントされます。

アクティビティ別にグループ化されたクリック数

emails-clicked-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、参加者がメッセージ内のリンクをクリックした回数。1 人の参加者がメッセージ内の複数のリンクをクリックするか、同じリンクを複数回クリックした場合は、それぞれのクリックはカウントされます。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

苦情

journey-emails-complained

参加者によって未承諾または不要な E メールとして報告されたメッセージの数。

アクティビティ別にグループ化された苦情

emails-complained-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、参加者が未承諾または不要なメールとして報告されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

配信数

journey-emails-delivered

参加者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスは、送信されたメッセージ数から、ソフトバウンス、ハードバウンス、または拒否されたために配信できなかったメッセージの数を引いた数として計算されます。

アクティビティ別にグループ化された配信数

emails-delivered-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、参加者に配信されたメッセージの数。

このメトリクスは、ジャーニーの各アクティビティに、送信されたメッセージの数から、ソフトバウンス、ハードバウンス、または拒否されたために配信できなかったメッセージの数を引いた数として計算されます。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

ハードバウンス

journey-emails-hardbounced

ハードバウンスのために参加者に配信できなかったメッセージの数。ハードバウンスは、永続的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、参加者の E メールアドレスが存在しない場合などに発生します。

アクティビティ別にグループ化されたハードバウンス数

emails-hardbounced-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、ハードバウンスのために参加者に配信できなかったメッセージの数。ハードバウンスは、永続的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、参加者の E メールアドレスが存在しない場合などに発生します。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

開封数

journey-emails-opened

参加者によって開封されたメッセージの数。

アクティビティ別にグループ化された開封数

emails-opened-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、参加者によって開封されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

拒否数

journey-emails-rejected

参加者が拒否されたために参加者に送信されなかったメッセージの数。Amazon Pinpoint がメッセージにマルウェアが含まれていると判断した場合、メッセージは拒否されます。Amazon Pinpoint は、拒否されたメッセージを送信しません。

アクティビティ別にグループ化された拒否数

emails-rejected-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、拒否されたために参加者に送信されなかったメッセージの数。Amazon Pinpoint がメッセージにマルウェアが含まれていると判断した場合、メッセージは拒否されます。Amazon Pinpoint は、拒否されたメッセージを送信しません。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

送信数

journey-emails-sent

送信されたメッセージの数。

アクティビティ別にグループ化された送信数

emails-sent-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、送信されたメッセージの数。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

ソフトバウンス

journey-emails-softbounced

ソフトバウンスのために参加者に配信できなかったメッセージの数。ソフトバウンスは、一時的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、参加者の受信トレイが満杯である場合や受信サーバーが一時的に使用できない場合などに発生します。

アクティビティ別にグループ化されたソフトバウンス数

emails-softbounced-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、ソフトバウンスのために参加者に配信できなかったメッセージの数。ソフトバウンスは、一時的な問題によってメッセージが配信されない場合に発生します。例えば、参加者の受信トレイが満杯である場合や受信サーバーが一時的に使用できない場合などに発生します。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

サブスクリプション解除数

journey-emails-unsubscribed

参加者がメッセージ内のサブスクリプション解除リンクをクリックした回数。1 人の参加者が同じサブスクリプション解除リンクを複数回クリックした場合、各クリックはカウントに含まれます。

アクティビティ別にグループ化されたサブスクリプション解除数

emails-unsubscribed-grouped-by-journey-activity

ジャーニーの各アクティビティについて、参加者がメッセージ内のサブスクリプション解除リンクをクリックした回数。1 人の参加者が同じサブスクリプション解除リンクを複数回クリックした場合、各クリックはカウントに含まれます。

このメトリクスのクエリ結果は、アクティビティ ID (JourneyActivityId) でグループ化されますが、これはアクティビティを一意に識別する文字列です。

ジャーニー実行メトリクス

次の表に、Amazon Pinpoint ジャーニー参加者のステータスを評価するためにクエリできる標準的な実行メトリクスのリストと説明を示します。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のジャーニー実行メトリクスのリソースを使用います。テーブルの [フィールド] 列には、各メトリクスのクエリ結果に表示されるフィールドの名前が表示されます。

メトリクス フィールド 説明

アクティブな参加者

ENDPOINT_ACTIVE

ジャーニーのアクティビティを積極的に進めている参加者の数。

このメトリクスは、ジャーニーを開始した参加者数から、ジャーニーを離れた参加者数およびジャーニーから削除された参加者数を引いたものとして計算されます。

参加者のキャンセル

CANCELLED

ジャーニーがキャンセルされたためにジャーニーを完了しなかった参加者の数。

参加者の出発

ENDPOINT_LEFT

ジャーニーを離れた参加者の数。

参加者のエントリ

ENDPOINT_ENTERED

ジャーニーを開始した参加者の数。

参加者の例外、再エントリ制限

REENTRY_CAP_EXCEEDED

1 人の参加者がジャーニーに再エントリすることができる最大回数を超えたため、ジャーニーを完了しなかった参加者の数。

参加者の例外、拒否

ACTIVE_ENDPOINT_REJECTED

ジャーニーのすでにアクティブな参加者であるため、そのジャーニーを開始できない参加者の数。

参加者がジャーニーを開始し、その後、お客様がセグメント(セグメント条件に基づく)またはジャーニー(アクティビティ条件に基づく)に参加者を含めるように、参加者のエンドポイント定義を更新した場合、参加者は拒否されます。

ジャーニーアクティビティ実行メトリクス

次の表に、Amazon Pinpoint ジャーニーの個々のアクティビティのタイプごとの参加者のステータスを評価するためにクエリできる標準的な実行メトリクスのリストと説明を示します。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のジャーニーアクティビティ実行メトリクスのリソースを使用います。表のメトリクス列には、アクティビティのタイプごとにクエリ結果に表示されるフィールドが一覧表示されます。また、各フィールドの簡単な説明も示します。

アクティビティタイプ メトリクス

はい/いいえ分割 (CONDITIONAL_SPLIT)

メトリクスは次のとおりです。

  • Branch_FALSE – アクティビティの条件を満たさず、「いいえ」パスのアクティビティに進んだ参加者の数。

  • Branch_TRUE – アクティビティの条件を満たし、「はい」パスのアクティビティに進んだ参加者の数。

パスごとにアクティビティに追加のメトリクスを使用できます。これらのメトリクスについては、このテーブルのそのタイプのアクティビティの行を参照してください。

ホールドアウト (HOLDOUT)

メトリクスは次のとおりです。

  • HOLDOUT – アクティビティのホールドアウト率の一部としてジャーニーから削除された参加者の数。

  • PASSED – ジャーニーの次のアクティビティに進んだ参加者の数。

E メール (MESSAGE)

メトリクスは次のとおりです。

  • DAILY_CAP_EXCEEDED – 1 人の参加者が 24 時間内に受信できるメッセージの最大数を超えたために送信されなかったメッセージの数。

  • FAILURE_PERMANENT – 永続的な問題のために送信されなかったメッセージの数。

  • QUIET_TIME – 参加者のタイムゾーンのクワイエットタイム内に配信されたために送信されなかったメッセージの数。

  • SERVICE_FAILURE – Amazon Pinpoint の問題により送信されなかったメッセージの数。

  • SUCCESS – 参加者に正常に配信されたメッセージの数。

  • THROTTLED – メッセージの送信時、Amazon Pinpoint アカウントの送信クォータを超えたため送信されなかったメッセージの数。

  • TRANSIENT_FAILURE – 一時的な問題のために送信されなかったメッセージの数。

  • UNKNOWN – 不明な問題が原因で送信されなかったメッセージの数。

多変量分割 (MULTI_CONDITIONAL_SPLIT)

アクティビティのパス別に、そのパスのアクティビティに進んだ参加者の数。

このメトリクスのクエリ結果は、パス Branch_# でグループ化されます。# はパスの数値識別子です。例えば、アクティビティの最初のパスは Branch_1 です。

パスごとにアクティビティに追加のメトリクスを使用できます。これらのメトリクスについては、このテーブルのそのタイプのアクティビティの行を参照してください。

ランダム分割 (RANDOM_SPLIT)

アクティビティのパス別に、そのパスのアクティビティに進んだ参加者の数。

このメトリクスのクエリ結果は、パス Branch_# でグループ化されます。# はパスの数値識別子です。例えば、アクティビティの最初のパスは Branch_1 です。

パスごとにアクティビティに追加のメトリクスを使用できます。これらのメトリクスについては、このテーブルのそのタイプのアクティビティの行を参照してください。

待機 (WAIT)

メトリクスは次のとおりです。

  • WAIT_FINISHED – 指定した時間待機を終了した参加者の数。

  • WAIT_SKIPPED – 指定した時間まで待機しなかった参加者の数。通常、アクティビティの予定終了時刻以降にアクティビティまたはジャーニーを開始したためです。

  • WAIT_STARTED – 待機を開始し、指定された時間だけスキップしていないか、待機を終了していない参加者の数。

コンタクトセンター (CONTACT_CENTER)

メトリクスは次のとおりです。

  • CALL_QUEUED – ダイヤルインして Amazon Connect のキューに入れられた参加者の数。リダイヤル試行が含まれます。

  • CONTINUE_WAITING – ダイヤル試行が実行されるまで待ち続ける参加者の数。

  • DIAL_FAILURE – ダイヤル試行が失敗した参加者の数。

  • DROPPED – 送信時点で、以前のジャーニーアクティビティで定義された条件を満たさなくなっている参加者の数。

  • TIMEOUT – 数回のダイヤル試行後に Amazon Connect 処理コードを受け取らなかった参加者の数。

  • WAIT_FINISHED – 指定した時間待機を終了した参加者の数。

  • WAIT_FOR_QUIET_HOURS – チャネルに配信するために、クワイエットタイムが終了するのを待っている参加者の数。

  • WAIT_STARTED – 待機を開始し、指定された時間だけスキップしていないか、待機を終了していない参加者の数。

ジャーニーおよびキャンペーン実行メトリクス

Amazon Pinpoint ジャーニーまたはキャンペーンの個々のアクティビティのタイプごとに参加者のステータスを評価するために、標準的な実行メトリクスをクエリできます。これらのメトリクスのデータをクエリするには、Amazon Pinpoint API のジャーニーアクティビティ実行メトリクスまたはキャンペーンメトリクスのリソースを使用します。次の表は、アクティビティのタイプごとにクエリ結果に表示されるフィールドを示しています。

メトリクス名 ジャーニー、キャンペーン、またはその両方に適用 説明
ENDPOINT_PRODUCED 両方 フィルタリング前にセグメントまたはイベントから最初に生成されたエンドポイントの数。
ENDPOINTS_FROM_USER 両方 カスタマーがユーザー ID のみのセグメントを持っている場合は、そのユーザーのすべてのエンドポイントが追加されます。このメトリクスでは、この方法で追加されたエンドポイントの数が測定されます。
ENDPOINT_OPT_OUT 両方 エンドポイントはオプトアウトされており、キャンペーンやジャーニーにエントリしませんでした。
ENDPOINT_INACTIVE 両方 エンドポイントは非アクティブになっており、キャンペーンやジャーニーにエントリしませんでした。
FILTERED_OUT_BY_SEGMENT 両方 エンドポイントはセグメントフィルターに一致しておらず、キャンペーンやジャーニーにエントリしませんでした。
ENDPOINT_MISSING_ADDRESS 両方 エンドポイントに住所が見当たらず、キャンペーンやジャーニーにエントリしませんでした。
ENDPOINT_MISSING_CHANNEL 両方 エンドポイントにチャネルが見当たらず、キャンペーンやジャーニーにエントリしませんでした。
ENDPOINT_MISSING_TIMEZONE 両方 エンドポイントにタイムゾーンの値が見当たらず、除外されました。これはタイムゾーンの値が必要な場合にのみ発生します。
ENDPOINT_TIMEZONE_MISMATCH 両方 エンドポイントは、その時点で実行対象に含まれていなかったタイムゾーンにありました。
ENDPOINT_CHANNEL_MISMATCH キャンペーン キャンペーンには、このエンドポイントのチャネルタイプ用のメッセージが設定されていません。
DUPLICATE_ENDPOINT 両方 重複するエンドポイントが見つかり、重複除外されました。
DUPLICATE_USER 両方 重複するユーザーが見つかり、ユーザー ID のみのセグメントから重複除外されました。ユーザー ID が同じ場合、メトリクス 1 が出力されます。
PAUSED ジャーニー ジャーニーが一時停止されたため、実行対象から削除されました。
ENDED ジャーニー ジャーニーが終了したため、実行対象から削除されました。
TREATMENT_HOLDOUT キャンペーン これは、コホートが現在の処理と一致しないエンドポイントについて、A/B キャンペーンで出力されます。例えば、A/B を 50/50 に分割した場合、エンドポイントの 50% が各処理でこのメトリクスを出力します。
ENDPOINT_ESTIMATED_TIMEZONE ジャーニー タイムゾーン推定により、エンドポイントのタイムゾーンを推定できました。