インストールの前提条件 - Amazon Polly

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インストールの前提条件

AWS for WordPress プラグインを使用するには、AWS アカウント、AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、WordPress ウェブサイトが必要です。

AWS アカウントを作成する

既に AWS アカウントがある場合、このセクションは省略できます。それ以外の場合は、作成します。

AWS アカウントを作成するには

  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力することが求められます。

IAM ユーザーの作成

AWS for WordPress プラグインを使用するには、プラグインの IAM ユーザーを作成する必要があります。IAM ユーザーは、AWS のサービスに対して API コールを実行する許可がある、AWS アカウント内のユーザーまたはアプリケーションです。

注記

WordPress.com を使用せず、代わりに Amazon EC2 にセルフホスト型の WordPress ウェブサイトがある場合は、IAM ユーザーの代わりに IAM ロールを使用できます。詳細については、Amazon EC2 ユーザーガイドの「Amazon EC2 の IAM ロール」を参照してください。

次の手順では、IAM ポリシーを作成して IAM ユーザーにアタッチする手順について説明します。IAM ポリシーは、ユーザーに適用されるアクセス許可を定義したドキュメントです。

IAM ユーザーを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして、IAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/iam/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ポリシー] を選択します。次に、[ポリシーの作成] を選択します。

  3. [JSON] を選択します。

  4. ポリシーテキストボックス内をすべて削除し、テキストボックスに次の JSON ポリシーを貼り付けるか入力します。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "acm:DeleteCertificate", "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "aws:RequestedRegion": "us-east-1" } } } ] }
  5. [ポリシーの確認] を選択します。

  6. [ポリシーの確認] ページで、以下の作業を行います。

    1. 名前AWSForWordPressDeleteCert と入力します。

    2. [Create policy] を選択します。

  7. ナビゲーションペインで [ユーザー] を選択します。[Add user (ユーザーの追加)] を選択します。

  8. [ユーザーの詳細の設定] ページで、次の操作を行います。

    1. [User name (ユーザー名)] に「AWSForWordPressPlugin」と入力します。

    2. [Access type (アクセスの種類)] には、[Programmatic access (プログラムによるアクセス)] を選択します。

    3. [Next: Permissions (次へ: アクセス許可)] を選択します。

  9. [アクセス許可を設定] ページで、以下を実行します。

    1. [Attach existing policies directly (既存のポリシーを直接添付する)] を選択します。

    2. 検索ボックスに WordPress と入力し、[AWSForWordPressPolicy] および [AWSForWordPressDeleteCert] の横にあるチェックボックスをオンにします。両方の WordPress ポリシーのチェックボックスを選択していることを確認します。

      注記

      AWSForWordPressPolicy は、AWS for WordPress プラグインに含まれるすべての機能を使用するアクセス許可をユーザーに付与する AWS 管理ポリシーです。新機能がプラグインに追加されると、AWS は、新機能を使用するために必要なアクセス許可を含めるために、このポリシーを更新します。

    3. [Next: Tags (次へ: タグ)] を選択します。

  10. [Next: Review] を選択します。

  11. [Create user] を選択します。

  12. [Download .csv (.csv のダウンロード)] を選択して、ユーザーの認証情報(アクセスキー ID とシークレットアクセスキー)をコンピュータに保存します。それらは AWS for WordPress プラグインの設定に必要になります。

    重要

    ユーザーのシークレットアクセスキーを保存できるのはこの時のみであるため、必ず今すぐ保存してください。

WordPress ウェブサイトを作成する

すでに WordPress のウェブサイトがある場合は、プラグインをインストールして設定する に進むことができます。

WordPress ウェブサイトをお持ちでない場合は、WordPress.com を使用して作成することができます。AWS for WordPress プラグインを使用するには、WordPress.com Business または eCommerce プランが必要です。

WordPress ソフトウェアは、Amazon Lightsail、Amazon EC2、または別のウェブホスティングプラットフォームを使用して、自分のウェブサーバーにインストールすることもできます。独自の WordPress ウェブサイトをホストするには、WordPress.com を使用するよりも多くのステップが必要であり、ウェブサーバー、ロードバランサー、DNS レコード、および Web サーバー証明書を設定および管理する能力が必要です。

WordPress ウェブサイトを設定する方法に関係なく、AWS for WordPress プラグインを使用する前に、以下のものが必要です。

  • ウェブサイトには独自のドメイン名が必要です。ドメイン名、別名ウェブアドレス または URL(ユニフォームリソースロケーター)は、訪問者がウェブサイトにアクセスするために使用するアドレスです。たとえば、Amazon のドメイン名は amazon.com です。このトピックでは、一般的なドメイン名の例として example.com を使用しますが、ウェブサイトにはカスタムドメイン名が必要です。

  • ウェブサイトは HTTPS を使用して動作する必要があります。これはセキュリティのベストプラクティスであり、プラグインでは、ウェブサイトが HTTPS を使用して動作することを前提としています。確認するには、HTTPS を使用してウェブサイトのアドレス(https://example.com など)に移動し、ウェブサイトが正しく表示されることを確認します。

ウェブサイトにドメイン名があり、HTTPS を使用して動作する場合は、次のセクションに進みます。