ステップ 3.1: AWS Command Line Interface (AWS CLI) を設定する - Amazon Polly

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3.1: AWS Command Line Interface (AWS CLI) を設定する

これらのステップに従って、AWS CLI をダウンロードして設定します。

重要

この演習のステップを実行するために AWS CLI は必要ありません。ただし、このガイドの一部の実習では AWS CLI を使用します。このステップをスキップして ステップ 3.2: AWS CLI を使用した実習の開始 に進み、後で必要になったときに AWS CLI をセットアップできます。

AWS CLI をセットアップする

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの次のトピックを参照してください。

  2. AWS CLI 設定ファイルで管理者ユーザー用の名前付きプロファイルを追加します。AWS CLI コマンドを実行するときに、このプロファイルを使用します。名前付きプロファイルの詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイド名前付きプロファイルを参照してください。

    [profile adminuser] aws_access_key_id = adminuser access key ID aws_secret_access_key = adminuser secret access key region = aws-region

    利用可能な AWS リージョンと Amazon Polly でサポートされているリージョンの一覧については、Amazon Web Services 全般のリファレンスリージョンとエンドポイントを参照してください。

    注記

    AWS CLI を設定するときに指定した Amazon Polly によりサポートされるリージョンを使用する場合、AWS CLI コードの例から以下の行を省略します。

    --region aws-region
  3. コマンドプロンプトで以下のヘルプコマンドを入力して、セットアップを確認します。

    aws help

    有効な AWS コマンドのリストが AWS CLI ウィンドウに表示されます。

AWS CLI で Amazon Polly を有効にするには (オプション)

以前に AWS CLI をダウンロードして設定している場合、AWS CLI を再設定しない限り Amazon Polly を使用できないことがあります。この手順では、この再設定が必要かどうかを確認し、Amazon Polly が自動的に使用できない場合の手順を示します。

  1. AWS CLI コマンドプロンプトで以下のヘルプコマンドを入力して、Amazon Polly が使用できるかどうかを確認します。

    aws polly help

    Amazon Polly の説明と有効なコマンドのリストが AWS CLI ウィンドウに表示される場合、Amazon Polly は AWS CLI で有効になっており、すぐに使用できます。この手順の残りはスキップできます。これが表示されない場合は、ステップ 2 に進みます。

  2. 次の 2 つのオプションのいずれかを使用して Amazon Polly を有効にします。

    1. AWS CLI をアンインストールして再インストールします。

      手順については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドAWS Command Line Interface のインストールを参照してください。

      または

    2. ファイル service-2.json をダウンロードします。

      コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

      aws configure add-model --service-model file://service-2.json --service-name polly
  3. 再度 Amazon Polly が使用できるかどうかを確認します。

    aws polly help

    Amazon Polly の説明が表示されます。

次のステップ

ステップ 3.2: AWS CLI を使用した実習の開始