オブジェクトの Amazon S3 バケットへのアップロード - の AWS ツールPowerShell

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

オブジェクトの Amazon S3 バケットへのアップロード

Write-S3Object コマンドレットでは、ローカルファイルシステムのファイルをオブジェクトとして Amazon S3 バケットにアップロードします。以下の例では、2 つの簡単な HTML ファイルを作成して、Amazon S3 バケットにアップロードし、アップロードされたオブジェクトが存在するかどうかを確認します。-File への Write-S3Object パラメータは、ローカルファイルシステム内のファイルの名前を指定します。-Key パラメータは、Amazon S3 での対応するオブジェクトの名前を指定します。

Amazon は、ファイルの拡張子、この場合、「.html」からオブジェクトのコンテンツタイプを推論します。

PS > # Create the two files using here-strings and the Set-Content cmdlet PS > $index_html = @" >> <html> >> <body> >> <p> >> Hello, World! >> </p> >> </body> >> </html> >> "@ >> PS > $index_html | Set-Content index.html PS > $error_html = @" >> <html> >> <body> >> <p> >> This is an error page. >> </p> >> </body> >> </html> >> "@ >> >>$error_html | Set-Content error.html >># Upload the files to Amazon S3 using a foreach loop >>foreach ($f in "index.html", "error.html") { >> Write-S3Object -BucketName website-example -File $f -Key $f -CannedACLName public-read >> } >> PS > # Verify that the files were uploaded PS > Get-S3BucketWebsite -BucketName website-example IndexDocumentSuffix ErrorDocument ------------------- ------------- index.html error.html

既定 ACL オプション

Tools for Windows PowerShell で既定 ACL を指定するための値は、AWS SDK for .NET によって使用される値と同じです。ただし、Amazon S3Put Object アクションによって使用される値とは異なります。Tools for Windows PowerShell では、次の既定 ACL をサポートしています。

  • NoACL

  • プライベート

  • public-read

  • public-read-write

  • aws-exec-read

  • authenticated-read

  • bucket-owner-read

  • bucket-owner-full-control

  • log-delivery-write

この既定 ACL 設定の詳細については、「アクセスコントロールリスト (ACL) の概要」を参照してください。

マルチパートアップロードに関する注意事項

Amazon S3 API を使用して、5 GB よりも大きいファイルをアップロードする場合、マルチパートアップロードを使用する必要があります。ただし、Tools for Windows PowerShell が提供する Write-S3Object コマンドレットでは、5 GB よりも大きいファイルのアップロードを透過的に処理します。

ウェブサイトをテストする

この時点で、ブラウザを使用して移動することで、ウェブサイトをテストできます。Amazon S3 でホストされる静的ウェブサイトの URL は、標準形式に従います。

http://<bucket-name>.s3-website-<region>.amazonaws.com

例:

http://website-example.s3-website-us-west-1.amazonaws.com

以下の資料も参照してください。