SAS インフラストラクチャ - AWS 規範的ガイダンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SAS インフラストラクチャ

次の図は、SAS Grid Manager のインフラストラクチャコンポーネントを示しています。この図は、エンドユーザー向けの機能を提供する主要コンポーネントや、処理、メモリ、ネットワーク、I/O へのリソース割り当てを計画する際に考慮しなければならない主要コンポーネントを簡略化しています。

SAS Grid infrastructure components (simplified)

  • SAS Metadata Server は、クライアント、サーバー、および中間ソフトウェアコンポーネントが依存する SAS Grid の中央ハブです。ソフトウェアプロセスに関する情報を提供し、リソースに対するユーザー認証と承認を管理し、ユーザーコンテンツを管理します。

  • SAS Web Server は、静的なコラテラル(担保)をホストし、Java 仮想マシン(JVM)内の Web アプリケーションに単一の接点を提供するリバースプロキシとしても機能します。

  • SAS Web Application Servers は、SAS Studio、SAS Environment Manager など、エンドユーザーがアクセスして操作するためのさまざまな Web アプリケーションをホストします。

  • SASは、それぞれのクライアントに特化したコンピュートサーバープロセスを提供しています。

    • SAS Object Spawner は新しい SAS Integrated Object Model (IOM) プロセスを開始します。

    • SAS Workspace Server は、SAS Enterprise Guide や SAS Studio などのお客様専用の分析環境を各ユーザーに提供します。

    • SAS Stored Process Server は、事前定義されたタスク(ストアドプロセス)のための永続的な分析エンジンとして機能します。

    • SAS Grid Control Server は、グリッド上の 1 つ以上のコンピュートノードにジョブを分散します。グリッドコントロールサーバーは、グリッドに割り当てられた作業を行うこともできます。

    • SAS Grid ノード は、グリッドに割り当てられた作業の一部を実行します。

次のアーキテクチャ図は、階ティアまたはインフラストラクチャコンポーネントがどのように相互作用するかを示しています。

SAS Grid infrastructure components (with tiers)

注記

5 つのティアは、類似した種類のコンピューティングタスクを実行し、類似する種類のリソースを必要とするソフトウェアのカテゴリを表しています。これらのティアは、必ずしも個別のコンピューターやコンピューターのグループを表すわけではありません。各ティアの詳細については、以下のリストにある SAS ドキュメントへのリンクを活用してください。

  • データティア — エンタープライズデータを格納します。サードパーティのデータベース管理システム、SAS テーブル、エンタープライズリソースプランニング (ERP) システムテーブル、FSx for Lustre や Amazon S3 などの AWS に特定のストレージサービスに保存されているデータなど、既存のデータアセットをすべて使用できます。

  • サーバーティア — エンタープライズデータに対して SAS 処理を実行します。さまざまなタイプのワークロードや処理強度を処理するために、いくつかの種類の SAS サーバーを使用可能です。このソフトウェアは、複数のクライアントからの情報要求に遅滞なく対応できるように、処理負荷をサーバーリソース間で分散します。

  • メタデータティア — クライアント、サーバー、および中間ソフトウェアコンポーネントは、SAS Grid の中央ハブである SAS メタデータサーバーに依存しています。ソフトウェアプロセスに関する情報を提供し、リソースにアクセスするためのユーザー認証と承認の管理、ユーザーコンテンツの管理を行います。

  • Web ティア — ユーザーが Web ブラウザを使用してインテリジェンスデータや機能にアクセスできるようにします。このティアは、レポートの作成と情報配信のための Web ベースのインターフェースを提供し、分析と処理のリクエストを SAS サーバーに渡します。

  • クライアントティア — 使いやすいインターフェイスを通じて、ユーザーがインテリジェンスのデータや機能にデスクトップからアクセスできるようにします。ほとんどの情報消費者にとって、レポート作成と分析のタスクをウェブブラウザだけで実行できます。より高度な設計や分析タスクでは、SAS クライアントソフトウェアがユーザーのデスクトップにインストールされます。モバイルデバイスのサポートも一部提供されています。