よくある質問 - AWS 規範ガイダンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

よくある質問

注意

2024 年 4 月 30 日現在、VMware Cloud on AWS は AWS またはそのチャネルパートナーによって再販されなくなりました。このサービスは引き続き、Broadcom を通じて利用できます。詳細については、 の AWS 担当者にお問い合わせください。

VM Import/Export のライセンスモデルとは何ですか?

一般に、Microsoft Windows VM イメージを Amazon EC2 にインポートすると、 AWS はインポートされたインスタンスに適した Microsoft Windows Server ライセンスキーを提供します。EC2 インスタンスの時間単位の料金には、Microsoft Windows Server のソフトウェアと基盤となるハードウェアリソースが含まれています。オンプレミスの Microsoft Windows Server ライセンスキーは Amazon EC2 では使用されないため、ライセンスキーをオンプレミス環境の他の Microsoft Windows VM イメージに再利用できます。お客様には、Microsoft との契約条件を遵守する責任があります。

EC2 インスタンスをエクスポートする場合、そのインスタンスの Microsoft Windows Server ライセンスキーへのアクセスは から利用できなくなります AWS。エクスポートした VM イメージがオンプレミス仮想化プラットフォームで起動されたら、そのイメージを再アクティベートして新しいライセンスキーを指定する必要があります。

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) VM イメージをインポートすると、RHEL インスタンスのライセンスポータビリティを利用できます。ライセンスポータビリティを利用する場合、インポートしたインスタンスの RHEL ライセンスを管理する責任はお客様にあります。Red Hat Cloud Access を使用して、インポートしたインスタンスの RHEL ライセンスを管理できます。Red Hat Enterprise Linux の Cloud Access サブスクリプションの詳細については、Red Hat ドキュメントの「Red Hat Cloud Access」を参照してください。

VM Import/Export の一般的な用途は何ですか?

以下の用途で VM Import/Export を使用するお客様が多いです。

  • VMware のアプリケーションとワークロードの Amazon EC2 への移行 — Amazon EC2 でアプリケーションとワークロードを実行しながら、VM Import/Export (Amazon EC2 ドキュメント) を使用してソフトウェアと設定の構成を既存の VM に保持することができます。アプリケーションとワークロードをインポートしたら、同じイメージから複数のインスタンスを実行し、データをバックアップするスナップショットを作成できます。また、AMI とスナップショットコピーを使用して、世界中のアプリケーションとワークロードを複製することもできます。インスタンスのリソース要件が変わると、アプリケーションとワークロードのインスタンスタイプを変更できます。を使用して CloudWatch 、インポートしたアプリケーションとワークロードをモニタリングできます。最後に、Auto Scaling 、Elastic Load Balancing 、およびその他のすべての AWS のサービスを活用して、移行したアプリケーションとワークロードをサポートできます。

  • VM イメージカタログの Amazon EC2 へのコピー — 承認された VM イメージのカタログを使用する場合、VM Import/Export で Amazon EC2 にイメージカタログをコピーして、VM から AMI を作成することができます。すると、その AMI は Amazon EC2 内のイメージカタログとして機能します。また、ウイルス対策ソフトウェアや侵入検知システムなど、既存のソフトウェアを VM イメージと一緒にインポートすることもできます。

  • VM イメージ用のディザスタリカバリリポジトリの作成 — バックアップやディザスタリカバリに備えて、オンプレミスの VM イメージを Amazon EC2 にインポートします。VM Import/Export はインポートしたイメージを Amazon EBS でバックアップされた AMI として保存します。つまり、必要なときにイメージを Amazon EC2 で起動できるということです。不測の事態が発生した場合は、インスタンスをすばやく起動して事業継続性を維持すると同時に、インスタンスをエクスポートしてオンプレミスインフラストラクチャを再構築できます。インスタンスを起動するまでは Amazon EBS 使用料のみをお支払いいただき、その後は実行中のインスタンスに対して標準の Amazon EC2 サービス料金をお支払いいただきます。インスタンスをエクスポートする場合は、Amazon S3 の標準使用料をお支払いいただきます。

VM Import/Export の利用料金はいくらですか?

VM Import/Export は Amazon EC2 の機能であり、追加料金なしでご利用いただけます。標準料金は、Amazon EC2Amazon S3Amazon EBS に適用されます (AWS ドキュメントを参照してください)。インポートとエクスポートのプロセス中にこれらのサービスを使用した場合は、別途料金が請求されます。