TCP オフロードと RSS 設定を無効にする - AWS の規範的ガイダンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

TCP オフロードと RSS 設定を無効にする

SQL ワークロードを実行しているときに、トランスポートレベルのエラーやパケット転送エラーなどのランダムな接続の問題が発生した場合は、TCP オフロードと RSS 設定を無効にすることをお勧めします。

  • TCP オフロード (TCP Chimney オフロード機能) は、TCP/IP パケットの処理をプロセッサからネットワークアダプタにオフロードして、CPU を解放して他のタスクに使用できるようにします。

  • 受信側スケーリング (RSS) は、受信ネットワークトラフィックの処理をマルチプロセッサシステムに分散させるのに役立ちます。ネットワーク処理を CPU 間で効率的に負荷分散します。

現在の設定を確認するには、コマンドプロンプトで、netsh以下のコマンドを実行します。

$ netsh int tcp show global

次の例は、コマンドからの出力例です。この例では、受信側のスケーリング状態とチムニーオフロード状態の両方が無効になっています


          Checking TCP offloading and RSS settings

特定の接続に関するタスクオフロード情報を取得するには、コマンドプロンプトで以下を実行します。

netstat –t

そして、オフロード状態列の値を確認します。

TCP オフロードと RSS を無効にするには、コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

netsh int ip set global taskoffload=disabled netsh int tcp set global chimney=disabled netsh int tcp set global rss=disabled netsh int tcp set global netdma=disabled

これらの設定の詳細については、「」を参照してください。