スキーマを変換する - AWS 規範ガイダンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

スキーマを変換する

データベース移行中の重要なタスクの 1 つは、ソースデータベースエンジンからターゲットデータベースエンジンにスキーマを移行することです。リホストまたはリプラットフォームでは、データベースエンジンは変更しません。これは、同種データベース移行と呼ばれ、ネイティブのデータベースツールを使用してスキーマを移行できます。

ただし、アプリケーションをリアーキテクトする場合、スキーマの変換にはさらに手間がかかる場合があります。この場合、ソースデータベースエンジンとターゲットデータベースエンジンが異なる、異種データベース移行を行うことになります。現在のデータベーススキーマには、ターゲットデータベースエンジンに直接変換できないパッケージや特徴量が使用されている可能性があります。一部の特徴量は別の名前で利用できる場合があります。そのため、スキーマを変換するには、ソースデータベースエンジンとターゲットデータベースエンジンを十分に理解している必要があります。現在のスキーマの複雑さによっては、このタスクは難しい場合があります。

AWS には、スキーマの変換に役立つ 2 つのリソース AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と移行プレイブックが用意されています。

AWS SCT

AWS SCT は、既存のデータベースをあるエンジンから別のエンジンに変換するのに役立つ無料のツールです。 AWS SCT は、Oracle、Microsoft SQL Server、MySQL、Sybase、IBM Db2 LUW など、さまざまなソースデータベースをサポートしています。Aurora MySQL や Aurora PostgreSQL などのターゲットデータベースから選択できます。

AWS SCT では、ソースデータベースとターゲットデータベースに直接接続して現在のスキーマオブジェクトを取得するグラフィカルユーザーインターフェイスを提供します。接続すると、データベース移行評価レポートを生成して、変換作業とアクション項目の概要を確認できます。以下の画面は、データベース移行評価レポートのサンプルを示しています。


      Sample database migration assessment report from AWS SCT

AWS SCT を使用して、スキーマを変換してターゲットデータベースに直接デプロイすることも、変換されたスキーマの SQL ファイルを取得することもできます。詳細については、「 AWS ドキュメント」の「AWS Schema Conversion Tool ユーザーインターフェイスを使用する」を参照してください。

移行プレイブック

AWS SCT は、ソースオブジェクトの多くを変換しますが、変換の一部では手動による操作と調整が必要です。このタスクを支援するために、AWS は 2 つのデータベース間の非互換性と類似点を詳しく説明した移行プレイブックを提供しています。これらのプレイブックについて詳しくは、AWS ウェブサイトの「 AWS Database Migration Service リソース」を参照してください。