Amazon EC2 の見積りの作成 - AWS Pricing Calculator

Amazon EC2 の見積りの作成

Amazon EC2 の見積りを作成するには、クイック見積りパスと詳細見積りパスという 2 つの方法があります。クイック見積りパスでは、すばやく概算見積りを行います。アドバンスト見積りパスを使用すると、より詳細な見積りが得られます。詳細な見積りでは、ワークロード、データ転送コスト、追加のストレージオプションなど、その他の一般的でないインスタンス要件を考慮できます。

次の の例を考えます。Márcia は、1 時間ごとに Amazon EBS スナップショットを取得する Amazon EC2 インスタンスが必要であることがわかっています。また、より柔軟なスナップショット要件を持つ Amazon EC2 インスタンスがいくつか必要であることも知っています。ただし、より柔軟なインスタンスに対して何時間必要なのかわかっていません。クイック見積りパスを使用して、1 時間単位のスナップショット要件がない Amazon EC2 インスタンス、および必要な時間単位数がわからないインスタンスの見積りを生成できます。アドバンスト見積りパスを使用して、1 時間単位のスナップショット要件を持った Amazon EC2 インスタンスの見積りを生成できます。

Amazon EC2 の見積りを開始する方法

  1. https://calculator.aws/#/createCalculator/EC2[Amazon EC2 estimate] (Amazon EC2 見積り) ページを開きます。

  2. Amazon EC2 の見積りについて説明を入力します。

  3. ドロップダウンから [Region] (リージョン) を選択します。

  4. [Quick] (クイック) または [Advanced] (アドバンスト) 見積りパスを選択します。