クイック見積り - AWS Pricing Calculator

クイック見積り

クイック見積りパスは、最小限の情報とパラメータを使用しておおむねの見積りを提供します。各パラメータにデフォルト設定があります。特定のパラメータに必要な情報がわからなくても見積りを生成できます。そのため、AWS を使用する計画内容についてすべて (または多く) の情報がなくても、AWS の料金を大まかに把握することができます。

クイック見積りパスには、以下のセクションとパラメータがあります。

注記

クイック見積りオプションを使用した Amazon EC2 見積りの生成方法に関する詳細については、「開始方法」を参照してください。

Amazon EC2 の仕様

これらの設定では、AWS Pricing Calculator で見積りを生成するために使用する Amazon EC2 インスタンスを決定します。

オペレーティングシステムを選択

オペレーティングシステム (OS) のデフォルト値は Linux です。

インスタンスタイプを選択

最小要件に基づいた最低コストのインスタンスを選択

最小要件は、希望するインスタンスの仕様がわかっている場合、最も役立ちます。同様に、インスタンス名は、ご希望のインスタンスファミリーまたはサイズが既にわかっている場合に、より便利に使用できます。たとえば、4 つの vCPU と 16 GB のメモリを最小要件とするインスタンスを検索したり、t2 またはミディアムインスタンスを検索したりできます。

インスタンスの要件で検索する場合は、複数のデフォルト値があります。vCPU のデフォルト値は 4 で、メモリのデフォルト値は 16 (GB) です。これらは汎用処理を行うための最小要件であるため、AWS Pricing Calculator でデフォルト値として使用されています。

インスタンスタイプを名前で検索

ご希望のインスタンスファミリーまたはインスタンスサイズがわかっている場合、インスタンス名を検索すると効率的です。たとえば、t2.medium インスタンスを検索できます。

使用可能な Amazon EC2 インスタンスファミリーについては、「インスタンスタイプ」を参照してください。

EC2 インスタンスの数

デフォルト値は 1 です。このデフォルト値が AWS Pricing Calculator で使用されるのは、必要最小限の数と考えられるためです。

EC2 インスタンスの予想使用量

Amazon EC2 インスタンスの予想使用量を入力します。この機能は、オンデマンド料金戦略を選択した場合のみ適用されます。

料金戦略

これらの設定は、AWS Pricing Calculator が見積りを生成するうえで使用する料金戦略を決定します。

料金モデル

この料金モデルは、従量料金制のインスタンスまたは先行予約可能なインスタンスのうち、どちらを検索しているか決定します。インスタンスの予約は、インスタンスの使用料金とは異なります。

予約条件

リザーブドインスタンス (RI) を予約すると、契約期間に応じた予約を購入します。契約期間は 1 年または 3 年を選択できます。

デフォルト値は 1 年です。AWS を試すうえで最も安いオプションであるため、AWS Pricing Calculator はこのデフォルトを使用します。

支払いオプション

RI の場合、支払いオプションは予約の支払い時期を決定します。予約の全額を前払いできます。高額の一括払いとなりますが、毎月の支払いは不要になります。RI は、一部前払いと月払いの組み合わせで支払えます。これは前払いコストを小さく抑えることができますが、毎月のコストが発生します。前払いが発生しない支払い方法も利用できます。これにより、月払いのみとなります。全額前払いでは最高の割引率を利用できます。一部前払いと前払いなしでは、料金を長期間に分散できます。

支払いオプションのデフォルト値は No Upfront です。開始時の料金負担を最低限に抑えるため、AWS Pricing Calculator はこのデフォルトを使用します。

Amazon EBS の見積りを追加

これらの設定は、AWS Pricing Calculator で見積りを生成するために使用する Amazon EBS 設定を決定します。Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) は、Amazon EC2 インスタンスに接続できるストレージの一種です。これでインスタンスのバックアップ、ブートボリュームの作成、インスタンスにデータベースの実行などの作業を行えます。Amazon EBS の詳しい情報については、Amazon Elastic Block Store のドキュメントをご参照ください。

ストレージボリューム

ストレージボリュームは、Amazon EBS がインスタンスに割り当てるストレージの種類を決定します。タイプごとに機能が異なります。たとえば、ブートボリュームやバックアップなど、特定のユースケースに応じて、より良い I/O と高速計算、またはより低速で安価なオプションを選択できます。

ストレージ量

ストレージ容量は、Amazon EBS ボリュームのストレージ容量を決定します。

デフォルト値は 30 GB です。Amazon EC2 インスタンスに Amazon EBS ボリュームを添付しない場合、0 GB を入力できます。https://calculator.aws/#/createCalculator/EBS で見積りにスタンドアロンの Amazon EBS 計算ツールを追加・設定することにより、追加の Amazon EBS ボリュームを見積もることができます。