AWS Management Console の開始方法 - AWS Proton

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Management Console の開始方法

AWS Proton の開始方法
  • 環境テンプレートを作成して表示します。

  • 作成した環境テンプレートを使用するサービステンプレートを作成し、表示して、パブリッシュします。

  • 環境とサービスを作成します (オプション)。

  • サービステンプレート、環境テンプレート、環境、およびサービスを作成してあるた場合、それを削除します。

ステップ 1: AWS Proton コンソールを開く

ステップ 2:例題テンプレートの使用準備を整える

  1. Github までのコードスター接続情報を作成し、その接続情報に my-proton-connection という名前を付けます。

  2. https://github.com/aws-samples/aws-proton-cloudformation-sample-templates に移動します。

  3. あなたの Github アカウントにリポジトリのフォークを作成します。

ステップ 3: 環境テンプレートを作成する

ナビゲーションペインで [Environment templates (環境テンプレート)] を選択します。

  1. [Environment templates (環境テンプレート)] ページで [Create Environment template (環境テンプレートを作成する)] を選択します。

  2. [Create environment template (環境テンプレートを作成する)] ページの [Template options (テンプレートオプション)] セクションで [Create a template for provisioning new environments (新しい環境のプロビジョニング用のテンプレートを作成する)] を選択します。

  3. [Template bundle source (テンプレートバンドルソース) ]セクションで [Sync template bundle from Git (Git からテンプレートバンドルを同期する)] を選択します。

  4. テンプレート定義リポジトリ」セクションで、「リンクされている Git リポジトリを選択」を選択します。

  5. [リポジトリリスト] から [my-proton-connection] を選択します。

  6. [ブランチリスト] から [main] を選択します。

  7. [Proton 環境テンプレートの詳細] セクションで。

    1. テンプレート名として fargate-env を入力します。

    2. 環境テンプレート表示名として My Fargate Environment を入力します。

    3. (オプション) 環境テンプレートの説明を入力します。

  8. (オプション) [Tags (タグ)] セクションで [Add new tag (新しいタグを追加)] を選択し、キーと値を入力してカスタマーマネージドタグを作成します。

  9. [Create Environment template (環境テンプレートの作成)] を選択します。

    新しいページが開き、新しい環境テンプレートのステータスと詳細が表示されます。これらの詳細情報には、AWS とカスタマーマネージドタグのリストが含まれます。AWS Proton は、AWS Proton リソースを作成した際に、AWS マネージドタグを自動的に作成します。詳細については、「AWS Proton リソースとタグ付け」を参照してください。

  10. 新しい環境テンプレートのステータスは [Draft] (ドラフト) から始まります。その表示やアクセスができるのは、あなたと proton:CreateEnvironment 権限がある他のユーザーです。次の手順に従って、テンプレートを自分以外のユーザーが使用できるようにします。

  11. [Template versions (テンプレートのバージョン)] セクションで、先ほど作成したテンプレートのマイナーバージョン (1.0) の左側にあるラジオボタンを選択します。別の方法としては、情報アラートバナーで [Publish (パブリッシュ)] を選択して次のステップをスキップします。

  12. [Template versions (テンプレートのバージョン)] セクションで [Publish (パブリッシュ)] を選択します。

  13. テンプレートのステータスが [Published (パブリッシュ)] に変わります。最新バージョンのテンプレートなので、これは [Recommended (推奨)] バージョンです。

  14. ナビゲーションペインで [Environment templates (環境テンプレート)] を選択します。

    新しいページに環境テンプレートのリストとテンプレートの詳細が表示されます。

ステップ 4: サービステンプレートを作成する

サービステンプレートを作成します。
  1. ナビゲーションペインで [Service templates (サービステンプレート)] を選択します。

  2. [Service templates (サービステンプレート)] ページで [Create Service template (サービステンプレートを作成する)] を選択します。

  3. [Create service template (サービステンプレートの作成)] ページの [Template bundle source (テンプレートバンドルソース)] セクションで [Sync a template bundle from Git (Gitからのテンプレートバンドルと同期)] を選択します。

  4. [テンプレート] セクションで、[リンクされた Git リポジトリを選択] を選択します。

  5. [リポジトリリスト] から[my-proton-connection] を選択します。

  6. [ブランチリスト] から [main] を選択します。

  7. [Proton サービステンプレートの詳細] セクションで。

    1. サービステンプレート名として backend-fargate-svc を入力します。

    2. サービステンプレート表示名として My Fargate Service を入力します。

    3. (オプション) サービステンプレートの説明を入力します。

  8. [Compatible environment templates (互換性のある環境テンプレート)] セクションで以下の操作をします。

    1. 環境テンプレート My Fargate Environment の左側にあるチェックボックスをオンにして、新しいサービステンプレートについて互換性のある環境テンプレートを選択します。

  9. [Encryption settings (暗号化設定)] については、デフォルトのままにしておきます。

  10. [パイプライン定義] セクションで。

    1. [このテンプレートには CI/CD パイプラインが含まれています] ボタンは選択したままにしておきます。

  11. [Create service template (サービステンプレートの作成)] を選択します。

    新しいページが開き、新しいサービステンプレートのステータスならびに AWS とカスタマーマネージドタグの一覧を含めた詳細が表示されます。

  12. 新しいサービステンプレートステータスのステータスは [Draft (ドラフト)] から始まります。アクセスできるのは管理者のみです。サービステンプレートを開発者が使用できるようにするには、次の手順に従います。

  13. [Template versions (テンプレートのバージョン)] セクションで、先ほど作成したテンプレートのマイナーバージョン (1.0) の左側にあるラジオボタンを選択します。別の方法としては、情報アラートバナーで [Publish (パブリッシュ)] を選択して次のステップをスキップします。

  14. [Template versions (テンプレートのバージョン)] セクションで [Publish (パブリッシュ)] を選択します。

  15. テンプレートのステータスが [Published (パブリッシュ)] に変わります。

    サービステンプレートの最初のマイナーバージョンがパブリッシュされ、そのテンプレートは開発者が使用できます。最新バージョンのテンプレートなので、これは [Recommended (推奨)] バージョンです。

  16. ナビゲーションペインで [Service templates (サービステンプレート)] を選択します。

    新しいページには、サービステンプレートと詳細のリストが表示されます。

ステップ 5: 環境を作成する

ナビゲーションペインで [Environment (環境)] を選択します。

  1. [Create environment (環境の作成)] を選択します。

  2. [Choose an environment template (環境テンプレートを選択する)] ページで、先ほど作成したテンプレートを選択します。My Fargate Environment という名前が付いています。次いで、[Configure (設定)] を選択します。

  3. [Configure environment (環境を設定する)] ページの [Provisioning (プロビジョニング)] セクションで [Provision through AWS Proton] を選択します。

  4. [Deployment account (デプロイアカウント)] セクションで、このAWS アカウント を選択します。

  5. [Environment Settings (環境の設定)] で環境名として「my-fargate-environment」を入力します。

  6. [Environment roles (環境ロール)] セクションで [New service role (新しいサービスロール)] か、またはすでに AWS Proton サービスロールを作成していれば [Existing service role (既存のサービスロール)] を選択します。

    1. [New service role (新しいサービスロール)] を選択して新しいロールを作成します。

      1. [Environment role name (環境ロール名)] として MyProtonServiceRole を入力します。

      2. 管理者権限がある AWS Proton サービスロールをあなたのアカウントに作成することに同意する場合は、チェックボックスをオンにします。

    2. [Existing service role (既存のサービスロール)] を選択して既存のロールを使用します。

      1. [Environment role name (環境ロール名)] ドロップダウンフィールドでロールを選択します。

  7. [Next (次へ)] を選択します。

  8. [Configure custom settings (カスタム設定の構成)] ページで、デフォルト値を使用します。

  9. [Next (次へ)] を選択して入力を見直します。

  10. [Create (作成)] を選択します。

    環境の詳細とステータス、ならびに環境に関する AWS マネージドタグとカスタマーマネージドタグ。

  11. ナビゲーションペインで [Environments (環境)] を選択します。

    新しいページには、ステータスやその他の環境の詳細とともに環境のリストが表示されます。

ステップ 6: オプション - サービスを作成してアプリケーションをデプロイする

  1. AWS Proton コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Services (サービス)] を選択します。

  3. [Services (サービス)] ページで [Create service (サービスの作成)] を選択します。

  4. [Choose a service template (サービステンプレートを選択する)] ページでテンプレートカードの右上にあるラジオボタンを選択して My Fargate Service テンプレートを選択します。

  5. ページの右下にある [Configure (設定)] を選択します。

  6. [Configure service (サービスを構成する)] ページで [Service settings (サービス設定)] セクションにサービス名 my-service を入力します。

  7. (オプション) サービスの説明を入力します。

  8. [Service repository settings (サービスリポジトリ設定)] セクションで、次のように操作します。
    1. [CodeStar connection (CodeStar 接続)] でリストから接続を選択します。

    2. [Repository name (リポジトリ名)] でソースコードが含まれているリポジトリの名前を選択します。

    3. [Branch name (ブランチ名)] でソースコードが含まれているリポジトリの名前を選択します。

  9. (オプション) [Tags (タグ)] セクションで [Add new tag (新しいタグを追加)] を選択し、キーと値を入力してカスタマーマネージドタグを作成します。次いで、[Next (次へ)] を選択します。

  10. [] (カスタム設定を構成する) ページで次の手順に従って、[Service instance (サービスインスタンス)] セクションの [New instance (新しいインスタンス)] セクションでサービスインスタンスパラメータのカスタム値を指定します。

    1. インスタンス名 my-app-service を入力します。

    2. サービスインスタンス用に環境 my-fargate-environment を選択します。

    3. 残りのインスタンスパラメータをデフォルトのままにします。

    4. [Pipeline inputs (パイプライン入力)] をデフォルトのままにします。

    5. [Next (次へ)] を選択して入力を見直します。

    6. [Create (作成)] を選択してサービスのステータスと詳細を表示します。

  11. サービスの詳細ページで、[Overview (概要)] タブと [Pipeline (パイプライン)] タブを選択してサービスインスタンスとパイプラインのステータスを確認してください。これらのページでは、AWS とカスタマーマネージドタグも表示できます。 AWS Proton は、AWS マネージドタグを自動的に作成します。[Manage tags (タグの管理)] を選択して、カスタマーマネージドタグを作成や変更します。タグ付けの詳細については、「AWS Proton リソースとタグ付け」を参照してください。

  12. サービスが [Active (アクティブ)] になったら、[Overview (概要)] タブの [Service Instances (サービスインスタンス)] セクションで、自分のサービスインスタンスの名前 my-app-service を選択します。

    サービスインスタンスの詳細ページが表示されます。

  13. アプリケーションを表示するには、[Output (出力)] セクションで ServiceEndpoint リンクをブラウザにコピーします。

    ウェブページに AWS Proton グラフィックが表示されます。

  14. サービスを作成したら、ナビゲーションペインで、[Services (サービス)] を選択してサービスのリストを表示します。

ステップ 7: クリーンアップする

  1. AWS Proton コンソールを開きます。

  2. サービスを削除する (サービスを作成した場合)
    1. ナビゲーションペインで [Services (サービス)] を選択します。

    2. [Services (サービス)] ページで、サービス名 my-service を選択します。

      画面は my-service のサービス詳細ページに移行します。

    3. ページの右上にある [Actions (アクション)] メニューで [Delete (削除)] を選択します。

    4. モーダルから Delete アクションの確認を求めるプロンプトが表示されます。

    5. 指示に従って操作し、[Yes, delete (はい、削除します)] を選択します。

  3. 環境を削除する
    1. ナビゲーションペインで [Environments (環境)] を選択します。

    2. [Environments (環境)] ページで、先ほど作成した環境の左側にあるラジオボタンを選択します。

    3. [Actions (アクション)] を選択してから [Delete (削除)] を選択します。

    4. モーダルから Delete アクションの確認を求めるプロンプトが表示されます。

    5. 指示に従って操作し、[Yes, delete (はい、削除します)] を選択します。

  4. サービステンプレートを削除する
    1. ナビゲーションペインで [Service templates (サービステンプレート)] を選択します。

    2. [Service templates (サービステンプレート)] ページで、サービステンプレート my-svc-template の左側にあるラジオボタンを選択します。

    3. [Actions (アクション)] を選択してから [Delete (削除)] を選択します。

    4. モーダルから Delete アクションの確認を求めるプロンプトが表示されます。

    5. 指示に従って操作し、[Yes, delete (はい、削除します)] を選択します。これでサービステンプレートとそのすべてのバージョンが削除されます。

  5. 環境テンプレートを削除する
    1. ナビゲーションペインで [Environment templates (環境テンプレート)] を選択します。

    2. [Environment templates (環境テンプレート)] ページで、環境テンプレート my-env-template の左側にあるラジオボタンを選択します。

    3. [Actions (アクション)] を選択してから [Delete (削除)] を選択します。

    4. モーダルから Delete アクションの確認を求めるプロンプトが表示されます。

    5. 指示に従って操作し、[Yes, delete (はい、削除します)] を選択します。これで環境テンプレートとそのすべてのバージョンが削除されます。

  6. あなたの Codestar 接続を削除します。