のテンプレートファイルをまとめるAWS Proton - AWS Proton

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のテンプレートファイルをまとめるAWS Proton

環境とサービスの Infrastructure as Code (IaC) ファイルとそれぞれのスキーマファイルを準備したら、それらをディレクトリに編成する必要があります。マニフェスト YAML ファイルも作成する必要があります。マニフェストファイルは、ディレクトリ内の IaC ファイル、レンダリングエンジン、およびこのテンプレート内の IaC の開発に使用されたテンプレート言語の一覧を含んでいます。

注記

マニフェストファイルは、テンプレートバンドルとは別に、への直接入力として使用することもできます直接定義コンポーネント。この場合、両方に対して常に単一の IaC テンプレートファイルが指定されます。 CloudFormation とのTerraform コンポーネントの詳細については、「AWS Proton コンポーネント」を参照してください。

マニフェストファイルは、次の例に示す形式と内容に従う必要があります。

CloudFormation マニフェストファイル形式:

と CloudFormationでは、リストに単一のファイルを含めます。

infrastructure: templates: - file: "cloudformation.yaml" rendering_engine: jinja template_language: cloudformation

Terraform マニフェストファイル形式:

terraform では、単一のファイルを明示的にリストに入れるか、またはワイルドカードを使用できます*ディレクトリ内の各ファイルを一覧表示します。

注記

ワイルドカードには、名前がで終わるファイルのみが含まれます.tf。他のファイルは無視されます。

infrastructure: templates: - file: "*" rendering_engine: hcl template_language: terraform

環境またはサービステンプレートバンドルのディレクトリとマニフェストファイルを設定した後で、ディレクトリを gzip で圧縮して tar ball にし、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにアップロードします。AWS Protonそれらを取り戻すことができます。

登録した環境またはサービステンプレートのマイナーバージョンを作成する場合AWS Protonで、S3 バケット内にある環境またはサービステンプレートバンドル tar ball のパスを指定します。AWS Protonこれを新しいテンプレートマイナーバージョンで保存します。新しいテンプレート、マイナーバージョンを選択して、環境またはサービスを作成または更新できます。AWS Proton。

環境テンプレートバンドルのまとめ

用に作成する環境テンプレートバンドルには 2 種類がありますAWS Proton。

  • 標準環境テンプレートの環境テンプレートバンドルを作成するには、以下の環境テンプレートバンドルのディレクトリ構造のように、スキーマ、Infrastructure as Code (IaC) ファイル、マニフェストファイルをディレクトリに編成します。

  • カスタマーマネージド環境テンプレートの環境テンプレートバンドルを作成するには。スキーマファイルとディレクトリのみを指定します。Don'tインフラストラクチャディレクトリとファイルを含めます。AWS Protonインフラストラクチャのディレクトリとファイルが含まれている場合、エラーが発生します。

詳細については、「テンプレートを登録して公開する」を参照してください。

CloudFormation 環境テンプレートバンドルディレクトリ構造:

/schema schema.yaml /infrastructure manifest.yaml cloudformation.yaml

Terraform 環境テンプレートバンドルディレクトリ構造:

/schema schema.yaml /infrastructure manifest.yaml environment.tf

サービステンプレートバンドルをまとめる

サービステンプレートバンドルを作成するには、サービステンプレートバンドルのディレクトリ構造例に示すように、スキーマ、Infrastructure as Code (IaC) ファイル、およびマニフェストファイルをディレクトリに編成する必要があります。

テンプレートバンドルにサービスパイプラインを含めない場合、このテンプレートバンドルと関連付けるサービステンプレートを作成する際に、パイプラインディレクトリとファイルおよびセット "pipelineProvisioning": "CUSTOMER_MANAGED"含めないでください。

注記

サービステンプレートの作成後に pipelineProvisioning を変更することはできません。

詳細については、「テンプレートを登録して公開する」を参照してください。

CloudFormation サービステンプレートバンドルディレクトリ構造:

/schema schema.yaml /instance_infrastructure manifest.yaml cloudformation.yaml /pipeline_infrastructure manifest.yaml cloudformation.yaml

Terraform サービステンプレートバンドルディレクトリ構造:

/schema schema.yaml /instance_infrastructure manifest.yaml instance.tf /pipeline_infrastructure manifest.yaml pipeline.tf