Amazon QLDB でのクォータと制限 - Amazon Quantum Ledger Database (Amazon QLDB)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon QLDB でのクォータと制限

このセクションでは、Amazon QLDB の現在のクォータ (制限とも呼ばれる) について説明します。

デフォルトのクォータ

QLDB には、「AWS 全般的なリファレンス」の「Amazon QLDB エンドポイントとクォータ」にも示すように、以下のデフォルトのクォータがあります。AWS アカウントこれらのクォータはリージョンごとです。リージョンでのアカウントのクォータの引き上げをリクエストするには、Service Quotas コンソールを使用してください。

AWS Management Consoleにサインインし、https://console.aws.amazon.com/servicequotas/ の [Service Quotas] コンソールを開きます。

リソース デフォルトのクォータ
現在のリージョンで、このアカウントで作成できるアクティブな台の一覧の一覧表示 5
台帳あたりの Simple Storage Service (Amazon S3) へのアクティブなジャーナルエクスポートの最大数 2
台帳あたりの Kinesis Data Streams へのアクティブなジャーナルストリームの最大数 5

固定クォータ

デフォルトクォータに加えて、QLDB には台帳ごとに次の固定クォータがあります。Service Quotas を使用してこれらのクォータを引き上げることはできません。

リソース 固定クォータ
同時アクティブセッションの数 1500
アクティブなテーブルの数 20
テーブル (アクティブおよび非アクティブ) の合計数
注記

QLDB では、削除されたテーブル非アクティブと見なされ、この合計クォータに対してカウントされます。

40
テーブルあたりのインデックス数 5
トランザクション内のドキュメントの数 40
ドキュメントサイズ (IonBinary 形式でエンコード) 128 KB
ステートメントのパラメータサイズ (IonBinary 形式) 128 KB
ステートメントのパラメータサイズ (IonText 形式) 1 MB
ステートメントの文字列長 100,000 文字
トランザクションサイズ 4 MB
トランザクションタイムアウト 30 秒
完了したジャーナルエクスポートジョブの有効期限 7 日間
ターミナルジャーナルストリームの有効期限 7 日間

台の一覧表示

Service Quotas コンソールを使用して、リージョンでの台の一覧表示 (台の一覧表示) の引き上げをリクエストできます。

https://console.aws.amazon.com/servicequotas/ で Service Quotas コンソールを開きます。

一部のQLDBユースケースでは、ビジネスの成長に応じて、AWS アカウントリージョンごとの台帳の数を増やす必要があります。例えば、顧客やデータを分離するために専用の台の一覧を作成する必要がある場合があります。この場合は、マルチアカウントアーキテクチャを活用して QLDB クォータを扱うことを検討してください。詳細については、AWSホワイトペーパー「SaaS テナント分離戦略」の「アカウントサイロ分離」を参照してください。

ドキュメントサイズ

IonBinary 形式でエンコードされたドキュメントの最大サイズは 128 KB です。IonText ではドキュメントのサイズに正確な制限を設定することはできません。テキストからバイナリへの変換は、各ドキュメントの構造によって大きく異なるためです。QLDB はオープンコンテンツを持つドキュメントをサポートしているため、一意のドキュメント構造ごとにサイズの計算が変化します。

トランザクションサイズ

QLDB におけるトランザクションの最大サイズは 4 MB です。トランザクションサイズは、次の要素の合計をもとに計算されます。

デルタ

トランザクション内のすべての命令文によって生成されるドキュメント変更。複数のドキュメントに影響を与えるトランザクションの場合には、影響を受ける個々のドキュメントのデルタの合計が合計のデルタサイズとなります。

メタデータ

影響を受ける個々のドキュメントに関連付けられる、QLDB 生成のトランザクションメタデータ。

インデックス

トランザクションの影響を受けるテーブルでインデックスが定義されている場合、関連するインデックスエントリもデルタを生成します。

履歴

ドキュメントに対するすべてのリビジョンは QLDB 内で永続的に維持されるため、すべてのトランザクションも履歴に追加されます。

挿入 - テーブルに挿入されるすべてのドキュメントには、その履歴テーブルにもコピーが挿入されます。たとえば、100 KB のドキュメントが新たに挿入されるトランザクションにおいては、最低でも 200 KB のデルタが生成されます (これはメタデータや索引を含まない概算です。)

更新 - ドキュメント更新時には、たとえ単一フィールドのみの更新であっても、新たなドキュメント全体のリビジョンが履歴内に生成され、更新のデルタが加減されます。このため、大きなサイズのドキュメントに対し小さな更新を行う場合であっても、大きなトランザクションデルタが生成されます。たとえば、2 KB のデータを既存の 100 KB のドキュメントに追加する場合、新しい 102 KB のリビジョンが履歴内に生成されます。このため、トランザクションの合計デルタは少なくとも 104 KB に達します (繰り返しますが、この推定にはメタデータやインデックスは含まれていません。)

削除 - 更新と同様に、削除トランザクションでも、新しいドキュメントリビジョンが履歴内に生成されます。ただし新たに作成される DELETE リビジョンは、ユーザーデータが null で、メタデータのみ含むため、元のドキュメントよりサイズが小さくなります。

命名に関する制約

以下の表に、Amazon QLDB での命名に関する制約を示します。

台帳名
  • 1~32 個の英数字またはハイフンのみを使用する必要があります。

  • 最初と最後の文字は文字または数字であることが必要です。

  • すべてを数字にないでください。

  • 連続する 2 つのハイフンを含めることはできません。

  • 大文字と小文字を区別します。

ジャーナルストリーム名
テーブル名
  • 1~128 個の英数字またはアンダースコア文字のみを使用する必要があります。

  • 1 字目は文字またはアンダースコアでなければなりません。

  • 残りの文字は英数字とアンダースコアの任意の組み合わせにできます。

  • 大文字と小文字を区別します。

  • QLDB PartiQL の予約語は使用できません。