Amazon QLDB の DATE_DIFF 関数 - Amazon Quantum Ledger Database (Amazon QLDB)

Amazon QLDB の DATE_DIFF 関数

Amazon QLDB では、指定された 2 つのタイムスタンプの指定された日付部分の差を返すには、DATE_DIFF 関数を使用します。

構文

DATE_DIFF( datetimepart, timestamp1, timestamp2 )

引数

日付/時刻部分

関数が動作する日付または時刻の部分。このパラメーターは、次のいずれかになります。

  • year

  • month

  • day

  • hour

  • minute

  • second

timestamp1, timestamp2

関数が比較する 2 つのフィールド名または timestamp データ型の式。timestamp2timestamp1 より後の場合、結果は正です。timestamp2timestamp1 より前の場合、結果は負になります。

Ion タイムスタンプリテラル値はバックティック (`...`) で示すことができます。フォーマットの詳細とタイムスタンプ値の例については、Amazon Ion 仕様書の「タイムスタンプ」を参照してください。

戻り型

int

DATE_DIFF(year, `2010-01-01T`, `2011-01-01T`) -- 1 DATE_DIFF(year, `2010-12T`, `2011-01T`) -- 0 (must be at least 12 months apart to evaluate as a 1 year difference) DATE_DIFF(month, `2010T`, `2010-05T`) -- 4 (2010T is equivalent to 2010-01-01T00:00:00.000Z) DATE_DIFF(month, `2010T`, `2011T`) -- 12 DATE_DIFF(month, `2011T`, `2010T`) -- -12 DATE_DIFF(month, `2010-12-31T`, `2011-01-01T`) -- 0 (must be at least a full month apart to evaluate as a 1 month difference) DATE_DIFF(day, `2010-01-01T23:00Z`, `2010-01-02T01:00Z`) -- 0 (must be at least 24 hours apart to evaluate as a 1 day difference) -- Runnable statements SELECT DATE_DIFF(year, `2010-01-01T`, `2011-01-01T`) FROM << 0 >> -- 1 SELECT DATE_DIFF(month, `2010T`, `2010-05T`) FROM << 0 >> -- 4

関連関数