Amazon QLDB 用語集 - Amazon Quantum Ledger Database (Amazon QLDB)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon QLDB 用語集

以下は、Amazon QLDB を使用する際の重要な用語の定義です。

ブロック | ダイジェスト | document | ドキュメント ID | ドキュメントリビジョン | エントリ | field | インデックス | インデックス付きストレージ | ジャーナル | ジャーナルブロック | ジャーナルストレージ | ジャーナルストランド | ジャーナルチップ | 台帳 | 証明 | revision | session | ストランド | テーブル | テーブルビュー | view (表示)

ブロック

トランザクション中にジャーナルにコミットされたオブジェクト。1 件のトランザクションで 1 つのブロックに書き込むことができるので、トランザクション 1 件に関連付けることができるブロックは 1 つのみです。ブロックには、トランザクションでコミットされたドキュメントリビジョンを表すエントリ、それらをコミットした PartiQL ステートメントが含まれます。

各ブロックに検証用のハッシュ値も含まれています。ブロックハッシュは、そのブロック内のエントリハッシュと、1 つ前のチェーン化されたブロックのハッシュを組み合わせて計算されます。

ダイジェスト

ある時点における台帳のドキュメントリビジョンの履歴全体を一意に表す 256 ビットのハッシュ値。ダイジェストハッシュは、ジャーナル内の最新ブロックがコミットされた時点における、ジャーナルのハッシュチェーン全体から計算されます。

QLDB を使用すると、セキュアな出力ファイルとしてダイジェストを生成できます。次に、その出力ファイルを使用して、そのハッシュに関連するドキュメントリビジョンの整合性を検証できます。

document

テーブルで挿入、更新、削除できる Amazon Ion struct 形式のデータセット。QLDB ドキュメントには、構造化データ、半構造化データ、ネストされたデータ、スキーマレスデータを含めることができます。

ドキュメント ID

テーブルに挿入したドキュメントごとに QLDB から割り当てられる共通の一意の識別子 (UUID、Universally Unique Identifier)。この ID は 128 ビットの数値であり、Base62 エンコードの英数字文字列 (22 文字の固定長) で表されます。

ドキュメントリビジョン

一意のドキュメント ID によって識別される一連のドキュメントの 1 つのバージョンを表す Ion 構造体。リビジョンには、ユーザーデータ (ユーザーがテーブルに書き込んだデータ) と QLDB で生成されたメタデータの両方が含まれます。各リビジョンはテーブルに関連付けられ、ドキュメント ID と 0 から始まるバージョン番号を組み合わせて一意に識別されます。

エントリ

ブロックに含まれるオブジェクト。エントリとは、トランザクションで挿入、更新、削除されたドキュメントリビジョンや、それらをコミットした PartiQL ステートメントを表します。

各エントリに検証用のハッシュ値も含まれます。エントリハッシュは、そのエントリ内のリビジョンハッシュまたはステートメントハッシュから計算されます。

field

QLDB ドキュメントの各属性を構成する名前と値のペア。名前はシンボルトークンであり、値は制限されません。

インデックス

データ取得オペレーションのパフォーマンスを最適化するためにテーブルに作成できるデータ構造。QLDB のインデックスについては、「Amazon QLDB の PartiQL リファレンス」の「CREATE INDEX」を参照してください。

インデックス付きストレージ

台帳のテーブル、インデックス、およびインデックス付き履歴で使用されるディスク容量。インデックス付きストレージは、高パフォーマンスなクエリ用に最適化された台帳データで構成されています。

ジャーナル

台帳でコミットされたすべてのブロックのハッシュチェーンのセット。ジャーナルは、追加専用で、台帳データに行ったすべての変更の完全で不変な履歴全体を表します。

ジャーナルブロック

ブロック」を参照してください。

ジャーナルストレージ

台帳のジャーナルで使用されるディスク容量。

ジャーナルストランド

ストランド」を参照してください。

ジャーナルチップ

特定時点におけるジャーナル内のコミットされた最新ブロック。

台帳

Amazon QLDB 台帳データベースリソースのインスタンス。これが、QLDB のプライマリ AWS リソースタイプです。台帳は、ジャーナルストレージインデックス付きストレージの両方で構成されます。台帳データがジャーナルにコミットされると、Amazon Ion ドキュメントリビジョンのテーブルでクエリできるようになります。

証明

指定のダイジェストおよびドキュメントリビジョンに対して QLDB から返される 256 ビットのハッシュ値の順序付きリスト。これは、指定されたリビジョンハッシュをダイジェストハッシュに連鎖させるためにマークルツリーモデルによって必要とされるハッシュで構成されています。証明を使用することで、そのダイジェストに関連するリビジョンの整合性を検証できます。詳細については、「Amazon QLDB でのデータ検証」を参照してください。

revision

ドキュメントリビジョン」を参照してください。

session

台帳とのデータトランザクションのリクエストとレスポンスに関する情報を管理するオブジェクト。アクティブセッション (アクティブにトランザクションを実行するセッション) は、台帳への単一の接続を表します。QLDB ではセッションごとに 1 つのトランザクションがアクティブに実行されます。

ストランド

ジャーナルの仕切り。QLDB は現在、単一ストランドのジャーナルのみをサポートしています。

テーブル

台帳のジャーナルにコミットされたドキュメントリビジョンの順序付けられていないコレクションのマテリアライズドビュー。

テーブルビュー

ジャーナルにコミットされたトランザクションに基づく、テーブルのデータのクエリ可能なサブセット。PartiQL ステートメント内のビューは、テーブル名のプレフィックス修飾子 (_ql_ で始まるもの) で表されます。

SELECT ステートメントを使用して、以下のシステム定義ビューにクエリを実行できます。

  • ユーザー - テーブルに書き込んだデータのみの最新のアクティブなリビジョン (つまり、ユーザーデータの現在の状態)。これが QLDB のデフォルトビューです。

  • コミット済み - ユーザーデータと、システムによって生成されたメタデータの両方の最新のアクティブなリビジョン。これは完全システム定義テーブルで、ユーザーテーブルに直接対応しています。例: _ql_committed_TableName

view (表示)

テーブルビュー」を参照してください。