dateDiff - Amazon QuickSight

dateDiff

dateDiff は、2 つの日付フィールド間の日数の差を返します。期間の値を含めた場合、dateDiff は、日数ではなく期間間隔の差を返します。

構文

dateDiff(date1, date2[, period])

引数

dateDiff は 2 つの日付を引数として取ります。期間の指定は任意です。

date

比較の最初の日付。日付フィールド、または日付を出力する別の関数の呼び出し。

date

比較の 2 番目の日付。日付フィールド、または日付を出力する別の関数の呼び出し。

期間

返される期間の差。引用符で囲みます。有効な期間は次のとおりです。

  • YYYY: 日付の年の部分を返します。

  • Q: 日付が属している四半期の最初の日の日付を返します。

  • MM: 日付の月の部分を返します。

  • DD: 日付の日の部分を返します。

  • WK: 日付の週の部分を返します。Amazon QuickSight で週は日曜日から始まります。

  • HH: 日付の時間の部分を返します。

  • MI: 日付の分の部分を返します。

  • SS: 日付の秒の部分を返します。

戻り型

整数

次の例では、2 つの日付の間の差を返します。

dateDiff(orderDate, shipDate, "MM")

次が指定したフィールド値です。

orderDate shipdate ============================= 01/01/18 03/05/18 09/13/17 10/20/17

これらのフィールド値に対して、以下の値が返されます。

2 1