フィールドのマッピング - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

フィールドのマッピング

Amazon QuickSight は、同じ分析内のデータセット間でフィールドを自動的にマッピングできます。以下のヒントは、データセット間でフィルターアクションを作成する場合など、Amazon がデータセット間でフィールド QuickSight を自動的にマッピングすることを容易にするのに役立ちます。

  • フィールド名の一致 – フィールド名は、大文字と小文字、間隔、句読点などに相違がなく、完全に一致する必要があります。同じデータを記述するフィールドの名前を変更できるため、自動マッピングが正確になります。

  • データ型の一致 – 自動マッピングでは、フィールドのデータ型が同じである必要があります。データの準備中にデータ型を変更できます。この手順では、正しいデータ型でないデータを除外する必要があるかどうかを確認することもできます。

  • 計算フィールドの使用 – 計算フィールドを使用して一致するフィールドを作成し、自動マッピング用の正しい名前とデータ型を指定できます。

注記

自動マッピングを作成した後で、フィールドのマッピングを失うことなくフィールドの名前を変更できます。ただし、データ型を変更すると、マッピングは失われます。

データセット間のフィルタ操作のフィールドマッピングの詳細については、Amazon でのカスタムアクションの作成と編集 QuickSightを参照してください。