parseDate - Amazon QuickSight

parseDate

parseDate は、文字列を解析して、日付値が含まれているかどうかを判断し、「yyyy-MM-ddTkk:mm:ss.SSSZ」の形式で標準の日付を返します (Joda プロジェクトのドキュメントの「Class DateTimeFormat」で指定されている形式パターン構文を使用)。例: 「2015-10-15T19:11:51.003Z」。この関数は、有効な形式の日付が含まれているすべての行を返し、そうでない行は、Null 値が含まれている行を含め、すべてスキップします。

Amazon QuickSight は、1900 年 1 月 1 日 00:00:00 UTC 〜 2037 年 12 月 31 日 23:59:59 UTC をサポートしています。詳細については、「サポートされている日付形式」を参照してください。

構文

parseDate(expression, ['format'])

引数

expression

expression は文字列である必要があります。文字列データ型を使用しているフィールドの名前、'1/1/2016' のようなリテラル値、または文字列を出力する別の関数の呼び出しを使用できます。

形式

(オプション) date_string が一致する必要がある形式パターンの文字列。たとえば、01/03/2016 のような日付を持つフィールドを使用している場合は、「MM/dd/yyyy」形式を指定します。形式を指定していない場合は、デフォルトで yyyy-MM-dd になります。[format] に適合しない行はスキップされます。

使用しているデータセットのタイプに応じて、サポートされている日付形式が異なります。サポートされている日付形式の詳細を次の表に示しています。

日付のソースタイプ サポートされている日付形式

ファイルおよび Amazon Athena のデータセット。

サポートされている日付形式」で指定されているすべての日付形式パターン。

Amazon Aurora、MariaDB、および MySQL データベースの直接クエリ。

  • MM/dd/yyyy

  • dd/MM/yyyy

  • yyyy/MM/dd

  • MMM/dd/yyyy

  • dd/MMM/yyyy

  • yyyy/MMM/dd

  • MM/dd/yyyy HH:mm:ss

  • dd/MM/yyyy HH:mm:ss

  • yyyy/MM/dd HH:mm:ss

  • MMM/dd/yyyy HH:mm:ss

  • dd/MMM/yyyy HH:mm:ss

  • yyyy/MMM/dd HH:mm:ss

  • MM-dd-yyyy

  • dd-MM-yyyy

  • yyyy-MM-dd

  • MMM-dd-yyyy

  • dd-MMM-yyyy

  • yyyy-MMM-dd

  • MM-dd-yyyy HH:mm:ss

  • dd-MM-yyyy HH:mm:ss

  • yyyy-MM-dd HH:mm:ss

  • MMM-dd-yyyy HH:mm:ss

  • dd-MMM-yyyy HH:mm:ss

  • yyyy-MMM-dd HH:mm:ss

Snowflake の直接クエリ

  • dd/MM/yyyy

  • dd/MM/yyyy HH:mm:ss

  • dd-MM-yyyy

  • dd-MM-yyyy HH:mm:ss

  • MM/dd/yyyy

  • MM/dd/yyyy HH:mm:ss

  • MM-dd-yyyy

  • MM-dd-yyyy HH:mm:ss

  • yyyy/MM/dd

  • yyyy/MM/dd HH:mm:ss

  • yyyy-MM-dd

  • yyyy-MM-dd HH:mm:ss

Microsoft SQL Server データベースの直接クエリ

  • dd-MM-yyyy

  • MM/dd/yyyy

  • dd/MM/yyyy

  • yyyy/MM/dd

  • MMM/dd/yyyy

  • dd/MMM/yyyy

  • yyyy/MMM/dd

  • dd/MM/yyyy HH:mm:ss

  • yyyy/MM/dd HH:mm:ss

  • MMM/dd/yyyy HH:mm:ss

  • dd/MMM/yyyy HH:mm:ss

  • yyyy/MMM/dd HH:mm:ss

  • MM-dd-yyyy

  • yyyy-MM-dd

  • MMM-dd-yyyy

  • yyyy-MMM-dd

  • MM-dd-yyyy HH:mm:ss

  • dd-MM-yyyy HH:mm:ss

  • yyyy-MM-dd HH:mm:ss

  • MMM-dd-yyyy HH:mm:ss

  • dd-MMM-yyyy HH:mm:ss

  • yyyy-MMM-dd HH:mm:ss

Amazon Redshift または PostgreSQL データベースの直接クエリ。

また、SPICE データベースのデータセット (任意の DBMS)

  • MM/dd/yyyy

  • dd/MM/yyyy

  • yyyy/MM/dd

  • MMM/dd/yyyy

  • dd/MMM/yyyy

  • yyyy/MMM/dd

  • MM/dd/yyyy HH:mm:ss

  • dd/MM/yyyy HH:mm:ss

  • yyyy/MM/dd HH:mm:ss

  • MMM/dd/yyyy HH:mm:ss

  • dd/MMM/yyyy HH:mm:ss

  • yyyy/MMM/dd HH:mm:ss

  • MM-dd-yyyy

  • dd-MM-yyyy

  • yyyy-MM-dd

  • MMM-dd-yyyy

  • dd-MMM-yyyy

  • yyyy-MMM-dd

  • MM-dd-yyyy HH:mm:ss

  • dd-MM-yyyy HH:mm:ss

  • yyyy-MM-dd HH:mm:ss

  • MMM-dd-yyyy HH:mm:ss

  • dd-MMM-yyyy HH:mm:ss

  • yyyy-MMM-dd HH:mm:ss

  • yyyyMMdd'T'HHmmss

  • yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss

戻り型

日付

次の例では、prodDate を評価して、日付値が含まれているかどうかを判断しています。

parseDate(prodDate, 'MM/dd/yyyy')

次が指定したフィールド値です。

prodDate -------- 01-01-1999 12/31/2006 1/18/1982 7/4/2010

これらのフィールド値に対して、以下の行が返されます。

12-31-2006T00:00:00.000Z 01-18-1982T00:00:00.000Z 07-04-2010T00:00:00.000Z