Substring - Amazon QuickSight

Substring

substring は、文字列内の、start 引数で指定されている位置から、length 引数で指定されている文字数分の文字を返します。

構文

substring(expression, start, length)

引数

expression

expression には、文字列データ型を使用している address1 のようなフィールドの名前、'Unknown' のようなリテラル値、または文字列を出力する substring(field_name,1,5) のような別の関数を使用できます。

start

文字の開始位置。start の位置自体も含まれるため、開始位置の文字が、返される値の先頭文字になります。start の最小値は 1 です。

length

start の後に含める追加の文字の数。length には start も含まれるため、返される最後の文字は、開始文字から (length - 1) 番目の文字になります。

戻り型

文字列

次の例では、文字列内の 13 番目~19 番目の文字を返しています。文字列の先頭はインデックス 1 なので、最初の文字からカウントを開始します。

substring('Fantasy and Science Fiction',13,7)

次の値が返されます。

Science