概要 - AWS 上の MongoDB

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

概要

AWS 上の MongoDB

MongoDB はオープンソースの NoSQL データベースであり、JSON スタイルのドキュメント指向のストレージシステムをサポートします。MongoDB では、どのような構造のデータでも保存できる柔軟なデータモデルがサポートされており、完全なインデックスのサポート、シャーディング、レプリケーションを含む一連の豊富な機能をご利用いただけます。

AWS により、柔軟かつスケーラブルで費用対効果の高い方法で AWS クラウドに MongoDB をデプロイするためのインフラストラクチャをセットアップできます。このリファレンスデプロイにより、設定タスクやデプロイタスクを自動化し、MongoDB クラスターを容易に構築できます。このクイックスタートは、AWS への MongoDB レプリカセットクラスター (バージョン 3.2 または 3.4) のセルフサービス型デプロイをサポートしています。

フルマネージドデータベースサービスをセットアップする場合、このクイックスタートをデプロイする代わりに MongoDB Atlas を使用できます。MongoDB Atlas は、マネージドデータベース用の新しい VPC を作成し、MongoDB 導入の管理、モニタリング、バックアップなど、時間のかかる管理タスクを自動化します。MongoDB Atlas の詳細については、「MongoDB ウェブサイト」を参照してください。

コストとライセンス

このデプロイでは、お客様の選択した設定で MongoDB が自動的に起動されます。このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS サービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。コストは、デプロイする設定のストレージやコンピューティングによって異なります。

このクイックスタートは MongoDB Community Edition バージョン 3.2 または 3.4 をデプロイします。これは、GNU Affero General Public License バージョン 3 の下で配布されているオープンソースソフトウェアです。

AWS のサービス

このクイックスタートで使用される AWS の主要コンポーネントには、次の AWS サービスが含まれます (AWS を初めて利用する場合は、AWS ドキュメントの「はじめに」セクションを参照してください)。

  • Amazon EC2— Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) サービスは、様々なオペレーティングシステムで仮想マシンインスタンスを起動できるようにします。既存の Amazon マシンイメージ (AMI) から選択することも、独自の仮想マシンイメージをインポートすることもできます。

  • Amazon VPC— Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) サービスは、AWS クラウドの隔離されたプライベートなセクションをプロビジョニングし、定義した仮想ネットワークで AWS サービスや他のリソースを起動できるようにします。独自の IP アドレス範囲の選択、サブネットの作成、ルートテーブル、ネットワークゲートウェイの設定など、仮想ネットワーク環境全体をお客様がコントロールできます。

  • Amazon EBS— Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) は、AWS クラウドの EC2 インスタンスで使用するための永続的なブロックレベルのストレージボリュームを提供します。コンポーネントに障害が発生した場合でも高い可用性と耐久性を提供できるように、各 EBS ボリュームはアベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされます。EBS ボリュームは、ワークロードの実行に必要な一貫した低レイテンシーのパフォーマンスを実現します。

  • AWS CloudFormation – AWS CloudFormation は、関連する AWS リソースのコレクションを容易に作成および管理し、整った予測可能な方法でプロビジョニングおよび更新できるようにします。テンプレートを使用して、必要なすべての AWS リソース (EC2 インスタンスなど) を定義します。リソースを個別に作成、設計して、それぞれの依存関係を考える必要はありません。AWS CloudFormation がすべてを処理します。

  • IAM–AWS Identity and Access Management(IAM) を利用すると、AWS のサービスおよびリソースに対するお客様のユーザーのアクセスを安全にコントロールすることができます。IAM を使用すると、ユーザー、アクセスキーなどの認証情報、およびユーザーがアクセスできる AWS リソースを制御するアクセス権限を集中管理できます。