[Step 3.](ステップ 3.) MongoDB ノードに接続します。 - AWS 上の MongoDB

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

[Step 3.](ステップ 3.) MongoDB ノードに接続します。

AWS CloudFormation テンプレートが正常にスタックを作成している場合、すべての MongoDB ノードは、AWS アカウントにインストールされたソフトウェアを実行します。MongoDB ノードのいずれかに接続するには、SSH を使用して踏み台ホストインスタンスに接続します。Amazon EC2 コンソールで、インスタンスを選択してから [] を選択します。接続


                MongoDB ノードに接続する

図 7: MongoDB ノードに接続する

SSH を使用して踏み台ホストインスタンスに接続すると、同様の方法で任意の MongoDB ノードに接続できます (ノードを選択し、[Connect] を選択すると、この SSH コマンドがあります)。

重要

MongoDB ノードを接続するためのプライベートキー (.pem) ファイルをコピーすることはお勧めしません。代わりに、このブログ投稿に従って SSH エージェントにプライベートキーを追加し、SSH エージェント転送を有効にした踏み台インスタンスにログインします。次の例を参照してください。

SSH エージェント転送を有効にした踏み台ホストにログインします。

ssh -A ec2-user@Bastion-public-ip

SSH エージェントにプライベートキーを追加します。

ssh-add -K mykey.pem

すべての MongoDB ノードが IAM ロールで起動される点に注意してください。このロールにより、Amazon DynamoDB テーブルの作成と消去、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) へのアクセスし、Amazon EC2 インスタンスの作成と消去などの様々なノードの権限が付与されます。IAM コンソールを使用してポリシーを変更できます。IAM ロールのメリットの詳細については、「」を参照してください。IAM ロールを使用して Amazon EC2 で実行されるアプリケーションにアクセス許可を委任するAWS ドキュメントを参照してください。