AWS 上の MongoDB
MongoDB クイックスタート

AWS クラウドでの MongoDB: クイックスタートリファレンスデプロイ

デプロイガイド

Vinod Shukla — AWS クイックスタートチーム、ソリューションアーキテクト

2015 年 4 月  (最終更新日: 2018 年 5 月)

このクイックスタートリファレンスデプロイガイドは、MongoDB クラスターをアマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドにデプロイするためのアーキテクチャ上の考慮事項と設定手順を含み、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) や Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) などのサービスを使用して AWS に MongoDB をデプロイするためのベストプラクティスを説明します。また、AWS アカウントへの直接的なデプロイや起動に利用できる自動 AWS CloudFormation テンプレートへのリンクを示します。

このガイドは、AWS クラウドで MongoDB ワークロードを実装または拡張し、独自の MongoDB 環境を管理することを検討している IT インフラストラクチャアーキテクト、管理者、DevOps プロフェッショナルを対象としています。

フルマネージドデータベースサービスをセットアップする場合、このクイックスタートをデプロイする代わりに MongoDB Atlas を使用できます。MongoDB Atlas は、管理対象データベース用の新しい Virtual Private Cloud (VPC) を作成し、MongoDB デプロイの管理、監視、バックアップなど、時間のかかる管理タスクを自動化します。MongoDB Atlas の詳細については、「MongoDB ウェブサイト」を参照してください。

以下のリンクは参考情報です。クイックスタートを起動する前に、アーキテクチャ、設定、ネットワークセキュリティなどの、このガイドで説明されている考慮事項を確認してください。

  • AWS アカウントがあり、AWS サービスと MongoDB にすでに精通している場合は、クイックスタートを起動して、MongoDB を AWS アカウントの新しいまたは既存の Virtual Private Cloud (VPC) にデプロイできます。デプロイには約 15 分かかります。AWS または MongoDB を初めて使用する場合は、実装の詳細を確認し、このガイドの後半にある「手順」に従ってください。

     

         

     

  • デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートの内容を見る場合は、テンプレートを表示できます。各テンプレートは、起動中にカスタマイズしたり、他のプロジェクト用にダウンロードして拡張したりできます。

     

         

クイックスタートについて

クイックスタートは、AWS クラウドでの主要なワークロード用の自動化リファレンスデプロイです。各クイックスタートでは、セキュリティと可用性に関する AWS ベストプラクティスに沿って、AWS で特定のワークロードをデプロイするために必要な AWS のコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、その他のサービスを起動、設定、実行します。

このページの内容: