Architecture - AWS での SAP HANA

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Architecture

このクイックスタートは、AWS CloudFormation、Linux 用 AWS Command Line Interface (AWS CLI)、カスタムスクリプトを使用して SAP HANA を AWS にデプロイします。AWS CloudFormation は、関連する AWS リソースのコレクションを容易に作成および管理し、整った予測可能な方法でプロビジョニングおよび更新できるようにします。Linux 用 AWS CLI では、コマンドラインから AWS リソースを設定できます。

クイックスタートは、以下のコンポーネントをデプロイして設定します。

  • Virtual Private Cloud (VPC)。AWS のベストプラクティスに従ってパブリックおよびプライベートサブネットで設定されて、AWS で独自の仮想ネットワークを提供する。

  • インターネットへのアクセスを許可するインターネットゲートウェイ。

  • SAP HANA データベースをホストする EC2 インスタンス。SAP HANA ストレージの重要業績評価指標 (KPI) を最低限満たすように設定された適切な EBS ボリュームを含む。シングル AZ 設定は、Linux オペレーティングシステムの選択肢 (SLES、SLES for SAP、SLES for SAP BYOS、RHEL for SAP HANA、または RHEL for SAP with HA and US) を提供します。マルチ AZ 設定は、SLES for SAP および SLES for SAP BYOS をサポートしています。

  • パブリックサブネットの踏み台ホスト。Elastic IP アドレスを使用して、SAP HANA データベースをホストする EC2 インスタンスへのインバウンド SSH (Secure Shell) アクセスを許可する。

  • マネージド NAT ゲートウェイ。プライベートサブネット内のリソースに対するアウトバウンドインターネットアクセスを許可する。

  • AWS サービスへの詳細に調整されたアクセス許可を持つ IAM インスタンスロール。

  • 各インスタンスや機能のセキュリティグループにより、必要なプロトコルやポートのみにアクセスが制限されます。

  • SAP HANA ソフトウェアのオプションの自動インストール。

  • オプションの EC2 インスタンス。パブリックサブネット内の Windows Server を使用して SAP HANA Studio をホストする。SAP HANA データベースの管理用に SAP HANA Studio を手動でインストールできる。

  • マルチ AZ の高可用性クイックスタートは、2 つの SAP HANA ノードを別々のアベイラビリティーゾーンにある 2 つの異なるサブネットにデプロイし、SAP HANA インスタンスを設定して高可用性を実現します。このシナリオでは、両方の SAP HANA ノードが同じ EC2 インスタンスサイズ、SAP HANA SID、SAP HANA システム番号、およびその他の特性を共有しています。