デプロイ用のオペレーティングシステム - SAP HANA on AWS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

デプロイ用のオペレーティングシステム

このリファレンスデプロイでは以下のオペレーティングシステムをサポートしています。

  • SUSE Linux Enterprise Server for SAP (SAP 用 SLES)

  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES)

  • Red Hat Linux Enterprise Server for SAP with High Availability and Update Services (RHEL for SAP with HA and US)

  • Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA (RHEL for SAP HANA)

次の表は、サポートされているオペレーティングシステムとバージョンをまとめています。

オペレーティングシステム シングル AZ デプロイメントをサポートしているか マルチ AZ 配置をサポートしているか
  • SLES 11 SP4

  • SLES 12

  • SLES 12 SP1

  • SLES 12 SP3

  • SLES 12 SP4

  • SLES 12 SP5

  • SLES 15

  • SLES 15 SP1

  • SLES 15 SP2

はい いいえ
  • SLES 12 SP2 for SAP*

  • SLES 12 SP3 for SAP*

  • SLES 12 SP4 for SAP*

  • SLES 12 SP5 for SAP*

  • SLES 15 for SAP*

  • SLES 15 SP1 for SAP*

  • SLES 15 SP2 for SAP*

はい はい
  • RHEL 7.5 for SAP HANA

はい いいえ
  • RHEL 7.4 for SAP with HA and US

  • RHEL 7.5 for SAP with HA and US

  • RHEL 7.6 for SAP with HA and US

  • RHEL 8.1 for SAP with HA and US

  • RHEL 8.2 for SAP with HA and US

はい はい

* AWS Marketplace と Bring Your Own Subscription (BYOS) の両方がサポートされています。BYOS オプションに登録キーを指定する必要があります。

デプロイには、SAP 用 SLES または RHEL for SAP with HA and US を使用することをお勧めします。これらのオペレーティングシステムでは、高可用性のセットアップに必要なソフトウェアが利用でき、延長サポートのライフサイクルを提供します。

SAP 用 SLES を使用するメリットについての詳細は、SUSE 製品ページ を参照してください。RHEL for SAP with HA and US を使用する利点の詳細については、「Red Hat Enterprise Linux for SAP Offerings on AWS FAQ」を参照してください。

注記

デプロイを開始する前に、「SAP HANA ハードウェアディレクトリ」を参照し、SAP HANA ワークロードの特定の Amazon EC2 インスタンスタイプでサポートされているオペレーティングシステムのリストを確認してください。

SAP は、オペレーティングシステムのバージョンと SAP HANA のバージョンとの間の依存関係を詳述したサポートマトリックスを維持しています。確認SAP Note 223581樹液ハナ: サポートされるオペレーティングシステムサポートされている組み合わせを選択していることを確認します。