ドキュメントの改訂 - AWS での SAP HANA

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ドキュメントの改訂

日付 変更 場所
2021 年 5 月 u-6tb1.56xlarge、u-6tb1.112xlarge、u-9tb1.112xlarge、u-12tb1.112xlarge のサポートを追加。 ストレージ設定
2020 年 5 月 u-6tb1.metal、u-9tb1.metal、u-12tb1.metal の最大スループットと IOPS を更新しました。 ストレージ設定
2020 年 3 月 u-6tb1.metal インスタンスのサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2019 年 10 月 18 TB および 24 TB の Amazon EC2 インスタンスサイズをサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2019 年 9 月 SAP HANA マルチノードデプロイの Amazon Amazon EFS サポートを追加。 SAP HANA およびステップ 4: シングル AZ 配置のストレージ設定の変更点
2019 年 8 月 廃止された OS バージョン SLES 12 SP1 for SAP および RHEL 7.3 for SAP の削除。 デプロイ用のオペレーティングシステム
2019 年 7 月 マルチ AZ での SLES 12 SP4 for SAP、SLES 15 for SAP、RHEL 7.4 for SAP with HA and US、RHEL 7.5 for SAP with HA and US、RHEL 7.6 for SAP with HA and US のサポート。 デプロイ用のオペレーティングシステム
2019 年 6 月 SLES 12 SP4、SLES 15、RHEL 7.6、その他のインスタンスタイプのサポート テンプレートおよびガイド全体での変更
2018 年 12 月 R5 インスタンスのサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2018 年 11 月 RHEL for SAP with HA and US、および以降のバージョンの RHEL for SAP HANA のサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2018 年 9 月 Amazon EC2 ハイメモリインスタンスタイプのSupport。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2018 年 8 月 コスト最適化用 x1e.2xlarge および x1e.xlarge インスタンスタイプのサポート、非運用のデプロイ。専有ホストのデプロイのサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2018 年 6 月 マルチ AZ、高可用性設定のサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更。具体的には、アーキテクチャ および パラメータのテーブル で、マルチ AZ の設定のセクションを参照してください。
2018 年 4 月 SLES 12 SP3、SAP HANA のデータおよびログ用の個別のボリューム、追加の出力、SLES 用の SSM エージェントのインストールをサポートしてそれ以降の機能強化をサポート、その他のマイナーな機能強化やバグ修正。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2018 年 1 月 RHEL 7.3 と SLES for SAP BYOS、タイムゾーン設定、カスタムストレージ設定のサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2017 年 11 月 SLES 12 SP2 for SAP OS、x1e.4xlarge インスタンス、新しいリージョンをサポート、軽微なバグの修正。AWS CloudTrail の証跡と AWS Config のサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2017 年 9 月 日 新しい x1e.32xlarge インスタンスタイプのサポート、SAP イメージ用 SLES、軽微なバグの修正。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2017 年 7 月 RHEL ベースのデプロイに対するプロキシ経由のインターネットトラフィックのルーティングのサポート、マルチテナントデータベースにアクセスするためのセキュリティグループの調整、その他の軽微なバグの修正。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2016 年 12 月 R4 インスタンスタイプ、HANA Platform Edition 2、RHEL 7.2 のサポート。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2016 年 11 月 日 x1.16xlarge のサポート、X1 での RHEL 6.7 のサポート、リージョンの拡大、C ステート/P ステート 命令、その他のマイナーな機能強化。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2016 年 8 月 X1 スケールアウトデプロイのサポート。 テンプレートガイド全体での変更
2016 年 6 月 X1 インスタンスのサインアップ手順を削除。X1 インスタンスはすべてのユーザーに使用可能になりました。 ガイド全体での変更
2016 年 月 5 日 付録 B」に示されている拡張機能でテンプレートを更新。 テンプレートおよびガイド全体での変更
2015 年 12 月 トラブルシューティング情報を追加。 トラブルシューティング」セクション
2015 年 6 月
  • SAP HANA デプロイ用に RHEL または SLES オペレーティングシステムが選択可能に。

  • クイックスタートでのマルチノード構成のサポート。

RHEL 対応の新しいパラメータ、新しい付録、ストレージサイズの調整情報
2015 年 4 月 日 SAP Business One の注意を SAP Business One, version for SAP HANA クイックスタートデプロイガイドへのリンクに置き換え。 ガイド全体での変更
2014 年 12 月
  • 概算料金表の情報を更新。

  • 最初のテンプレートで、NATInstanceType欧州 (フランクフルト) リージョンをサポートするために、。

  • SAP Business One, version for SAP HANA のデプロイをより明確化。

テンプレートおよびガイド全体での変更
2014 年 7 月 日 初版発行

Notices

このデプロイガイドは、情報提供のみを目的としています。本書は、発行時点における AWS の現行製品と慣行を表したものであり、それらは予告なく変更されることがあります。お客様は本文書の情報および AWS 製品の使用について独自に評価する責任を負うものとします。これらの情報は、明示または黙示を問わずいかなる保証も伴うことなく、「現状のまま」提供されるものです。本文書内のいかなるものも、AWS、その関係者、サプライヤ、またはライセンサーからの保証、表明、契約的なコミットメント、条件や確約を意味するものではありません。お客様に対する AWS の責任は AWS 契約によって規定されています。また、本文書は、AWS とお客様との間の契約に属するものではなく、また、当該契約が本文書によって修正されることもありません。

このガイドに付属のソフトウェアは Apache License バージョン 2.0 (以下 "License") の下で使用許諾されます。License に準拠する場合にのみ、このファイルを使用できます。License のコピーは、http://aws.amazon.com/apache2.0/ か、このファイルに添付されている "license" ファイルにあります。このコードは、明示的にも黙示的にも、いかなる種類の保証や条件もなく、"現状有姿" で配布されます。本ライセンスでの権利と制限を規定した文言については、本ライセンスを参照してください。