デプロイシナリオ - SAP HANA on AWS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

デプロイシナリオ

このガイドは、AWS に SAP HANA をセルフサービスでデプロイすることに関心のあるお客様の参考になります。このクイックスタートに付属の AWS CloudFormation テンプレートは、AWS インフラストラクチャをブートストラップし、AWS クラウドへの SAP HANA のデプロイをゼロから自動化します。このクイックスタートには、以下のデプロイシナリオがあります。

  • シングル AZ 配置 (単一ノードとマルチノード): このシナリオでは、デプロイに単一のアベイラビリティーゾーンを使用します。単一ノードオプションは、アベイラビリティーゾーンのプライベートサブネットにある SAP HANA に対し、単一の EC2 インスタンスをプロビジョニングします。マルチノードオプションは、プライベートサブネットにある SAP HANA に対して最大 5 つの EC2 インスタンスをプロビジョニングします。2 つの追加のデプロイオプションから選択できます。

    • 新しい VPC への SAP HANA のデプロイ (エンドツーエンドデプロイ) では、VPC、サブネット、NAT ゲートウェイ、セキュリティグループ、踏み台ホスト、オプションの Windows Server と SAP HANA サーバー (Amazon EBS) が構築されます。

    • 既存の VPC への SAP HANA のデプロイにより、既存のインフラストラクチャに SAP HANA サーバーがプロビジョンされます。

       

  • マルチ AZ、高可用性デプロイ (単一ノード): このシナリオでは、SAP HANA 環境に対して 2 つのアベイラビリティーゾーンを使用します。これらのゾーンの別々のプライベートサブネットに 2 つの SAP HANA サーバー (プライマリとセカンダリ) をプロビジョニングし、高可用性を備えるように設定します。2 つの追加のデプロイオプションから選択できます。

    • 新しい VPC への SAP HANA のデプロイ (エンドツーエンドデプロイ) では、VPC、サブネット、NAT ゲートウェイ、セキュリティグループ、踏み台ホスト、オプションの Windows Server と 2 つの SAP HANA サーバー (プライマリとセカンダリ) が構築されます。

    • 既存の VPC へ SAP HANA をデプロイすることで、既存のインフラストラクチャに 2 つの SAP HANA サーバーがプロビジョニングされ、高可用性が構築されます。

次のセクションでは、各シナリオのクイックスタートアーキテクチャについて説明します。