Troubleshooting - AWS での SAP HANA

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Troubleshooting

このクイックスタートをデプロイするときに問題が発生した場合は、以下の FAQ を参照してトラブルシューティングのヒントとガイダンスを確認します。

クイックスタートデプロイの進行状況をモニタリングするログはどこにありますか?

デプロイログは、SAP HANA インスタンスの /root/install/ フォルダにあります。ログファイルの名前は install.log です。SAP HANA インスタンスには実行中の状態になるとすぐにログインでき、インスタンスから Amazon EC2 コンソールにステータスチェックが渡されます。

シングル AZ、シングルノードまたはマルチノードのセットアップ用に新しい VPC を生成する SAP HANA クイックスタートテンプレートを起動し、AWS CloudFormationconsole. なぜですか?

SAP HANA クイックスタートをシングル AZ 設定と新しい VPC に対して起動すると、2 つのテンプレートが起動されます。1 つは、ネットワークインフラストラクチャ (VPC、サブネット、マネージド NAT ゲートウェイなど) を設定します。もう 1 つは、ネットワークインフラストラクチャが準備完了になったら、SAP HANA インスタンスをデプロイして設定します。

SAP HANA クイックスタートテンプレートをマルチ AZ、単一ノード、高可用性デプロイ用に起動すると、AWS CloudFormation コンソールで複数の追加のテンプレートが起動中と表示されます。なぜですか?

マルチ AZ、単一ノード、高可用性テンプレートは、タスクの論理的分離のためにモジュール化されます。たとえば、次のタスクの入れ子になったテンプレートが含まれており、これらの追加の出力が表示されます。

  • VPC の作成

  • パラメータ検証

  • SAP HANA インスタンスのデプロイ

  • Pre-HA 設定

  • HA 設定

この SAP HANA クイックスタートの一部としてマルチテナントデータベースコンテナ (MDC) を有効にすることはできますか?

SAP HANA Platform Edition 2 SPS 1 以降をデプロイする場合、クイックスタートはデフォルトで MDC を使用します。以前のバージョンの SAP HANA をデプロイする場合、クイックスタートは単一テナントオプションを使用して SAP HANA ソフトウェアをインストールします。MDC を以前のバージョンに設定する場合は、デプロイ中に SAP HANA ソフトウェアのインストールをスキップする (InstallHANA パラメータを No に設定する) ことをお勧めします。デプロイが完了したら、MDC などの高度なオプションを使用して SAP HANA ソフトウェアを手動でインストールできます。

SAP HANA ソフトウェアは S3 バケットからダウンロードすると、どこでステージングされますか?

SAP HANA の抽出前のソフトウェアは /media/compressed/ フォルダにダウンロードされ、抽出後のファイルは /media/extracted/ フォルダに保存されます。

デプロイステータスが ROLLBACK_COMPLETE になった後、デプロイが CREATE_FAILED エラーで失敗しました。どうすればよいですか?

CREATE_FAILED エラーが発生した場合は、既知の問題と解決方法について以下の表を参照してください。

エラーメッセージ 考えられる原因 対応方法
In order to use this AWS Marketplace product you need to accept terms and subscribe. To do so please visit http://aws.amazon.com/marketplace/ サブスクリプションなしで AWS Marketplace から RHEL または SLES AMI でスタックを起動しようとしています。

SLES for SAP、RHEL for SAP with HA and US、および RHEL for SAP HANA にはサブスクリプションが必要です。ステップ 2 の手順に従って、再度スタックを起動します。

API: ec2: RunInstances Not authorizedAMI ID テンプレートが期限切れになった AMI を参照しています。

AWS は AMI を定期的に更新していますが、その更新スケジュールが AWS AMI の更新と常に同期されるとは限りません。このエラーメッセージが表示された場合は、AWS に連絡してください。新しい AMI ID でテンプレートを更新します。

テンプレートを自分で修正する場合は、そのテンプレートをダウンロードし、Mappings セクションをお客様のリージョンの最新の AMI ID で更新できます。

The instance configuration for this AWS Marketplace product is not supported. を参照してください。リンクを参照してください。Supported instance type, regions, and OS. サポートされていないインスタンスタイプの RHEL/SLES Marketplace AMI を起動しようとしています。 インスタンスタイプを確認し、サポートされているインスタンスタイプで再起動してみてください。必要なインスタンスタイプのサポートを拡張する場合は、サポートチームに連絡し、サポートケースを開いてください。
X1 instance type requires a minimum Linux kernel version of 3.10. Choose the right operating system and try again. サポートされていないバージョンの Linux オペレーティングシステムで X1 インスタンスタイプを起動しようとしています。 X1 インスタンスタイプでは、SAP ワークロード用に SLES 12 以上または RHEL 7.x 以上が必要です。
Signal-failure function not implemented. 不明な理由でデプロイに失敗しました。 サポートチームに連絡し、サポートケースを開いてください。
リクエストされたインスタンスタイプ(type) は、リクエストされたアベイラビリティーゾーン (ゾーン). アベイラビリティーゾーンを指定しないか、から選択して、再試行します。ゾーン). 選択したインスタンスタイプは、選択したアベイラビリティーゾーンで使用できません (サブネットは 1 つのアベイラビリティーゾーンに関連付けられます)。 既存の VPC に SAP HANA をデプロイしようとしている場合は、推奨されるアベイラビリティーゾーンに新しいプライベートサブネットを作成し、そのサブネットにルートテーブルを関連付けます。新しく作成したプライベートサブネットを選択して、デプロイを再試行します。

SAP HANA を新しい VPC に デプロイしようとしていて、このメッセージが表示される場合は、テンプレートの起動時に推奨されるアベイラビリティーゾーンを選択してください。

Not able to access SUSE (or Red Hat) update repository, package installation may fail. SAP HANA インスタンスが OS パッケージのダウンロード先の SUSE または RHEL 更新リポジトリにアクセスできません。その原因として、SAP HANA インスタンスのインターネットトラフィックが NAT インスタンスまたは NAT ゲートウェイ経由でルーティングされないことが考えられます。 NAT インスタンスまたは NAT ゲートウェイを使用してインターネットトラフィックを一時的にルーティングできるかどうかを確認してください。

インターネットトラフィックが内部プロキシを通過する必要がある場合は、SUSE または RHEL 更新リポジトリへのアクセスについて、ネットワークチームに問い合わせてください。さらにサポートが必要な場合は、AWS サポートセンターでサポートケースを開いてください。

私たちは現在、十分ではありませんインスタンスタイプキャパシティをリクエストした AZ にデプロイします。 デプロイするアベイラビリティーゾーンで十分なキャパシティーがないか、そのインスタンスタイプがサポートされていません。 別のインスタンスタイプを使用してデプロイを再試行するか、別のアベイラビリティーゾーンのサブネットを選択してください。
インスタンスID安定していなかった。 リージョンの IOPS を超えています。 Service Quotas コンソールでリクエストフォームに入力して、クォータの引き上げをリクエストします。
WaitCondition timed out. Received 0 conditions when expecting 1. SAP HANA ソフトウェアのダウンロード時に、インターネットへのアクセスができないか低速なため、遅延が発生しています。 クイックスタートでは、S3 バケットから設定スクリプトをダウンロードするためにインターネットへのアクセスが必要です。インターネットへのアクセスができない場合、このプロセスはハングアップし、最終的にタイムアウトになります。SAP HANA インスタンスをプライベートサブネットにデプロイし、NAT ゲートウェイまたは NAT インスタンス経由でインターネットにアクセスできることを確認してください。自社のプロキシ経由でインターネットトラフィックをルーティングしている場合は、ネットワークチームにファイアウォール設定が適切であることを確認してください。

以前のクイックスタートデプロイからの既存の Amazon DynamoDB テーブルがある場合も、このタイムアウトエラーが発生することがあります。この場合、ホスト名が同じで IP アドレスが異なる重複したエントリがテーブルに含まれる可能性があり、デプロイスクリプトがテーブルを正しく読み取れないことがあります。テーブルを削除して、デプロイを再試行してください。

The HANA installation did not succeed. Please check installation media. SAP HANA のインストールに失敗したか、SAP HANA サービスが正常に起動しませんでした。 正しいアクセス権限で S3 バケット内の SAP HANA ソフトウェアを適切にステージングしたことを確認してください (詳細については、「ステップ 3」を参照)。

別の原因として、インストール後に SAP HANA サービスが起動しなかったことが考えられます。

いずれの場合も、SAP HANA インストールパラメータを [No (いいえ)] に設定してインスタンスを再デプロイすることを検討してください。クイックスタートの再デプロイでは SAP HANA のインストールがスキップされるため、SAP HANA ソフトウェアを手動でインストールしてトラブルシューティングを行うことができます。

System Administrator password must contain at least 8 characters. SAP HANA マスターパスワードに $ などの特殊文字が含まれています。 SAP HANA マスターパスワードを変更し、クイックスタートを再起動してください。

パスワードは 8 文字以上で、大文字、小文字、数字で構成する必要があります。@ や $ などの特殊文字は使用しないでください。

No s3 bucket in noth AWS CloudTrail 証跡と AWS Config ログファイルを保存するために指定した S3 バケット名は存在しません。 AWS CloudTrail 証跡と AWS Config ログファイルを保存する新しい S3 バケットを作成するか、すでに存在するバケットを指定します。(詳細については、「ステップ 1」を参照)。
配信チャネルを配置できませんでしたStackName-DeliveryChannel-IDFailed of delivery channel. ターゲットリージョンですでに AWS Config が有効になっています。 スタックを再度起動し、[EnableLogging] パラメータが [No (いいえ)] に設定されていることを確認します。
SUSE BYOS did not succeed. Check SUSE registration code or internet connection 無効な SUSE の登録コードを使用したか、インスタンスを SUSE 登録サーバーに接続できませんでした。 SUSE 登録コードとインターネット接続を確認します。SAP イメージ用 SLES の有効な SUSE 登録コードを使用してスタックを再度起動します。
storage.json file not found or found empty. If custom storage.json is used, check file permission. カスタムストレージ設定ファイルを使用していますが、アクセス不可能かまたは空です。 カスタムストレージ設定の JSON ファイルに適切なアクセス権限設定があり、CustomStorageConfig (カスタムストレージ設定ファイルの場所) パラメータで指定した場所が正確であることを確認します。
Tag not unique 既に使用されている PaceMakerTag パラメータの値を指定しています。 Pacemaker のタグ名は一意である必要があり、SAP HANA をデプロイしている AWS リージョンにあるアカウントの他の EC2 インスタンスには割り当てられません。このパラメータに異なる値を選択して、もう一度試してください。
Virtual IP address should not be in VPC CIDR VPC CIDR 内にある仮想 IP アドレスを選択しました。 指定した仮想 IP アドレスは、VPC CIDR の外部にする必要があります。たとえば、VPC CIDR が 10.1.0.0/16 である場合、10.1 で始まる仮想 IP アドレスを指定することはできません。
Primary and Secondary Subnet must have same route table プライマリおよびセカンダリのサブネットのルートテーブルが異なります。 プライマリとセカンダリの SAP HANA ホストがデプロイされるサブネットは、同じルートテーブルを共有する必要があります。適切な影響評価の後にルートテーブルを調整して、もう一度試してください。
The EC2 'Recover' Action is not valid for the associated instance Dedicated Host にインスタンスをデプロイしていますが、自動復旧オプションが有効になっています。 Dedicated Host で自動復旧はサポートされていません。クイックスタートを再デプロイし、[自動復旧] パラメータを [No (いいえ)] に設定します。
Invalid value 'aes' for zone. Invalid format (Service: AmazonEC2; Status Code: 400; Error Code: InvalidParameterValue) SAP HANA のインスタンスタイプとして u-6tb1.metal、u-9tb1.metal、u-12tb1.metal、u-18tb1.metal、または u-24tb1.metal を選択しましたが、Dedicated Host ID が入力されていません。 Amazon EC2 ハイメモリインスタンスタイプ (6 TB、9 TB、12 TB、18 TB、24 TB) には、Dedicated Host が必要です。もう一度デプロイを試して、Dedicated Host ID を入力してください。

発生する問題が前の表に含まれていない場合は、[Rollback on failure] を [No] に設定してテンプレートを再起動することをお勧めします (この設定は コンソールの [OptionsAWS CloudFormation] ページで [Advanced] にあります)。その後、トラブルシューティングを求めて、AWS サポートセンターでサポートケースを開いてください。ロールバックが無効になっていると、スタックの状態は保持され、インスタンスは実行されたままになるため、サポートチームがトラブルシューティングに役立てることができます。

Important

[失敗時のロールバック] を [いいえ] に設定すると、このスタックに対して AWS 料金が発生し続けます。トラブルシューティングが完了したら、必ずスタックを削除してください。