JSON_PARSE 関数 - Amazon Redshift

JSON_PARSE 関数

JSON_PARSE 関数は、JSON 形式のデータを解析して、そのデータを SUPER 表現に変換します。

INSERT または UPDATE コマンドを使用して、データを SUPER 型として取り込むには、JSON_PARSE 関数を使用します。JSON_PARSE() を使用して JSON 文字列を SUPER 値に解析する場合、特定の制限が適用されます。詳細については、「SUPER の解析オプション」を参照してください。

構文

JSON_PARSE(json_string)

引数

json_string

シリアル化された JSON を VARBYTE 型または VARCHAR 型として返す式。

戻り型

SUPER

以下に、JSON_PARSE 関数の例を示します。

SELECT JSON_PARSE('[10001,10002,"abc"]'); json_parse -------------------------- [10001,10002,"abc"] (1 row)
SELECT JSON_TYPEOF(JSON_PARSE('[10001,10002,"abc"]')); json_typeof ---------------- array (1 row)