Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API バージョン 2012年12月1日)

コンピューティングノード–専用関数

コンピューティングノードでのみ実行する必要がある Amazon Redshift クエリもあります。ユーザーが作成したテーブルをクエリが参照すると、コンピューティングノードで SQL が実行されます。

カタログテーブルのみを参照するクエリ (PG_TABLE_DEF など、PG プレフィックスを持つテーブル) またはテーブルを参照しないクエリは、リーダーノードのみで実行されます。

コンピューティングノード関数を使用するクエリがユーザー定義のテーブルまたは Amazon Redshift システムテーブルを参照しない場合、次のエラーが返されます。

[Amazon](500310) Invalid operation: One or more of the used functions must be applied on at least one user created table.

各コンピューティングノード専用関数のドキュメントには、その関数がユーザー定義のテーブルまたは Amazon Redshift システムテーブルを参照する場合にエラーを返すことが注意点として記載されています。

次の SQL 関数はコンピューティングノード専用の関数です。

  • LISTAGG

  • MEDIAN

  • PERCENTILE_CONT

  • PERCENTILE_DISC と APPROXIMATE PERCENTILE_DISC