Amazon DynamoDB からの COPY - Amazon Redshift

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon DynamoDB からの COPY

既存の DynamoDB テーブルからデータをロードするには、FROM 句を使用して DynamoDB テーブル名を指定します。

重要

DynamoDB テーブルが Amazon Redshift クラスターと同じリージョンに存在しない場合は、REGION パラメータを使用して、データがあるリージョンを指定する必要があります。

Syntax

FROM 'dynamodb://table-name' authorization READRATIO ratio | REGION [AS] 'aws_region' | optional-parameters

Examples

次の例では、DynamoDB テーブルからデータをロードします。

copy favoritemovies from 'dynamodb://ProductCatalog' iam_role 'arn:aws:iam::0123456789012:role/MyRedshiftRole' readratio 50;

Parameters

FROM

ロードするデータのソースです。

'dynamodb://table-name'

_の名前 DynamoDB たとえば、 'dynamodb://ProductCatalog'. 手順の詳細については、 DynamoDB 属性は にマップされています Amazon Redshift 列、参照 Amazon DynamoDB テーブルからデータをロードする.

DynamoDB テーブル名は AWS アカウントに固有のものです。AWS アカウントは AWS アクセス認証情報によって識別されます。

authorization

[COPY]コマンドには、Amazon S3、Amazon EMR、Amazon DynamoDB、Amazon EC2。クラスターにアタッチされた AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを参照して (ロールベースのアクセスコントロール)、または、IAM ユーザー用のアクセス認証情報を提供して (キーに基づくアクセスコントロール)、その承認を提供できます。セキュリティと柔軟性を強化するために、IAM ロールベースのアクセスコントロールを使用することをお勧めします。詳細については、認証パラメータ を参照してください。

READRATIO [AS] ratio

データロードに使用する DynamoDB テーブルのプロビジョニングされたスループットの比率です。READRATIO は DynamoDB からの COPY では必須です。次の場所からは、COPYでは使用できません: Amazon S3. この割合については、未使用のプロビジョニングされたスループットの平均よりも小さい値に設定することを強くお勧めします。有効な値は 1~200 の整数です。

重要

READRATIO を 100 以上に設定すると、Amazon Redshift で DynamoDB テーブルのプロビジョニングされたスループット全体を使用できるようになり、COPY セッション中に同じテーブルに対する同時読み取り操作のパフォーマンスが大きく低下します。書き込みトラフィックは影響を受けません。Amazon Redshift がテーブルのプロビジョニングされたスループットを満たさないまれなシナリオをトラブルシューティングする場合には、100 を超える値を使用できます。DynamoDB から Amazon Redshift に継続的にデータをロードする場合、DynamoDB テーブルを時系列テーブルとして編成し、COPY 操作からライブトラフィックを分離することを検討してください。

任意指定のパラメータ

Amazon DynamoDB からの COPY では、オプションで次のパラメータを指定できます。

サポートされないパラメータ

次のパラメータを次の COPY で使用することはできません: DynamoDB:

  • 全データ形式パラメータ

  • ESCAPE

  • FILLRECORD

  • IGNOREBLANKLINES

  • IGNOREHEADER

  • NULL

  • REMOVEQUOTES

  • ACCEPTINVCHARS

  • MANIFEST

  • ENCRYPTED