Amazon Redshift
データベース開発者ガイド (API バージョン 2012年12月1日)

外部テーブルの変更方法の例

次の例では、SPECTRUM.SALES 外部テーブルの numRows テーブルプロパティを 170,000 行に設定します。

alter table spectrum.sales set table properties ('numRows'='170000');

次の例では、SPECTRUM.SALES 外部テーブルの場所を変更します。

alter table spectrum.sales set location 's3://awssampledbuswest2/tickit/spectrum/sales/';

次の例では、SPECTRUM.SALES 外部テーブルの型式を Parquet に変更します。

alter table spectrum.sales set file format parquet;

次の例では、SPECTRUM.SALES_PART テーブルに対して 1 つのパーティションを追加します。

alter table spectrum.sales_part add if not exists partition(saledate='2008-01-01') location 's3://awssampledbuswest2/tickit/spectrum/sales_partition/saledate=2008-01/';

次の例では、SPECTRUM.SALES_PART を変更して saledate='2008-01-01'' のパーティションを削除します。

alter table spectrum.sales_part drop partition(saledate='2008-01-01');

次の例では、saledate='2008-01-01' のパーティションに新しい Amazon S3 パスを設定します。

alter table spectrum.sales_part partition(saledate='2008-01-01') set location 's3://awssampledbuswest2/tickit/spectrum/sales_partition/saledate=2008-01-01/';

次の例では、sales_date の名前を transaction_date に変更します。

alter table spectrum.sales rename column sales_date to transaction_date;