BOOL_OR 関数 - Amazon Redshift

BOOL_OR 関数

BOOL_OR 関数は、単一のブール値、整数値、または式に対して動作します。この関数は、BIT_AND 関数と BIT_OR 関数に同様のロジックを適用します。この関数の戻り値の型はブール値 (true または false) です。

セットの値のいずれかが true の場合、BOOL_OR 関数は true (t) を返します。セットのどの値も true ではない場合、関数は false (f) を返します。

構文

BOOL_OR ( [DISTINCT | ALL] expression )

引数

expression

関数の対象となる列または式。この式には BOOLEAN または整数のデータ型がある必要があります。関数の戻り値の型は BOOLEAN です。

DISTINCT | ALL

引数 DISTINCT を指定すると、この関数は結果を計算する前に指定された式から重複した値をすべて削除します。引数 ALL 指定すると、この関数は重複する値をすべて保持します。ALL がデフォルトです。「ビット単位の集計の DISTINCT サポート」を参照してください。

ブール関数をブール式または整数式のどちらかに対して使用できます。例えば、次のクエリは複数のブール列のある TICKIT データベースの標準 USERS テーブルから結果を返します。

BOOL_OR 関数は 5 行すべてに true を返します。これらの州のそれぞれにおいて少なくとも 1 人のユーザーがスポーツを好きです。

select state, bool_or(likesports) from users group by state order by state limit 5; state | bool_or ------+-------- AB | t AK | t AL | t AZ | t BC | t (5 rows)