CAST 関数 - Amazon Redshift

CAST 関数

CAST 関数は、1 つのデータ型を互換性のある別のデータ型に変換します。例えば、文字列を日付に変換したり、数値型を文字列に変換したりできます。CAST はランタイム変換を実行します。つまり、変換によってソーステーブル内の値のデータ型は変更されません。クエリのコンテキストでのみ変更されます。

CAST 関数は、あるデータ型から別のデータ型に変換するという点では CONVERT 関数 とよく似ていますが、呼び出し方が異なります。

特定のデータ型は、CAST 関数または CONVERT 関数を使用して、他のデータ型に明示的に変換する必要があります。その他のデータ型は、CAST や CONVERT を使用せずに、別のコマンドの一部として暗黙的に変換できます。「型の互換性と変換」を参照してください。

構文

式のデータ型を別のデータ型に変換するには、次の 2 つの同等な構文フォームのいずれかを使用します。

CAST ( expression AS type ) expression :: type

引数

expression

1 つ以上の値 (列名、値など) に評価される式。null 値を変換すると、null が返されます。式に、空白または空の文字列を含めることはできません。

type

サポートされる データ型 の 1 つ。

戻り型

CAST は、type 引数で指定されたデータ型を返します。

注記

次の正確性が失われる DECIMAL 変換のように、問題のある変換を実行しようとすると、Amazon Redshift はエラーを返します。

select 123.456::decimal(2,1);

また、次の INTEGER 変換では、オーバーフローが生じます。

select 12345678::smallint;

一部の例では、サンプルの TICKIT データベースを使用しています。サンプルデータのセットアップの詳細については、「Amazon Redshift クラスターとデータ読み込みの開始方法」を参照してください。

次の 2 つのクエリは同等です。どちらも 10 進値を整数に変換します。

select cast(pricepaid as integer) from sales where salesid=100; pricepaid ----------- 162 (1 row)
select pricepaid::integer from sales where salesid=100; pricepaid ----------- 162 (1 row)

次の場合も同様の結果が得られます。サンプルデータの実行は必要ありません。

select cast(162.00 as integer) as pricepaid; pricepaid ----------- 162 (1 row)

次の例では、タイムスタンプ列の値を日付に変換して、各結果から時刻を削除します。

select cast(saletime as date), salesid from sales order by salesid limit 10; saletime | salesid -----------+--------- 2008-02-18 | 1 2008-06-06 | 2 2008-06-06 | 3 2008-06-09 | 4 2008-08-31 | 5 2008-07-16 | 6 2008-06-26 | 7 2008-07-10 | 8 2008-07-22 | 9 2008-08-06 | 10 (10 rows)

前のサンプルで示した CAST を使用しなかった場合、結果には 2008-02-18 02:36:48 という時刻が含まれます。

次のクエリは、可変文字データを日付に変換します。実行にサンプルデータは必要ありません。

select cast('2008-02-18 02:36:48' as date) as mysaletime; mysaletime -------------------- 2008-02-18 (1 row)

次の例では、日付列の値をタイムスタンプに変換します。

select cast(caldate as timestamp), dateid from date order by dateid limit 10; caldate | dateid --------------------+-------- 2008-01-01 00:00:00 | 1827 2008-01-02 00:00:00 | 1828 2008-01-03 00:00:00 | 1829 2008-01-04 00:00:00 | 1830 2008-01-05 00:00:00 | 1831 2008-01-06 00:00:00 | 1832 2008-01-07 00:00:00 | 1833 2008-01-08 00:00:00 | 1834 2008-01-09 00:00:00 | 1835 2008-01-10 00:00:00 | 1836 (10 rows)

前のサンプルのような場合は、TO_CHAR を使用して出力フォーマットをさらに制御できます。

次の例では、整数を文字列に変換します。

select cast(2008 as char(4)); bpchar -------- 2008

次の例では、DECIMAL(6,3) 値を DECIMAL(4,1) 値に変換します。

select cast(109.652 as decimal(4,1)); numeric --------- 109.7

この例は、より複雑な式を示しています。SALES テーブル内の PRICEPAID 列 (DECIMAL(8,2) 列) を DECIMAL(38,2) 列に変換し、結果の値を 100000000000000000000 で乗算します。

select salesid, pricepaid::decimal(38,2)*100000000000000000000 as value from sales where salesid<10 order by salesid; salesid | value ---------+---------------------------- 1 | 72800000000000000000000.00 2 | 7600000000000000000000.00 3 | 35000000000000000000000.00 4 | 17500000000000000000000.00 5 | 15400000000000000000000.00 6 | 39400000000000000000000.00 7 | 78800000000000000000000.00 8 | 19700000000000000000000.00 9 | 59100000000000000000000.00 (9 rows)
注記

GEOMETRY データ型に対して CAST や CONVERT オペレーションを実行して別のデータ型に変更することはできません。ただし、GEOMETRY 引数を受け入れる関数への入力として、Extended Well-Known Binary (EWKB) 形式の 16 進数の文字列リテラルを指定できます。例えば、後続の ST_AsText 関数は GEOMETRY データ型を想定します。

SELECT ST_AsText('01010000000000000000001C400000000000002040');
st_astext ------------ POINT(7 8)

また、明示的に GEOMETRY データ型を指定することもできます。

SELECT ST_AsText('010100000000000000000014400000000000001840'::geometry);
st_astext ------------ POINT(5 6)