CHANGE_QUERY_PRIORITY - Amazon Redshift

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

CHANGE_QUERY_PRIORITY

CHANGE_QUERY_PRIORITY を使用すると、スーパーユーザーは、ワークロード管理 (WLM) で実行中または待機中のクエリの優先度を変更できます。

この機能により、スーパーユーザーはシステム内のクエリの優先度をすぐに変更することができます。優先度 CRITICAL で実行できるクエリ、ユーザー、またはセッションは 1 つのみです。

Syntax

CHANGE_QUERY_PRIORITY(query_id, priority)

Arguments

query_id

優先度が変更されたクエリのクエリ識別子。

優先度

クエリに割り当てる新しい優先度。この引数は、値 を持つ文字列である必要があります。 CRITICALHIGHESTHIGHNORMALLOW、または LOWEST

戻り型

なし。

Example

以下の例は、STV_WLM_QUERY_STATE システムテーブルの query_priority 列を示します。

select query, service_class, query_priority, state from stv_wlm_query_state where service_class = 101; query | service_class | query_priority | state -------+---------------+----------------------+------------------ 1076 | 101 | Lowest | Running 1075 | 101 | Lowest | Running (2 rows)

次の例は、スーパーユーザーが change_query_priority 関数を実行して優先度を CRITICAL に変更した結果を示しています。

select change_query_priority(1076, 'Critical'); change_query_priority -------------------------------------------------- Succeeded to change query priority. Priority changed from Lowest to Critical. (1 row)