CHANGE_USER_PRIORITY - Amazon Redshift

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

CHANGE_USER_PRIORITY

CHANGE_USER_PRIORITY を使用すると、スーパーユーザーは、ワークロード管理 (WLM) で実行中または待機中のユーザーが発行したすべてのクエリの優先度を変更できます。優先度 CRITICAL で実行できるユーザー、セッション、またはクエリは 1 つのみです。

Syntax

CHANGE_USER_PRIORITY(user_name, priority)

Arguments

user_name

クエリの優先度が変更されるデータベースユーザー名。

優先度

によって発行されたすべてのクエリに割り当てられる新しい優先順位 user_name。 この引数は、値 を持つ文字列である必要があります。 CRITICALHIGHESTHIGHNORMALLOWLOWEST、または RESET。 の優先度を変更できるのはスーパーユーザーのみです CRITICAL。 優先度の変更 RESET 優先設定を削除します。 user_name.

戻り型

なし。

Example

次の例では、ユーザー analysis_user の優先順位が LOWEST に変更されます。

select change_user_priority('analysis_user', 'lowest'); change_user_priority ------------------------------------------------------------------------------------- Succeeded to change user priority. Changed user (analysis_user) priority to lowest. (1 row)

次のステートメントでは、優先度は LOW に変更されます。

select change_user_priority('analysis_user', 'low'); change_user_priority ---------------------------------------------------------------------------------------------- Succeeded to change user priority. Changed user (analysis_user) priority from Lowest to low. (1 row)

この例では、優先度はリセットされます。

select change_user_priority('analysis_user', 'reset'); change_user_priority ------------------------------------------------------- Succeeded to reset priority for user (analysis_user). (1 row)