CURRENT_SCHEMAS - Amazon Redshift

CURRENT_SCHEMAS

現在の検索パスに含まれるスキーマの名前の配列を返します。現在の検索パスは、search_path パラメータに定義されます。

Syntax

注記

これはリーダーノード関数です。この関数は、ユーザー作成テーブル、STL または STV システムテーブル、SVV または SVL システムビューを参照する場合、エラーを返します。

current_schemas(include_implicit)

Argument

include_implicit

true の場合、暗黙的に組み込まれているシステムスキーマを検索パスに含めるように指定します。有効な値は、true および false です。一般的にこのパラメータは、true の場合、現在のスキーマに加えて、pg_catalog スキーマを返します。

戻り型

CHAR 型または VARCHAR 型の文字列を返します。

Examples

次の例は、現在の検索パスに含まれるスキーマの名前を返しますが、暗黙的に組み込まれているシステムスキーマは含まれません。

select current_schemas(false); current_schemas ----------------- {public} (1 row)

次の例は、現在の検索パスに含まれるスキーマの名前を、暗黙的に組み込まれているシステムスキーマを含めて返します。

select current_schemas(true); current_schemas --------------------- {pg_catalog,public} (1 row)