Amazon Redshift
データベース開発者ガイド

SHOW PROCEDURE

特定のストアドプロシージャの定義を、その署名も含めて示します。SHOW PROCEDURE の出力を使用してストアドプロシージャを再作成できます。

構文

SHOW PROCEDURE sp_name [( [ [ argname ] [ argmode ] argtype [, ...] ] )]

パラメータ

sp_name

表示するプロシージャの名前。

[argname] [ argmode] argtype

ストアドプロシージャを識別するための入力引数タイプ。必要に応じて、OUT 引数も含めて、完全な引数のデータタイプを指定できます。ストアドプロシージャの名前が一意である (重複していない) 場合、この部分は省略可能です。

次の例は、プロシージャ test_spl2 の定義を示しています。

show procedure test_sp2(int, varchar); Stored Procedure Definition ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ CREATE OR REPLACE PROCEDURE public.test_sp2(f1 integer, INOUT f2 character varying, OUT character varying) LANGUAGE plpgsql AS $_$ DECLARE out_var alias for $3; loop_var int; BEGIN IF f1 is null OR f2 is null THEN RAISE EXCEPTION 'input cannot be null'; END IF; CREATE TEMP TABLE etl(a int, b varchar); FOR loop_var IN 1..f1 LOOP insert into etl values (loop_var, f2); f2 := f2 || '+' || f2; END LOOP; SELECT INTO out_var count(*) from etl; END; $_$ (1 row)

このページの内容: