STL_CONNECTION_LOG - Amazon Redshift

STL_CONNECTION_LOG

認証の試みと、接続および切断をログに記録します。

このビューはスーパーユーザーにのみ表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
event character(50) 接続または認証イベント。
recordtime timestamp イベントが発生した時刻。
remotehost character(32) リモートホストの名前または IP アドレス。
remoteport character(32) リモートホストのポート番号。
pid integer ステートメントに関連付けられるプロセス ID。
dbname character(50) データベース名。
username character(50) ユーザー名。
authmethod character(32) 認証方法。
duration integer 接続時間 (マイクロ秒)。
sslversion character(50) Secure Sockets Layer (SSL) バージョン。
sslcipher character(128) SSL 暗号。
mtu integer 最大送信単位 (MTU)。
sslcompression character(64) SSL 圧縮タイプ。
sslexpansion character(64) SSL 拡張タイプ。
iamauthguid character(36) CloudTrail リクエストの IAM 認証 ID。
application_name character(250) セッションのアプリケーションの初期名または更新名。
driver_version character(64) サードパーティーの SQL クライアントツールから Amazon Redshift クラスターに接続する ODBC または JDBC ドライバーのバージョン。
os_version character(64) Amazon Redshift クラスターに接続するクライアントマシン上にあるオペレーティングシステムのバージョン。
plugin_name character(32) Amazon Redshift クラスターへの接続に使用されるプラグインの名前。
protocol_version integer Amazon Redshift ドライバーが、サーバーとの接続を確立する際に使用する内部プロトコルのバージョン。プロトコルのバージョンは、ドライバとサーバ間でネゴシエートされます。バージョンは、利用可能な機能を説明します。有効な値を次に示します。
  • 0 (BASE_SERVER_PROTOCOL_VERSION)

  • 1 (EXTENDED_RESULT_METADATA_SERVERSION) – クエリごとのラウンドトリップを省くため、サーバーが追加の結果セットのメタデータ情報を送信します。

  • 2 (BINARY_PROTOCLO_VERSION) – 結果セットのデータ型に応じて、サーバーがバイナリ形式でデータを送信します。

  • 3 (EXTENDED2_RESULT_METADATA_SERVERSION) – サーバーが列の大文字と小文字の区別 (照合順序) 情報を送信します。

sessionid character(36) 現在のセッションのグローバル一意識別子。セッション ID は、ノード障害による再起動後も存続します。

サンプルクエリ

オープン接続の詳細を表示するには、以下のクエリを実行します。

select recordtime, username, dbname, remotehost, remoteport from stl_connection_log where event = 'initiating session' and pid not in (select pid from stl_connection_log where event = 'disconnecting session') order by 1 desc; recordtime | username | dbname | remotehost | remoteport --------------------+-------------+------------+---------------+--------------------------------- 2014-11-06 20:30:06 | rdsdb | dev | [local] | 2014-11-06 20:29:37 | test001 | test | 10.49.42.138 | 11111 2014-11-05 20:30:29 | rdsdb | dev | 10.49.42.138 | 33333 2014-11-05 20:28:35 | rdsdb | dev | [local] | (4 rows)

以下の例は、失敗した認証の試みと、成功した接続および切断を反映しています。

select event, recordtime, remotehost, username from stl_connection_log order by recordtime; event | recordtime | remotehost | username -----------------------+---------------------------+--------------+--------- authentication failure | 2012-10-25 14:41:56.96391 | 10.49.42.138 | john authenticated | 2012-10-25 14:42:10.87613 | 10.49.42.138 | john initiating session | 2012-10-25 14:42:10.87638 | 10.49.42.138 | john disconnecting session | 2012-10-25 14:42:19.95992 | 10.49.42.138 | john (4 rows)

以下の例は、ODBC ドライバーのバージョン、クライアントマシンのオペレーティングシステム、および Amazon Redshift クラスターへの接続に使用されるプラグインを示しています。この例では、使用されるプラグインは、ログイン名とパスワードを使用した標準の ODBC ドライバー認証に使用されます。

select driver_version, os_version, plugin_name from stl_connection_log; driver_version | os_version | plugin_name ----------------------------------------+-----------------------------------+-------------------- Amazon Redshift ODBC Driver 1.4.15.0001 | Darwin 18.7.0 x86_64 | none Amazon Redshift ODBC Driver 1.4.15.0001 | Linux 4.15.0-101-generic x86_64 | none

次の例では、クライアントマシン上のオペレーティングシステムのバージョン、ドライバのバージョン、およびプロトコルのバージョンを表示します。

select os_version, driver_version, protocol_version from stl_connection_log; os_version | driver_version | protocol_version --------------------------------+------------------------------+-------------------- Linux 4.15.0-101-generic x86_64 | Redshift JDBC Driver 2.0.0.0 | 2 Linux 4.15.0-101-generic x86_64 | Redshift JDBC Driver 2.0.0.0 | 2 Linux 4.15.0-101-generic x86_64 | Redshift JDBC Driver 2.0.0.0 | 2